5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ネイキッドのおまけCDを自力で訳そう!!

1 :Kenta:03/11/14 19:51 ID:gxeFcgZV
ネイキッド国内盤が売れると、CCCD化が加速される恐れあり。
それを阻止するためにも、ネイキッドおまけCDの会話部分を
自力で聴き取り、翻訳して、皆で共有しようではないか!
ライナーの訳もできれば、完璧。
英語に自信のあるビーファンよ、腕を奮え!!



2 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 19:56 ID:???
すでに少しうぷられてるよ。

3 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 20:09 ID:???
たぶんまだ大丈夫だと思うぞ。
頑張ってみろ。

4 :すでにうぷられてる部分 その1:03/11/14 20:36 ID:???
557 名前:ホワイトアルバムさん 投稿日:03/11/14 16:20 ID:???
JH:やあリンゴ。
RS;やあジョージ。
JL;やあリンゴ、あけましておめでとう。
RS;あけましておめでとう。
JS;こんにちは。ハレ・クリシュナ。
JL;そして僕が書いたのは…
PM;音、あってる貝?
『サン・キング』
『ドント・レット・ミー・ダウン』
GH;これが本当に映画になるのかい?
PM;昨日君が行ってたのはいいと思うよ。君は確か…そう、彼は真っ白な状態から始めるピカソの絵画みたいって言ってたんだ。僕らも真っ白な状態
から始めたからね。その結果がテレビ番組ってわけさ。僕がいつも思っていたのだが…
『ワン・アフター・909』
PM;やるべきだよ、うん。僕はそれは…
JL;いや、もっといいのがあるよ。
PM;それって最初の…昔のものだよね。すばらしいよ。いいよ。
JL;言葉を少し変えて、何か遊んだほうがいいと僕はいつも思ってたけどね。
PM;いや、そうは思わないな。最高だよ。僕はそれが何についての歌なのか今まで木津かなかったよ。
JL;僕はきづかなっかたね。
PM;だから、彼女が列車に乗っている、と。
JL;そう。
PM;そして香具師も…
JL;香具師も駅に向かうが、乗り遅れてしまう。
PM;でも香具師は戻って、それが違う番号だったと気づく。そして?
GH;ここじゃない。
JL;…駅を移動したんじゃない。
PM;素晴らしいよ。駅員は香具師にここじゃないよっていったんだ。うん、素晴らしい。これをやるべきだって何年間も彼は言ってるよ。
漏れはこう言ったんだよね、いいかい、マイク、君にはこういうことはわからないだろう?って。
JL;これが未完成曲だとずっと思ってたよね。完成させることができなくてね。
『ビコーズ・愛・脳・ユー・ラブ・ミー・そー』

5 :すでにうぷられてる部分 その2:03/11/14 20:38 ID:???
558 名前:ホワイトアルバムさん 投稿日:03/11/14 16:20 ID:???
GH;君の髭は似合うね。
PM;うん、僕は…
RS;見事だ。
JL;僕は…分かるだろう?僕はどっちかというと…わかんないけど大丈夫だよ。
君が出て行ったらそれは…あらゆるバンドがそうであるようにね。
トゥー・マッチだよ。だって彼らはやたらと色々揃えてるけど、それって…。
僕らがそこに住み込んでさ、バンドにいられることも喜んで…っていう感じだよ。
君なら大歓迎だと思うよ。りんごの曲がお気に入りなんだってさ。だって
あいつらは完全にこんな感じだからね。
ギター(『ドンと・パス・ミー・買』)


さあ、この後に続け! 腕を奮え! 英語に自信のあるビーファンよ!

6 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 20:53 ID:???
僕って......

おまいら仲間うちの会話で、あいつらが僕なんて言うと思うか?

7 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 20:54 ID:???
おっす!おらポール!

8 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 21:10 ID:???
ポール「ジョージもっとうまく弾けよ」

ジョージ「気に入らないなら君のいうとおりに弾く。
ひくなというならひかない。」

ポール「ならもっとうまく弾いてくれ。」

こんな感じなのかな?

9 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 21:13 ID:Ka0gAK2E
個人的には
ジョン→オレ
ポール→オレ様
ジョージ→ボク
リンゴ→オイラ

というイメージがある。


10 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 21:26 ID:???
じゃヨーコはアタイ、だな。

11 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 21:30 ID:???
Let It Beは「なすがままに」じゃなくて「テキトーにさ」とか訳しそうだな

12 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 21:37 ID:???
>>11
むしろ「放置しる!」で。

13 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 21:43 ID:???
ジョン → 手前
ポール → 朕
ジョージ → みども
りんご → あっし


14 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 22:59 ID:cw+3gc/n
ボーナスCDの2ちゃんねる版訳が完成すれば、
国内盤を買う奴の数を少しでも減らすことができるかもな。
今後発売されるであろう(と思われる)ビートルズのリマスター版が
CCCDにならないためにも、皆輸入版を買おう!
で、訳は2ちゃん有志で作成して共有すれば問題なし!


15 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 23:02 ID:JP1R+uyf
折れが一生懸命うpしたけど、やってるの漏れだけじゃねいか
CCCDに反対なら少しは努力しろよ

16 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 23:14 ID:???
ネタスレ化の運命?

17 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 23:15 ID:???
輸入盤しか買わないので、ブツが来ないと聞き取りが出来ない。
正直2ch語でビートルズの会話を訳すというのも面白いのでやってみようかなー

18 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 23:23 ID:???
2ch訳・ザ・ビートルズ
http://bubble.2ch.net/test/read.cgi/beatles/994701109/l50


19 :ホワイトアルバムさん:03/11/14 23:59 ID:hbRjHokG
ジョン  → オレ
ポール → 僕
ジョージ → ボク(対ジョン) 俺(対ポール、リンゴ)
リンゴ → オイラ

20 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 00:00 ID:???
リンゴは俺だと思う。ジョージも。
意外とジョンが我輩だったりして。

21 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 00:05 ID:???
ジョン → オレ
ポール → 僕
ジョージ → 自分
リンゴ → リンゴ


22 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 00:09 ID:???
ジョン → I
ポール → Me
ジョージ → Mine
リンゴ → It


23 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 00:38 ID:???
腹いてぇw

24 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 00:44 ID:oIcFCZ9e
訳だったらCDに付いてる冊子に出てるよ。

25 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 00:48 ID:uWCDxYWX
ジョン →俺
ポール →僕
ジョージ →ウチ
リンゴ →オイラ


26 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 00:56 ID:x//b2B8e
ジョン → オレ   (以外考えられない)
ポール → ポール  (自己中、愛嬌)
ジョージ → ワタクシ(開眼)
リンゴ → おいら  ()

27 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 00:58 ID:???
君らが遊んでいる間にどこかのかしこ人が一発うぷに5000naked.


28 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 01:00 ID:oIcFCZ9e
スキャナーあったら、この冊子見せられるのになぁ

29 :6:03/11/15 01:03 ID:???
ビートルズクラブがDVD(映画「LET IT BE」)の翻訳監修したら
「僕は〜だよ」なんてなるんだろうな(T T)

アンソロジーでの
マリファナを 「煙草(ソフトドラッグ)」と訳していたのには
目が点になってしまった。



30 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 01:24 ID:???
せっかくのネタスレ潰すなよ…と思う俺はダメですか?

31 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 01:32 ID:???
それは君の肩にかかっているのでせう。

32 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 03:12 ID:???
>>30

だって日本盤のひとは自力で訳す必要ないし
輸入盤の人はまだ発売されてないもん

33 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 15:18 ID:???
助詞を省くととたんに日本語が理解できなくなる人がいる

34 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 17:35 ID:???
LET IT BE NAKED ・・・・ 裸で放置汁(゚∀゚)

35 :スケベ訳:03/11/15 17:45 ID:???
GET BACK → 尻をゲット
DIG A PONY → 馬と犯る
FOR YOU BLUE → 生理のために
THE LONG AND WINDING ROAD → 長く曲がりくねった尿道 
TWO OF US → 二人だけでやりまくり
I'VE GOT A FEELING → 逝っちゃった
ONE AFTER 909 → 909回した後にもう1回
DON'T LET ME DOWN → フニャチンでガカーリさせないで
I ME MINE → 俺の僕の私のティムポ
ACROSS THE UNIVERSE → 宇宙を越えて絶頂
LET IT BE >>34

36 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 18:59 ID:???
セクースの順番の曲順になっていたのか・・・・・・・・。

37 :ホワイトアルバムさん:03/11/15 21:16 ID:Rdfbujuy
うほっ

38 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 00:11 ID:Wcc7L1Z/
どうやら一人称はジョン→俺、ポール→僕、リンゴ→オイラで決定のようだ。

39 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 00:24 ID:???
ジョージは?

ジョン → ワイ
ポール → 俺
ジョージ → ワシ
リンゴ → オイラ

40 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 00:26 ID:Wcc7L1Z/
ジョージは票が割れてフィックスできません

41 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 00:27 ID:???
「自分」ての一歩引いてて合ってる気がする。当時の立場的に。晩年は「ワシ」でもいいけど。

42 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 00:49 ID:???
I'VE GOT A FEELING → 逝っちゃった


夢精で

43 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 00:56 ID:???
ジョージは「それがし」という感じがする

44 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 01:02 ID:???
ジョン→オレ
ポール→僕
ジョージ→ボク
リンゴ→オイラ

いや、昔読んだマークシッパーの小説での
一人称の確認だけどね

45 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 01:32 ID:???
ジョージは「ぼく」がいいぞ

46 :ポール:03/11/16 01:39 ID:???
「僕(ボク、ぼく)」は僕ひとりで充分!

47 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 01:44 ID:???
吹き替えも考慮すると読音も変えたほうがいいな

48 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 02:05 ID:???
ジョン:あたい
ポール:わたくし
ジョージ:わらわ
リンゴ:リンゴちゃん

49 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 02:23 ID:???
ジョン;ワイはこう思うで。な、こうしよ。これでいこ。
ポール;あかんあかん番長、ワシのほうがええねんって。
ジョージ;ウチはどっちでもええさかい。まかすわ。
リンゴ;オッチャンはなぁ。。。こんなバンドやってられんわ(ドラムセット破壊)



50 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 05:57 ID:???
英文のせたら訳してあげるよ(・∀・)イイ!!


51 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 06:55 ID:???
>>49
このリンゴいいね。すきになっちゃうよ。

52 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 10:20 ID:???
>>50
Ringo Good morning Paul
Paul Good morning Rich
Ringo How are you this morning
Paul OK

53 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 14:14 ID:???
リンゴ「おはようございます。ポールさん」
ポール「おはよう。リッチー」
リンゴ「今朝の調子はいかがですか」
ポール「いいね」

54 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 14:46 ID:???
Paul [Thanks Mo.]

55 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 16:00 ID:???
>>35
メッチャワロタwww

56 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 22:59 ID:zcdiE/nG
いよいよ明日輸入盤発売!
朝一で買って、速攻で聴き取り、翻訳するゾ!!
CCCD化の流れを阻止するためなら、俺の頭脳をいくら酷使しても痛くもねぇ。

57 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 23:01 ID:???
>>56
がんばってください。高1の俺には無理です。期待してます。

58 :ホワイトアルバムさん:03/11/16 23:01 ID:???
>>56
期待してるよ。出来ればトリップつけといてくれ。やる気があるんならね。

59 :ホワイトアルバムさん:03/11/17 21:46 ID:s1waJXWG
輸入盤発売されたぞ!!
今こそ、2ちゃんねらーの力を結集して、ボーナスCDを
聴き取り、訳すのだ!!
集え!! 語学力に自信のある2ちゃんねらーでかつビーファンよ!!

60 :ホワイトアルバムさん:03/11/17 21:47 ID:???
>>56

61 :ホワイトアルバムさん:03/11/17 22:07 ID:???
>>60
そうだ!>>56 はどうした!
朝一で聴きとって、速攻で翻訳するんじゃなかったのか?
もう夜の10時だぞ。おい!

62 :ホワイトアルバムさん:03/11/17 23:01 ID:???
56はトンズラケテイ

63 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 03:20 ID:???
>>56 >>56 >>56

64 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 16:59 ID:???
ジョン=俺様
ポール=僕様
ジョージ=「俺」と「オラ」の中間の「オレ」
リンゴ=オレっち

65 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 17:02 ID:8UxMdNZ6
ビートルズの訳って、CDも映像作品もほとんど「僕」だから
ビートルズは自分達を僕って言うってのが刷りこまれてる。

66 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 17:07 ID:???
ジョージとポールは僕が似合うと思う。

67 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 17:08 ID:???
つーか、ジョン以外は「僕」って感じじゃないか?

68 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 17:12 ID:???
リンゴは「おいら」だな

69 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 17:13 ID:???
ジョン=俺様
ポール=神様
ジョージ=仏様
リンゴ=リンゴ様

70 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 17:17 ID:???
ジョン:僕ちゃん
ポール:俺様
ジョージ:我輩
リンゴ:おいら

71 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 18:12 ID:???
ジョンが ポール を呼ぶ時=テメエ(愛憎入り混じった感じで)
     ジョージを呼ぶ時=オマエ(見下した感じで)
     リンゴ を呼ぶ時=おまえさん(それなりに一目置いた感じで)

ポールが ジョン を呼ぶ時=君(ちょっぴり背伸びした感じで)
     ジョージを呼ぶ時=オマエ(差をつける感じで)
     リンゴ を呼ぶ時=君(かなり見下した感じで)

ジョージがジョン を呼ぶ時=先輩(見上げる感じで)
     ポール を呼ぶ時=あんた(それなりの対抗意識で)
     リンゴ を呼ぶ時=君(親しみを込めて)

リンゴが ジョン を呼ぶ時=君(尊敬を込めて)
     ポール を呼ぶ時=君(絶妙な距離を置いて)
     リンゴ を呼ぶ時=君(年下の親友という感じで)

72 :71:03/11/18 18:16 ID:???
最後のは

>ジョージを呼ぶ時=君(年下の親友という感じで)

です逝きます

73 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 18:18 ID:???
>>72
コピペして手ぇ抜くからそんなことになるんだ

74 :さい玉24 ◆F0cKheEiqE :03/11/18 19:02 ID:lVzuWd0S
公式てきなインタビューを受ける時にはやはりジョンレノンや、ポールでも
「僕」か、「私」とやくしたほうが自然だろう。 


75 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 19:04 ID:???
このスレは阿呆丸出しの巣窟だな。頼らないで自分で訳せ! Don't you get it?
you better do it on your own!

76 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 19:27 ID:???
ジョンが ポール を呼ぶ時=あなた〜♥(昨夜の秘密)
     ジョージを呼ぶ時=オマエ(見下した感じで)
     リンゴ を呼ぶ時=おい!(物扱い)

77 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 20:38 ID:gpxKWrG1
ジョージ「おっす リンゴォ。 」
リンゴ「おおっす ジョージィ。 」
ジョン「ごっほほ リンゴォ、謹賀新年。」
リンゴ「おお菌が新年」
ジョージ「おおっす ハレ・クリシュナ」
ジョン「そして拙者のしたためた曲は・・・」
ポール「音合ってる怪?」

〜サン・キング〜
〜ドント・レット・ミー・ダウン〜



78 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 22:18 ID:WW2Xb7rG
素早く聴き取り、速攻で訳せ!
そして2ちゃんにうpしろ!
君の訳を広く流布し、心あるビーファンで共有化し、
CCCD化の流れを止める力強い防波堤としようではないか!

79 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 22:22 ID:???
げっ、まだ一人称の議論

80 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 22:27 ID:???
一人称が決まれば、
後は坂道をころがる鞠のごとく
渓谷に流れ行く雨水のごとく、
目もとまらぬスピードでボーナスCDの訳がうpされていくのだ。

81 :ホワイトアルバムさん:03/11/18 22:45 ID:???
ありえない

82 :ホワイトアルバムさん:03/11/19 01:31 ID:???
この調子で一人称論議が続くのも悪くないような気がする

83 :ホワイトアルバムさん:03/11/19 02:09 ID:???
ジョン=我輩
ポール=俺様
ジョージ=拙者
リンゴ=リンゴ

84 :ホワイトアルバムさん:03/11/19 07:28 ID:???
日本盤、英訳でなくて会話部分の英語自体は掲載されてるの?

85 :ホワイトアルバムさん:03/11/19 07:29 ID:???
×英訳
○日本語訳

86 :ホワイトアルバムさん:03/11/19 13:28 ID:wnFnfcQj
>84
日本版は、英版のブックレット+日本語特別ブックレットが付いてる。
だから元のブックレットは英版と同じもの。

予想以上に会話が多いんで、俺は日本版も買うよ・・・。
いつまでたっても訳を貼ってくれないし。

87 :ホワイトアルバムさん:03/11/19 13:29 ID:???
>>86
そこまでして釣りたいのか・・・

88 :ホワイトアルバムさん:03/11/19 13:43 ID:ZXTqQGrs
訳すほどのものじゃないよあれは。

89 :   :03/11/19 13:44 ID:???
>>86
ていうか>>84の質問の答えになってないよ。

90 :ホワイトアルバムさん:03/11/19 14:00 ID:F0Nk/MEL
ジョージ:やあリンゴ
ジョン:明けましておめでとう。
ジョージ: ハリークリシュナ!


91 :ホワイトアルバムさん:03/11/19 14:00 ID:F0Nk/MEL
ポール:そろそろ今俺達がしている(レコーディング)事を整理したほうがいいよ。アイデアを整理してもう一度始めるんだ。その後、次に何をするか考えよう。コンサートとか、

92 :ホワイトアルバムさん:03/11/19 14:12 ID:F0Nk/MEL
訳すの疲れた。要するに後半はレコーディングの後、ライブを何所でするかって主にジョンとポールが揉めていまふ。

93 :ホワイトアルバムさん:03/11/19 23:59 ID:???
一人称は飽きたので複数形(ビートルズの事)を言う場合は

ジョン  : 俺たち
ポール  :僕ら
ジョージ :僕たち
リンゴ  : 俺ら 

94 :ホワイトアルバムさん:03/11/20 02:28 ID:???
ジョン : 俺たち
ポール : 僕ら
ジョージ : 僕たち
リンゴ : リンゴ・スター&マイ・オール・スターズ・バンド

95 :ホワイトアルバムさん:03/11/20 14:35 ID:Y3ZnXogo
てっとり早く日本盤のライナーをアップしてくれる神はいないのでしょうか?

96 :ホワイトアルバムさん:03/11/20 16:29 ID:???
ここはネタスレなのがわからないのか

97 :さい玉24 ◆F0cKheEiqE :03/11/20 16:45 ID:9ZmCofy0
俺のもってる海賊版にはオクトパスガーデンを必死で練習するリンゴが収録されてるんだけど、
裸には収録されてないようだね。もし収録されていたらジョンのイマジンが「ピアノ曲」となっているから
さしずめ「リンゴ歌のレッスン」とでもされていたのだろう。なんとなく、小学生がピアノに合わせて一生懸命歌っているような
愛くるしさを感じるよ。

98 :ホワイトアルバムさん:03/11/20 23:54 ID:???
ジョン「地面だと思った。それを拾って家に帰った。よし、それ録音。(一呼吸おいて) ズルイぞ!卑怯者!」

あ、これはアンソロジー3のレットイットビーの最後だった。

99 :ホワイトアルバムさん:03/11/22 23:40 ID:bq8yUwXB
そろそろいいんじゃないか?
ドバッと訳を放出してくれ!

100 :ホワイトアルバムさん:03/11/22 23:47 ID:???
イマジンの原曲ってどれかわかりません。
時間で教えてください。

ジェラスガイのはわかりました。

101 :ホワイトアルバムさん:03/11/22 23:49 ID:???
ハレクリシュナ

102 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 00:08 ID:???
ジョージ:それがあいつらのシーンなんだ。
 ポール:もう一曲書くの?
ジョージ:ああ、OK。
 リンゴ:ああそのつもりだけど、それはただ…
 ポール:もう一曲書くの?ってのは馬鹿げた質問だね。今気づいた。
 リンゴ:うん、わかるよ。本当にうんざりするからね…
ジョージ:…コーラスの部分がわからないっていうのはね…
 リンゴ:どうやって作るの?
 ポール:でもやるべきだよ、うん。
 リンゴ:"Taking A Trip To Carolina"って曲があるよ。同じような感じ。
”艇キング・トリップ・トゥ・夏炉ら否”
”ジョンのピアノ作品”

103 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 00:18 ID:???
ポール:僕らが海外には行かないということがわかると思う。リンゴが行きたく
    ないってさっき言ったからね。断固とした態度で。それはつまり、
    僕らは海外に行かないってことを意味する。僕らはこの次に海外に行く
    かもしれないけど、まあでも、かえってよかったのかもね。
    でも何とか屋外でできればいいよね。
”チャイルド・オブ・ネイチャー”
”バック・院・座・優SSR”


104 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 02:34 ID:???
>>103
なんかポール、会話がクドいですなあ。

105 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 06:46 ID:???
訳がくどいんだよ

106 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 09:08 ID:NdvB46w8
>>102-103
おお、久々に神降臨!!
ありがたや、感謝!!

107 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 14:57 ID:???
ジョージ:ライヴでは昔の曲はやらないの?
 ポール:さあね。
ジョージ:ライヴの最初か最後にさ、いくつか…
 ジョン:ジョー・コッカーのようにしゃれた感じで。
ジョージ:たとえばこんなのとかさ…
"えヴ李・リトル・寝具”
"ドンと・レット・御井・ダウン”

108 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 15:10 ID:???
ジョン:Nobody love me like she do me.
ジョージ:ブレイクを…
ポール:でもその短い間奏は外そう。
ジョン:うん。
歌に戻る
ジョン:…演奏後、僕らは別れるんだ。
ポール:いや、僕らは今僕らのキャリアをきちんと整えるべきなんだ。
ジョージ:うん。
ポール:僕らのキャリアをまとめるんだ。このアイディアは要するにそういうこと
    だろ? 僕らがこれを楽しめるように、またやりたいと思えるようにする
    っていう。それから次に何がしたいかだ。ライヴがしたいかい? それを
    やってる僕らが脳裏にに浮かぶよ。まだ始まったばかりだ。
ジョージ:発表したいものがたくさんあるんだよね。
ポール:そう、そのとおり。
ジョージ:それをやるのに、このバンド以上に最適な場はないよ。
”緒折る・寝具す・鱒と・パス”



109 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 15:44 ID:???
ジョージ:要するに僕たちだけ、っていうことなんだよ。オーヴァーダブに逃げら
     れないようにするっていう。そっちのほうがずっといいよ、だってレコ
     ーディングを始めてずっと、「まあいいや、その部分はあとでやればい
     いや」ってなるだろ。だからその瞬間を最大限に活かすことさえできて
     ないんだ。
ポール:この問題についてジョンが言いたいことがあるそうです。
ジョン:(歌いながら)前のアイディアよりそっちの方がいいな。単純に、サウンド
    に集中すべきだと思うから、サウンドに集中すべきだと思うから。
リンゴ:彼は急にやってきて、サッカー・チームについて語るんだ。彼らは頑張った
    と思わないかい?
ジョージ:そのチームは毎晩試合を行なうの?
リンゴ:そうじゃないと思う。どのチームについても語るんだよ。昨日はチェルシ
    ーだった。
ポール:…今年は決勝戦だ。
リンゴ:…敵地でね。何?
ジョージ:ライム・ストリート駅のことを思い出したよ。
リンゴ:どの駅でもね。
”強い・刑務・印・刷る宇・場す・る産む・有為ん堂”

110 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 16:09 ID:???
>>100
05:55-06:16 John's Piano Piece

111 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 16:26 ID:???
ジョージ:またそのベースを弾いてるね。僕のトロンボーンはもう君のものだよ。
ジョン:ギミックが何も思いつかない場合どうしようか、ということだったね。
    最悪の場合、レコードを作っている僕らのドキュメントだけになるね。
    ライヴができないなら。
ジョージ:…亡くなった。
ジョン:誰が亡くなった?
ポール:いや、だって誰もさ…
ジョージ:ミスター・エプスタイン。
ポール:何も言わないから。だってそうじゃなければ…僕らはミスター・エプスタ
    インが死んで以来とてもネガティヴだった。そのせいで僕らはポジティヴ
    じゃなかった。つまりそのせいで僕らみんなこのバンドに嫌気がさしている
    んだよ。ポジティヴなことは何もないから。ちょっと面倒に感じている
    んだね。でも、それを払拭させる唯一の方法は僕らが物事をポジティヴに
    する努力をしてみることじゃない? ふたつの選択肢しかないよね?
ジョン:そうだね。僕らがやっていることは全部、要するにコミュニケーションを
    とるためにやっているわけだからね。テレビに出ることはコミュニケー
    ションだ。人々に微笑みかけるチャンスを得たんだ。”All You Need Is
    Love”みたいな感じでね。僕の動機はそれだよ。
ポール:つまり誰も言ってくれる人がいなくて、僕らだけでしなければならないと
    いうことなんだ…でも成長するっていうのはそういうことだろ。人生の
    ある時点でお父さんはいなくなるということだ。そして独立しなければ
    いけないということさ。つまり僕らが直面しているのはそういうこと
    なんだ。お父さんはもういないっていう。僕らは休日のキャンプに自分
    たちだけで来ている…家に帰るか、それをやるのかどっちかだと思う。
    

112 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 16:57 ID:???
”ポールのピアノ作品”
ポール:大したアイディアじゃないと思うかもしれないけど、アラビアでライヴを
    やるっていう案もあるよ。だからさ、再びロックする僕らを待望していた
    人なら誰でも…じゃあこうしよう、クイーン・エリザベス2世号のような
    船をいくつか用意できたら、僕は君たちと行ってもいいよ。それに、去年
    アルバムを作っていたときにここで、ロンドンのEMIでやる必要ないんじゃ
    ないか、ってみんな言ってただろう。そのこともあるし。
ジョン:アルバムを作るたびに、なぜEMIなんかでやらなきゃいけないんだ?って
    言ってたじゃないか。僕らはロスでもできるし、フランスでもできる。
    でも毎回、周りにこんな城みたいなのを建ててしまうじゃないか。だから
    今回はそこでやろうよ。
ポール:よく言った、よく言った。
ジョン:そしてさ、それがどこであろうと、そこで物理的にアルバムを作るという
    ことだけではなく、「ギミックはどこだ? それは一体何なんだ?」という
    ようなものからも解放されるんだよ。神がギミックだからね。
ポール:冒険みたいな感じになるよね?
ジョン:ミドル・エイトでちょうど太陽が昇るという興奮感のためだけでも、
    やっていいと思うよ。
ジョージ:そして君も船でいくつもりなのかい?
ジョン:まあ、アイディアを応用した案だよね。
ポール:つまりもし僕らが船に乗るとして、その船が…

113 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 17:12 ID:???
ジョン:ライヴはどうしようか、っていうプレッシャーからも解放されるよ?
    それで決定するわけだから。
リンゴ:でもそれがまだ…どこに行ったって、僕らがやればいいライヴになると思うよ。
ジョージ:いやいやでも…それじゃまるで…
ジョン:そしてその上…
ジョージ:僕らは大勢の人と2週間も巨大な船に乗るんだよ? つまり、ここだったら
     少なくとも家に帰れるし、そういうのから離れることだってできるんだよ?
ジョン:インドの屋上みたいな感じになるよ。ただ機材が揃っているというのが違いで。
    太陽に照らされて…考えるだけでも…
リンゴ:僕はテレビを見てるだろうね。
ジョージ:船のアイディアは完全にいかれているね。
ポール:でも実現できたらよくない? すごくいい…
ジョージ:とても金がかかるよ。
ジョン:ごきげんよう、ビートルズ一行と彼らの広報担当50名のリハーサル・ルームに
    ご案内いたします。

114 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 19:10 ID:???
>>107-113
おおお、神!ハレクリシュナ!
毎回曲のタイトルの当て字サイコーです(w

115 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 20:27 ID:???
>>107-113
超 good job !!

116 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 20:29 ID:???
これで全部?

117 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 20:30 ID:???
日本盤に英語の原文は載ってますか?

118 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 21:20 ID:???
”月賭博”
ジョン:これって一体何なのさ? ジャズかい? これって何なの?
ポール:そしていまだに向こうではブームは去らなかった。
ジョン:シバの女王はパットをつけているね。
リンゴ:それは知らなかった。
ジョン:知らなかったの? そのとき君はいなかったんだね。ボグナー・リージスは
    ヨークシャーを覆うタータン。アレクサンダー大王は頭でっかちで、
    4つか5つ…
リンゴ:それは知らなかった。
ふたり:おやすみディック!
ポール:もういいだろ。こんなのいつまで続けられないよ。
リンゴ:でも現にそうしてるみたいだけど?
ポール:確かにそうさ。でもそれじゃいけない。だってこのグループは…
ジョン:じゃあこのグループで演奏しに行こうか。

119 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 21:27 ID:???
”盗・オブ・明日”
”間ギ異・名”
”不安視・舞・チャン静・有為図・優”
ポール:何かさ、やってはいけない所でライヴをした方がいい、みたいなさ。
    そこに不法侵入して、セッティングをして、で連れてかれて。
    それをもってライヴとするんだ。曲をやろうとしながら警察に連行されて
    いるっていうのがね。

120 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 21:32 ID:???
”缶・優・ディグ・一途?”
ジョン:ジョージ・ウッドによる”Can You Dig It”でした。
    お次は”Hark The Herald Angels Come”を演奏したいと思います!
リンゴ:おはよう、おはよう、みんな。今日もいい天気ですね。
    おはよう、カメラさん。

121 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 21:48 ID:???
”月賭博”
ジョン:だからそこで何が起こっているかわかるだろ? 曲に合わせて
    グルーヴして、その場所全体の雰囲気が変わって、もし僕らが
    その日何事もなくいいプレイができたら、それでいいじゃないか。
    やらなきゃ駄目だよ。それを活かそうよ。
ポール:何で僕はこんなに不満を言ってるんだろうね。
ジョン:違うよ、君は最後の曲を知りたいんだろ、”Day In The Life”だよ。
ジョージ:今までうまく行ったことだって、そんなに計画されていたわけじゃないし。
     これと同じで。とにかく何かを始めて、それが勝手に起こるんだよ。
     それが何であろうと、そこで起こったことが最終的なものになるのさ。
ジョン:成り行き上こうなって、それがポールが望んでいるのとは違う形になった
    ってことなんだよ。だってポールは…まるでこれが…たとえずっと彼の曲
    だったとして、でも妥協の結果、彼の曲というより僕らの曲に変わったって
    いう。それだけのことだよ。だから…
ポール:それでいいんだけどさ。
ジョン:いいんだけど、それが君は気に食わないんだよ、別の曲になったからね。
    静かな曲じゃなくて、ロック・ナンバーみたいな感じに。
    要するにそういうことなんだよ。
ポール:では制作キャストのみなさん、おやすみなさい、僕らを受け入れてくれて
    ありがとう、と言いたいね。君達と仕事するのはすばらしかったよ。
ポール:ジョンはどっちの方向に行った? あっち、わかった。
    
 

122 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 23:16 ID:???
>>117
載ってます。歌詞と同じように英文と日本文が併記されてます。

以上でボーナスCDの訳は全部です。
日本盤ライナーの訳です。
フゥー( ̄o ̄)y-。o0○

123 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 23:36 ID:???
お疲れ様でした。ありがとうございました

124 :ホワイトアルバムさん:03/11/23 23:37 ID:???
少々見にくいので一つのサイトにまとめたいのだが…
法的にはどうなんだろ。

125 :ホワイトアルバムさん:03/11/24 00:09 ID:???
>>102-121をみれ
って指示すればいい

126 :ホワイトアルバムさん:03/11/24 00:13 ID:???
うpした神に心から感謝を捧げる!!

>>124
自力で聴き取り、訳したものなのだから、
まとめても全く問題ないかと。。。

127 :ホワイトアルバムさん:03/11/24 00:26 ID:???
え?
日本版ライナーノーツの転載じゃないの?

128 :122:03/11/24 00:36 ID:???
>>126
>>127
うpした本人ですが、127さんのおっしゃる通り転載です。
ただ、そのまんまだとやヴァイかと思って
曲名を当て字にしたり、アイデア→アイディアのように
所々細かくかえてはいますがほぼ丸写しです。
すべては悪名高きCCCD撲滅のためと思いうpしました。

129 :ホワイトアルバムさん:03/11/24 00:53 ID:???
あと神様、ライナーノートに乗ってる最初の解説と会話も日本語訳うpしてください
お願いします

130 :ホワイトアルバムさん:03/11/24 00:55 ID:???
>>129
氏ね

131 :ホワイトアルバムさん:03/11/24 19:27 ID:zuiOYvVp
おまえら神の仕事を見よ!
間違っても日本盤なんか買うなよ。訳は全部ここにある。

132 :ホワイトアルバムさん:03/11/24 19:31 ID:???
何が神だ。もったいぶらないでとっとと書けってんだ。チンカス。
全員死ね。

133 :ホワイトアルバムさん:03/11/24 19:33 ID:???
と、凍死場社員が申しております。

134 :ホワイトアルバムさん:03/11/24 19:53 ID:???
お疲れ

でもこれ「渡る世間は鬼ばかり」みたいな
そんな言い方しないだろ って訳し方だね。

もっとちゃんとした人が訳したら日本盤買ってもいいよ東芝さん。
DVDがこんな言い回しにされてたらショックだなぁ

135 :ホワイトアルバムさん:03/11/24 20:13 ID:???
全然自力じゃねーじゃんププ

136 :ホワイトアルバムさん:03/11/24 20:23 ID:???
と、日本盤買った負け犬が申しております。

137 :ホワイトアルバムさん:03/11/24 23:29 ID:???
いいから自力でやれよ

138 :ホワイトアルバムさん:03/11/25 02:31 ID:???
ライナーの翻訳まだあ?

139 :ホワイトアルバムさん:03/11/25 03:05 ID:???
ジョン:私は〜です。
ポール:俺は〜だ。
ジョージ:僕は〜だよ。
リンゴ:あたしゃ〜だーね。

140 :ホワイトアルバムさん:03/11/25 09:17 ID:???
英語の読めねー負け犬同士なんだから仲好くしろよ

141 :ホワイトアルバムさん:03/11/25 18:02 ID:???
日本版にはこんな意味が分からん訳がついてるのか?
訳してる香具師下手だな〜と思ったら転載とは・・・

142 :ホワイトアルバムさん:03/11/25 18:04 ID:???
エキサイト翻訳みたい。。

143 :ホワイトアルバムさん:03/11/25 21:35 ID:???
>>134
同意。
日本盤は中古で買ったクチだが、BCCはだんだん訳がヘタクソになってくね。
Get Backの「Jojo left his home in Tucson Arizona for some California grass」
なんて、「ジョージョーはアリゾナ州、ツーソンの家をでた カリフォルニアの葉っぱほしさに」
だぜw 葉っぱほしさって麻薬かよw

144 :ホワイトアルバムさん:03/11/25 22:19 ID:???
葉っぱほしさには酷い。
ポールの本音かw

145 :ホワイトアルバムさん:03/11/26 01:31 ID:???
オモ(・∀・)ロイ

146 :ホワイトアルバムさん:03/11/26 08:10 ID:???
>>143

147 :ホワイトアルバムさん:03/11/26 08:12 ID:???
BCCが訳してるの? 会話翻訳も?
そうだとしたら人件費をけちってトーシローかヒヨッコ翻訳家にまかせてるのがありありだな……

148 :143:03/11/26 13:30 ID:???
>>147
スマソ、今見たら歌の対訳は奥田祐土なる人物がやっているそうで。
ブックレットとボーナスディスクはBCC翻訳みたい。

149 :ホワイトアルバムさん:03/11/26 17:50 ID:???
グラスってマリファナじゃないの?

150 :ホワイトアルバムさん:03/11/26 20:46 ID:???
どっちの意味にもとれるようにしてある。
普通じゃ無い人は大麻を連想。

151 :ホワイトアルバムさん:03/11/26 22:06 ID:???
ダブルミーニングってやつね。

BCCが訳してたら逆にマリファナを連想させる役にはしないでしょ。
アンソロジーで「マリファナ」を「煙草(ソフトドラック)」なんて訳の分からん
訳にしてたし、

テレビでは「俺」って言ってた言葉使いをビデオでは「僕」に直させてたから


152 :ホワイトアルバムさん:03/11/28 01:32 ID:???
Half of What I Say

ポール:(オペラ調で歌う)♪青い水平線はあなただけのため……♪
リンゴ:それを“お上品”な映画にすれば?(w
リンゼイーホッグ:いつだったか君らが初めて僕に言った言葉は、何年か前にチズィック公園で
   一緒に何やらやった時だったかな、君らは「この木なんの木?」とか言って、僕が
   「イチイ(yew=you)だろ」と応えると、君らは「違うね、ボク(me)だよ」。
   あれは相当ウケたね。ああ、思い出すだけで笑えてきた。
ジョージ:全然面白いと思わないんだけど。
リンゼイーホッグ:フジ(wisteria=we)だっけ?
ポール:小型カメラでスタッフの写真でも何枚か撮ってみるとか。そう、僕はMI5のエージェント、
   僕が知っていることをあいつはほとんど気づいてない、あいつは……うん、でもって
   かのスタッフはプレイボーイを読んでらっしゃる。
リンゼイーホッグ:サイレント映画にしよう、そう‐再生する時にコマおくりしたり早送りしたりして、
   そういうのっていつ見ても笑えるし。
ジョン:(威張ったTV声で)ふむ、私にいわせれば、その意見は昨今の若者の見事に
   簡潔な意見といったところですか。今度は別のグループの意見に移りたいと思います
   −ジェネレーションギャップだな、本日スタジオにはタンブル・スターカーさんを
   お招きしております。さて、ウェイブリッジにある偽チューダー調の家なみや、
   その手の場所についてはどうお考えですか?

153 :ホワイトアルバムさん:03/11/28 01:33 ID:???
リンゴ:そうだなぁ、ウェイブリッジにある分には気にしないかな。気になるとしたら
   ロンドンに建てられた場合だろうね、たぶん道の真ん中にデンとのさばるんだろうから。
   ほんとそうだよ、うん。
ジョン:あなたは昨日おっしゃいましたね、腕でもなくひじでもなくと、私は決して忘れない
   でしょう。さて、これは話をするチャンスです、我々が得た唯一のチャンスですよ。
リンゴ:クリフは自分のベストを尽くしただけだよ。
ポール:まぁ、僕は59年頃に聖職者に残してきたよ……子供たちを。
リンゴ:全員ロージィから生まれたと。
ジョン:まぁ、我々のほとんどはロージィが発祥なのです。実際のところ、リハーサルの役割は……。
リンゴ:……おかしな犬の首輪ってわけ。それをつけるようになってから、おいらとんとん拍子さ。
ジョン:さて屋根のあたりから飛び出したままになっている、この足場の端々にお気付きでしょうか。
   こいつがモダンテクノロジーというやつです。
リンゴ:盗聴器にお気をつけを。
ジョン:その後、ホー・チン・ミン女王陛下によってサウナ風呂に閉じ込められたせいで、
   そのグループは日本における熱い財産となっています。明日発売になるのは「長ずれば肺病み」
   というレコードです。人気の無料ビートルを勝ち取るチャンスですよ−彼等はトップに
   39枚のレコードを送り込んでいます。
リンゼイーホッグ:(カメラを持って移動しながら)ここで超ロングショット撮らせてよ。
ポール:ヒーローはどこに行ってもフィルムに収められるってわけか……のぞき魔さん……。
リンゼイーホッグ:(ショットを撮りながら)そう、そんなふうに、うん。

154 :ホワイトアルバムさん:03/11/28 01:33 ID:???
ポール:……これという理由もなく彼はフィルムに収められ、ちょっとした人気者になった。
ジョン:それが人生。
ポール:それがキネマ。
ジョン:遠慮しとくよ、もうとっくの昔に見たからさ。
ポール:刑事物ってのもありかもね、こんな調子でこのフィルムを無駄にするくらいなら。
ジョン:確かに、ねぇ。そのストーリーはここまで。
ポール:ほら、今日の午後撮ったフィルムはちょうどちょっとした冒険ものみたいじゃないか、
   酔っぱらって、それで警察が来て事情聴取と……サスペンスだね……麻薬密売人のクリフォードはラストで改心、と。
リンゼイーホッグ:リンゴは先生だね、親切で賢い。
リンゴ:そいつは今朝だったか。
リンゼイーホッグ:そうそう、そいつを再利用しようとしたんだ。
ジョン:ゲストスターのグリン・ジョーンズはモルモン教会で演奏。
リンゼイーホッグ:ジョージは司祭主任やスコットランドヤードの主任も、それ系全部やれるよね。
ポール:物語は冷え冷えとした12月の朝から始まるんだ。
ジョン:昔々ある通りに、右足のひどく曲がった小さなトランクが住んでいました。
   医者たちに見せると、彼等はみんなこういいました……いつか……ずっと幸せに……。
ヨーコ:(・∀・)クスクス

155 :ホワイトアルバムさん:03/11/28 01:34 ID:???
Canaries in the Morning, Balloons at Night

リンゴ:こうやって演奏してると4年前みたいだな。
リンゼイ−ホッグ:僕らみんなが今28歳みたいだね。
リンゴ:ロックンロールをトリポリに持ち込むなんてとんでもないんじゃ?
リンゼイーホッグ:タンザニア、タヒチ、トリポリ、その辺のどこかで。
リンゴ:ジブラルタルなんてどう?(無表情)
ジョージ:あのさぁ、これだけの人数やら備品やらを全部持ち込もうとするなんて、どだい無理だろ。
ポール:OK、わかった、僕は絶対うまくやれると思うけどね、単に僕らがライブショーをやるだとか、
   アラビアくんだりでやるだとか、僕らがロックしてるところをもう一回見たい見たいとずっと
   待ってた奴らだとか、そんな感じだろ。そうだなぁ、君がクイーンエリザベス号みたいな船を
   何艘か準備して、そのチケットを分けてくれるんなら僕は参加するよ、でもってそうした上で、
   さらにそのチケットに船の旅っていうおまけをつけて欲しいんだよね。これだね!
   至福の時とお日さまをちょいといただきってわけさ。
ジョン:なるほど、お天道さまの下で歌歌うってけっこう良さげな感じだな、歌ってるうちに日が沈めば、
   今度はお月様が顔を出すってなもんだ。インドの屋上みたいなもんかな、
   機材は準備万端なんだろうだけど、ほら、とにかくお日さまの下でってのがさ。
リンゼイーホッグ:君ら全員がイエスと言って、その意見がまとまったら、君ら行くかい?
ジョン:全員がイエスだったらそれについては悩まないで、
   とりあえず棚上げしてただそのことだけ考えればいいさ。
ジョン:そうだな、でも俺たちって今イエスと言っても明日にはノーと言ったりするんだよなぁ。
   まぁそんなに変なことにもならないだろうし、ただそのことだけ考えてればいいか。

156 :ホワイトアルバムさん:03/11/28 01:35 ID:???
リンゴ:おいらテレビでも見てるよ。
ジョージ:船ってアイディアは全然逝ってよしだろ。すごく金はかかるしアホらしいし。
ジョン:船には船頭と船尾があるんだぜ。ファーストクラスと、羊小屋つきの下級クラスと。
ジョージ:思いっきり大きい船じゃないとダメだろ、ロイヤル・イリス号よりも大きくないと。
ジョン:アリストテレスのヨットなんつって。
ジョージ:思いっきり小さいっつうの。
リンゴ:ただのボートじゃなくて、定期船が(・∀・)イイ!
ポール:ちょい待ち、フランスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ジョージ:フランスかぁ、フランスなんて行きたくないな。
ポール:いやいや、こいつはお前のコードネーム。
ジョージ:前行った時、なんかニンニク臭かったんだよなぁ。ドアからでたら水しかないようなところで
   完璧なアコースティック環境が得られるとはどうしても思えないんだけど。
ジョン:夕日や夜明けのもとで、ひたすらしんみりと一曲やってる姿が目に浮かぶようだよ、
   あるいは月明かりの下で、もやがかかってさ。
グリン:トリポリへの船旅3日間だね……美しい砂漠だよ。
リンゼイーホッグ:アフリカ行ってもいいな! 船を離れてさ!!
リンゴ:ロックンロールグループなのに?

157 :ホワイトアルバムさん:03/11/28 01:35 ID:???
ジョン:そうさ、俺はロックンロールできると思うぜ、それにそういうことをすることで気分転換
   できるんじゃないかな。真っ当な観客を確保できれば、そこでもロックンロールはできるさ、
   だって奴らがスウィングするなら、おれたちは真っ当な観客を確保できたってことなんだから。
   毎回EMIでアルバムを仕上げるたびに、俺たちなんでこんなところにべったり張り付いてないと
   いけないんだって言ってたろ? やろうと思えばフランスの湖でだってできないことはないんだ、
   だけど毎回アルバムを作るとなると、またしてもこの場所で自分達の回りに壁を作っちまう。
   つまりだ、アルバムを作ろうってだけじゃなくて、ギミックと呼ばれるような雑多なものは
   すべて取っ払っちまおうってことだよ。いわば神をギミックにするってこった。
   タイミングを計って、ちょうどミドルエイトの時に日の出になるようにするとか、そんな感じで。
リンゼイーホッグ:行くのに賛成する人は? どこに行く?
リンゴ:おいらはあんたらだけでスラビアに行けば(YOU-GO-Slavia)と思うね。
リンゼイーホッグ:まぁ一晩寝てから考えようか。
ポール:そんじゃまぁ、みんなおやすみ。
ジョン:覚えておけよ、船にはぼろぼろの精神と3人の小人を乗っけるんだ。
リンゴ:金曜日に。
ポール:おやすみみんな。
ジョージ:おやすみロシアくん。

158 :ホワイトアルバムさん:03/11/28 01:38 ID:???
>>152-157
ブックレットの会話、試しに自力でやってみた。
Half of what I sayはカナーリ意味不明ヽ(´Д`)ノ

159 :ホワイトアルバムさん:03/11/28 03:02 ID:???
2ch風になってるのが面白いな

160 :ホワイトアルバムさん:03/11/28 09:20 ID:???
>>158
神出現!!!!

続きもきぼんぬ

161 :ホワイトアルバムさん:03/11/29 01:16 ID:pPMT8iDU
おまえら>>152-157を見よ。これが神の仕事だ!
ついに「自力」で訳す神登場! しかもブックレットを!
心あるビーファンよ、この訳を共有し、広めようではないか!

とにかく日本盤には、手を出すな。
おまけCDの訳はすべてここにある。ブックレットも。


162 :ホワイトアルバムさん:03/11/29 01:18 ID:???
>>158
超very good job!! イイ!!

163 :ホワイトアルバムさん:03/11/29 01:33 ID:???
MUSIC
21 take 1

ポール:じゃあ今のところは、曲が変な調子になったら、僕がみんなにウィンクするから
   そしたら四拍子にしよう。そこは四拍子がハマる箇所のひとつさ。そこが
   ワルツだかなんだかそんな感じになってるよ、君らそう思い込んでるんだな。
   1、2、3、4。

♪僕らふたり 車に乗ってあてどもなく
 誰かさんが必死で稼いだお金を費やして。
 君と僕で 日曜ドライブ
 まだまだ着かない 我が家へ向かって(*・∀-)パチッ!!
 我が家への道のり 我が家はまだまだ。
 我が家に帰りながら。
 僕らふたり ハガキを贈って
 手紙を書いて壁に貼って
 君と僕で マッチを燃やして
 かんぬき外して 我が家に向かって。
 君と僕との思い出 広がる道より長くて……。

    よっしゃ、進行はB♭、B♭、Dm、Gm、Amで−そのままAm。Am7からDで。

164 :ホワイトアルバムさん:03/11/29 01:33 ID:???
♪君と僕は 雨がっぱ着て
 お日さまの下で ぽつねん立って
 僕らふたり あてどもなく 紙切れ追って
 我が家へ向かって
 我が家への道のり 我が家に帰りながら。

    ミドルはAからB♭で。

♪君と僕との思い出 この先広がる道より長くて。
 君と僕は 雨がっぱ着て
 お日さまの下で ぽつねん立って……。

   「On our way home」をやる時は、とにかく必ずこうしておさらいするようにしよう。
   ハモった方がいいかも。いまいち地味だよなぁ。
ジョン:おうよ、こいつはグレープフルーツってグループにとっては良いデモになりそうだな。
ポール:ああ、まぁいいさ、この歌、これには僕らがまだあまり関心がないって、ただそれだけさ。
ジョン:レコーディングはアコースティックで行こうや。エレキ用には別の何かを考えとこう。
   問題はいつも同じことだし、答えもいつも一緒。♪たん♪ら♪たん♪たん♪的流れを止めれば
   万事解決だ。(歌う)「♪ぼく♪ら♪ふたり♪車に乗って♪あてどもなく♪(堅苦しく)」
   こいつをスティービィ・ワンダーが歌ってると思いねぇ、ただしもっとマターリしてな。
  (マターリメロディを辿るジョン)

165 :ホワイトアルバムさん:03/11/29 01:34 ID:???
ポール:もうちょい例のギターソロで色つけてくんないかな、ジョージ。
   前はヤメレっつったのに何だけど、今日は金曜日だし。リフやってくれるだけで僕らみんな助かるんだ。
   ちょっと喝入れるためにあの四拍子のところで何かやってくれ。
♪僕らふたり 車に乗ってあてどもなく……
(リンゴ、バッキングで「ペギー・スー」のドラムリフを演奏)
ポール:ミドルエイトはざっとこんなもんか。ずっとよくなったよ。
   そんなにサンディ・シャウって感じじゃなくて、今はモウリーン・ボスウェルに近付いたって感じかな。
ジョン:足を動かしたりとか、そんな手のことをした方がいいな。
ポール:(歌いながら)
   ♪日の当たる場所でみんな……
    やったやったぞ
    僕は内心いい気分
   (「Going Home」の節で)
   弾くのやめてくんないかな、ジョン、ここのアレンジのこと説明するつもりなんだからさ。
ジョン:了解……♪もーすぐお家だよー♪っと。
(ジョージ、ヨーコの奇声にあわせ「フォックス・レディ」のギターソロを長々と弾く)
ジョン:(歌う)
   ♪海のど真ん中 ちっちゃいボサノバがちょいとした騒動を引き起こす
    ベイビー、俺が待ってるのは今でもお前だよ。
ポール:みんなとっととやれよ。
ジョン:日曜の午後にノリノリ……のフリしてるだけさ。
ポール:ロンドンの窓越しに
    ギターと僕 一緒に座ってセレナーデを歌う
    夜の明ける間に。

166 :ホワイトアルバムさん:03/11/29 01:35 ID:???
今日はここまで。なるべく毎日1章はやってみるyo

167 :ホワイトアルバムさん:03/11/29 01:38 ID:???
ネタスレかと思われたこのスレに神の光が!

168 :ホワイトアルバムさん:03/11/29 01:38 ID:???
>>166
お疲れ! 明日も期待してます(ワクワク

169 :ホワイトアルバムさん:03/11/29 08:20 ID:???
えらいいいいいいいいいいいいいっ

ブックレットの冒頭の解説も訳きぼんぬ

170 :ホワイトアルバムさん:03/11/30 00:02 ID:???
The Queen of Sheva Wore Falsies.

ポール:戻っておいで、おっかさん、全ては許されたんだよ。
ジョン:まぁ、大いに楽しんできたさ。
ポール:今この時がまさにアレだ−チームワークってやつさ−巧みなディフェンスとフォワードライン、おそろしく丈夫なブーツ、と。
ジョン:お前さんと俺とでボール遊びとくらぁ。
ポール:ホラ吹きなさんな、どサンピン。どんな時でも見つけられるさ、すばらしい……。*1
ポール:マウスピースが。
ジョン:ボグナーリージスはヨークシャー州を覆い尽くすタータン模様。ラトランドは最小の州。スカボローは大学のスカーフ……。
そして恩恵は未だ潰えず、シェヴァの女王は胸パッドをつけていた。
リンゴ:そりゃ知らなんだ。
ジョン:知らなかったって? あんときお前さんいなかったからなぁ。(ジョンとリンゴ、腹話術師とその人形の真似事をしながら)
   クレオパトラはカーペット仕立てだった。
リンゴ:そりゃ知らなんだ。
ジョン:ジョン・レノンは……。
リンゴ:憂国の士と。
ジョン:そりゃ知らなんだ。
ジョン&ポール:(一緒に)おやすみ、ディック。
ジョン:これこそレノン=マッカートニー……あらゆる祭典のためのグレート・ウェスタン鉄道唱歌……ワイ川の上のロシア人……
   イルフォード州2番、ミドロジアン西部は恐ろしや。
ポール:こいつは役者人生の典型的な末期だな。

*1 Every cloud has a silver Lining. どの雲も裏は銀色=どんなときでもいいことはある

171 :ホワイトアルバムさん:03/11/30 00:02 ID:???
ジョン:アレクサンダー大王は大いなるリーダー、すなわち暖炉だった。なぜこの国を偉大なる英国と呼ぶんだ? この先いつまで
   そう呼ばれ続けるのか? すばらしきフランス、驚くべきアメリカ、大いなるスペインと。
リンゴ:そいつに乾杯。ドアがドアでなくなるのはいつ?*2
リンゴ:二匹のハエがドアの上、病んでるのはどっち?
ジョン:わかんねぇな。
リンゴ:パネルの上のやつ。*3
ジョン:お前さんあなどれないなぁ。なんでニワトリは道路を横切ったのか?
リンゴ:向こう側に渡るため。
ジョン:がいしゅつかよ。
リンゴ:水の中や水の上でも絶対に濡れないものは?
ポール:はいはい、こんなこと延々とやってたらダメだろ。
リンゴ:ごめん、なんて言った……。
ポール:こんなことをいつまでもやってたらダメだって。
リンゴ:おいらたち、いつもこんなだろ。
ポール:いつもこんなだったけど、こんなんじゃダメだ。
ジョン:ご存じの通り、わたくしこの分野を専門としておりましてね。
ポール:お山の大将って訳だ。
ジョン:ああ、そのとおり、世界の男性ポップスターにおける第9回ベストドレッサーってなもんだ、
   お宅さん、たいした輩とお話中で−はい。
ポール:なんか神経やられそうだな。
ジョン:気をつけろ、トム・ジョーンズ、俺が言ってるのは(会話が笑い声にかき消される)

*2 "When is a door not a door?" "It's a jar." a jar(ビン)=ajar(半開き)
*3 on the panel=診察を受ける

172 :ホワイトアルバムさん:03/11/30 00:03 ID:???
What We Did On Our Holidays

ポール:マハリシんとこで撮ったフィルムを探してたんだ。何やってたかちょいと見たくなってね、すごいんだぜ。
リンゴ:お前さん何やってたんだ?
ジョン:確かに、俺たち何やらかしてたっけ?
ポール:実は自分でもよく分かんないんだけど。でも僕らはそのために全身全霊をかけてたみたいだ、実際思い出してみろよ。
ジョン:俺たち、あの辺の曲を全部書いたんだよな。俺はヘリコプターも撮ったぜ。
ポール:ああ、撮ってるとこ見たよ。
ジョン:俺のリールはどれもサブタイトルみたいに「ジョン・レノンの巻」って書いてあるのさ。
ポール:君のロングショットもあったよ、ジョン、そのへん散歩してるのが。僕らあそこでは実はあんまり誠実そうじゃなかったね。
   つまり、マハリシの背後でへいこらしてるみたいだったり、「なんとなく学校みたいじゃないか?」って言ってるみたいだった
   ってこと。でもフィルムを見れば分かるけど全然学校ぽくないし、しかも、僕ら実際そう言ってたんだよな。
ジョン:ありゃ「はるやすみのせいかつ」とでも呼んだらいいんじゃないか?
ポール:君がマハリシと散歩か何かしてるロングショットもあったよ、「老師よ、お教え下さい……」とかなんとか……。
   リンダと一緒にフィルムを見てたらこう聞かれたよ。屋上に座ったままで、そこから逃げ出したいと思わなかったの?って。
   村では95%もの人たちがそんなことをしたり、そんな場所を探していたんだ、丘の上に転向した人を除けば全ての人がさ。
   もし伝道師になりたいっていうんなら伝道師になりたいんだろうし、出て行きたいならそうすればいい。でも僕自身は
   のめり込み過ぎたとは思わないね。僕は出かけていって、見てきたかっただけなんだ……。フィルムは全員集合のシーンで
   幕を開ける−シンやジェーンやパティ、小さいアメリカ人の女の子、同じワンカットに収まって、全員空を背にして座ってるんだ。
   そこで大きな白いフレアが出てくる、というのはフィルムが切り替わるからさ。白くハレーションして、そこでサウンドトラックが始まるんだ。

173 :ホワイトアルバムさん:03/11/30 00:03 ID:???
ジョン:(歌いながら)
   ♪マイアミからBOACでひとっとび
    ゆうべは一睡もしなかった
ポール:(笑って)そう、そんな感じ、それでマイクがやってくる。次のシーンでは、また白くハレーションして、
   そこでちょうどこの人物がやってきて、もう一人別のやつに抱きつくんだ。こりゃすごいよ。ほんとにその場でヤっちゃってんだぜ、
   そして突然立ち上がると、そのまま歩き去る。ジョンが屋上から降りてくる、君はテープレコーダーを抱えて
   まるで哲学専攻の学生みたいに見えるんだぜ、ジョン。
ジョン:俺も全部のサウンドトラックを持ってるぜ、多分。
ポール:僕らはきっと……。
ジョン:自分を取り戻したんだ。
ジョージ:そりゃとてつもないジョークだな、自分を取り戻すだなんて。そいつは目的だったんだ。
ジョン:まぁ、俺たち自分を再発見したろ。
ジョージ:で、あんたらが本当に自分を取り戻せたんなら、今の俺たちみたいにはならなかったはずなんだよ。
ジョン:それじゃ、ありのままに振る舞おうか(Act naturally)。
ジョン&ポール:♪映画に出してくれるって 大スターにしてくれるって。

174 :ホワイトアルバムさん:03/11/30 00:03 ID:???
Transcript Poem no.3
Why Rabbits Don't Fly

ジョン:ああそうだな、ことのほか下らんな。
ジョン:こいつはもうあきらめたんだ。
ヨーコ:それ、すてきよ。
ジョン:のっぽのサリー、かわいこちゃん、ジョンおじさんの大切なものを全部持ってっちゃった、オーベイビー。
ポール:うーん、キジは飛ばないよ。
ジョン:ウサギモナー。
ポール:奴らが飛ぶのは人間に撃たれた時なんだ、人間が狩りに来たときか、薮から駆り立てられて追い出されたとき、
   その時にキジはたった一度だけ飛ぶんだよ。さて奴らを撃ってみよう。奴らは飛べない鳥で、森の中の草むらを歩き回ってる、
   だから人間が叩いて、叩いて、叩き出せば、飛ぶしか逃げ道はなくなるんだ……発射! そしたら奴らがひたすら怖がって、
   最初のうちはゆっくりと飛ぶのが見えるはずだから、それからすべきことはただ狙いを定めて奴らが木より上まで
   行くのを待って、後は撃つだけ。
ジョン:薮のまわりを追い立てる奴らが来ても絶対に飛ぶんじゃないぞ、ウサギが生き延びたのはそのおかげなんだから。
   わかるだろ、奴らは飛ぼうとしないんだ。
ポール:これがビートルズ的仕事のやり方のドキュメンタリーってわけ。♪誰も歌えないものを歌えるわけがないのさ。
ポール:この世の夢を紡く者、かつて可能性の世界へと橋渡しをしてきた者。
ウェールズの古語に曰く、a Fo bid bont「王たらんもの、其を橋とせよ」と。これはベンディゲイドブランの神話から
   採られた言で、彼は臣民が渡ることができるようにと自らの体で持ってアイリッシュ海に橋を架けたという。
   ペッパー軍曹とマックスウェルの銀の鎚、ワルツとワトゥーシ、ペニー・レーンとストロベリーフィールズ、
   エリナ・リグビーとモリー・ジョーンズ、ジョージ・フォービィとストックハウゼン、レボリューションとレイン、
   芸術と広告、塩と胡椒、イエスとノー、いつか駆け落ちするお皿とスプーン、こういったものの橋渡しとなるのが、ポールなんだ。
   ♪手に手を取って、砂漠の片隅、
    彼らは踊る 月の光に照らされて、
    月よ、月よ。

175 :ホワイトアルバムさん:03/11/30 00:05 ID:???
今日はここまで。
前に投稿した訳で間違いハケーソ
全部訳せたら何らかの形で改訂版を出すかも。

176 :ホワイトアルバムさん:03/11/30 05:49 ID:???
ビートルズってこんなつまらない会話してたのかよ。
これがイギリス流ウィットとユーモアなのか。


177 :ホワイトアルバムさん:03/11/30 12:37 ID:I8zA5/zz
>>175
神に感謝!! お疲れ!!

178 :ホワイトアルバムさん:03/11/30 23:42 ID:???
このヤクって、Let It Beの限定リリースされたボックス・セットに
ついていた写真集の会話のこと?

だとしたら、
「get back book yellow dog ブートレッグ 裏」
で、ググってみな。

漏れも偶然見つけたんだけどな。

179 :ホワイトアルバムさん:03/12/01 00:22 ID:???
>>178
(;´Д`)ウェア
おいらケツまくって逃げてもいいですか

180 :ホワイトアルバムさん:03/12/01 03:05 ID:???
Over and Over

ポール:これが完成すると、僕ら逃げ出したいって気分になりそうだな、前のアルバムの時みたいにさ。
ジョン:曲の細かいとこを詰めたいから1日か2日ぐらい余裕をくれや。
ポール:この期に及んで、またアルバムを作るってこと以外は何も決まっちゃいないんだよなぁ。
   唯一の目的はアルバムで、こいつは全然映像映えもんじゃないときたもんだ。
ジョン:アルバム作りが目下進行中。
ポール:僕らは4人でアルバムづくりにのめり込んでる訳だけど、ほんと言うと僕はもっと他の事に
   力を注ぐべきなんじゃないかと思うんだな、でも毎回そういうことを言う度に、ショービジネスの
   取引業者が僕らにジュディ・ガーランドもどきのカムバックをするよう煽ってるみたいに
   なっちまうんだ、どういう時のこと言ってるのかっていうと、ほら、このへんの曲のおさらいが済んで、
   さぁスタジオ入りしようって時だよ、映像スタジオにさ、そういえばスタジオはおさらいと
   同じくらい音のためにはよかったよな。つまりさ、トゥイッケナムからアップルに移動してからは、
   ずっといい感じで音が追えるようになったってことさ。
ジョン:ここはいいよなぁ、自宅気分さ。

181 :ホワイトアルバムさん:03/12/01 03:07 ID:???
ポール:僕らがスタジオ入りしたのは、このためだけにずっとスタジオ入りしてる訳だけど、目新しさのためさ。
   僕ら目新しいことに弱いもんなぁ。新たなアプローチって訳さ、彼が「撮るよ」と言えば僕らも撮る、
   初めての経験だ。僕らがこれまでやってきたことを上回るのはものすごく大変なことになっちまう、
   多分「テディ・ボーイ」といえば説明はいらないだろ、万事あんな感じなんだ。
   僕はマイケルに言ったよ、ある日この場所を真っ暗にしといて、朝方僕らがここにやってきたら、
   (゚Д゚;≡;゚Д゚)何事?みたいなのはどうかな、わかるだろ、ビートルズと一緒にごそごそやってたんじゃ、
   このまま堂々回りするだけだってね。絶対にこの状態から抜け出すことなんてできやしないんだ。
   君がジョージに何が気に食わないんだと聞いたら、あいつは「映画(#゚Д゚)逝ッテヨシ!!」と言ったんだっけ。
   でもそれって全然矛盾してるぜ、だって今だってカメラ回ってるけど、あいつは気にもしてないじゃないか。
   あいつが言いたいのは、ヘルプヽ(`Д´)ノヤメレ、ハードデイズナイトヽ(`Д´)ノヤメレってことで、
   それには僕も禿堂なんだ。でもTVショー(・Д・)イクナイ、観客(・Д・)イクナイ!ってことになると……

182 :ホワイトアルバムさん:03/12/01 03:07 ID:???
ポール:僕らがハンブルグから帰ってきてコヴェントリーかどこかでやった時、ダンスホールで演奏して、
   最初の晩はもうさんざん、僕ら全員緊張しまくりのとんでもない出来でさ。そうして次の日の夜に
   別のコンサートをやって、それでちょっとはマシになったんだ。次の夜は(・∀・)ワー!、
   その次になるとヾ(・∀・)ノウワーイ!、もうノリノリさ。僕らは観客のせいであがっちゃうのをなんとか克服したんだ、
   目の前に誰がいても気にしないって感じで、なんかもう新しいことをやってるみたいでさ、
   数人の仲間が僕らの演奏を見てて、僕らはそれに向かってひたすら演奏した。
   もしあの頃の演奏をレコーディングしてたら、きっとすごいものになってたはずさ。
   僕らうまいことやったんだ、一旦はあがるのを克服したんだよ。
   でもまだあがっちゃうクセは抜けきってなかったんだ。そして僕らもうそれを克服できないってんなら、
   アルバート・ホールに出向いて黒いゴミ袋でもかぶってるしかないんだよ。他に抜け道はないんだ。
   他にやりようはないんだよ。つまりさ、二度と再び観客の前では演奏しないっていう手しかないんだぜ。
   でも僕らがミュージックシーンと何らかの形でつながりを持ち続けたいと思っているなら……
   もちろんジョージの言いたいこともわかるさ、でもあんなの無意味なんだ、わかるだろ、
   だってあれじゃストラビンスキーみたいじゃないか、音楽への関わり方がさ、ストラビンスキーは
   テンション上げたり観客のためにジョアンナを演奏するようなことはもうしていないんだ、そうだろ。
   彼はただ曲を作っているだけだ、たまには指揮をすることもあるんだろうけど。

183 :ホワイトアルバムさん:03/12/01 03:08 ID:???
ジョン:ジョージはディランやらプレスリーやら誰やらと楽しいショーをやりたいって、それだけだろ。
ポール:僕らまたアレだ、またバカをやるってわけだ。
ジョン:俺がそうしたいって思ってるわけじゃないっつうの。
ポール:でも今やってるのが一段落したら、そういうのをやるのもアリかな。
   ぶっちゃけ、僕らがここで作ったものを引っさげてやるはずのショーはさ、とてつもないものになるはずで、
   屋根だの何だのにあえて行くことはないわけだ。ほんとに歌をひたすら歌うだけでいいんだ。
   で、つなぎとしてドキュメンタリーの素材をくっつければ、こいつはまったくもって信じられないものになるぜ、
   だってもうすでに二つの要素はそろってるんだからな。後はそれぞれの歌を歌ってやるだけさ、
   まだちゃんとやってないからね。

184 :179:03/12/01 03:11 ID:???
ケツまくろうかと思ったけど、結局全部やることにしたyo
2ch的に訳すのがミソなんだと割り切ることにしますです。
今日はここまで。ポールの台詞が行数制限にひっかかった(w

185 :ホワイトアルバムさん:03/12/01 19:47 ID:???
>>184
おお、神の仕事に祝福あれ!

186 :馬津:03/12/01 21:32 ID:NaqYxsNF
いいじゃない!
対訳のリミックス。

187 :178:03/12/01 21:55 ID:???
>>184
その意気やよし。

188 :ホワイトアルバムさん:03/12/02 01:26 ID:???
ジョン:明日は6、7曲は歌わないとな。
ポール:このショーを終わらす一番簡単な方法は、もう何日かここに座って、ただひたすら全部の曲を
   繰り返し繰り返しリハーサルすることだ、今日からひとつずつ曲をリハーサルし始めよう、
   ジョージが言うように、次に何をやるかちゃんとプログラムを作るんだ。
   これは(・Д・)イクナイ、これは(・∀・)イイ!ってなふうにさ。僕らどうしたってこの映画を
   ショーで締めくくらないと。僕は今朝マルに言ったんだ、というのはマルがゆうべ僕らが
   ショーをやってる夢を見たからなんだけど、彼はひたすら信じられなかったって言うんだ、
   で僕は言った、そりゃ最高だねって、ある昼下がりにサヴィル街でほんの数人のためだけに
   全ての曲を演奏するとか、まる一日やりつづけるとか、「ヘアー」でやってたみたいに、
   ただセッティングだけして、みんなが歩き回ったり、座ったり、サンドイッチやドリンクを
   つまんでる中でリハーサルするとか、撮影しておきたければカメラを回してもいいさ。
   そしたら僕らはそういうのをうまく乗り切って観客の前でも緊張しないでいられるように
   なるまでに、何回かちょっとしたショーもやれるだろうし。
ジョン:俺は明日プレイしないのはどうかと思うぜ、たとえそれがごてごてに飾り立てたリハーサル
   だとしてもな。考えても見ろよ、どんな風にやるのか、俺たちどんな格好するのか、
   7曲のラッシュがどんなもんかってな。もしショーが中途半端で、未完成な代物に終わったとしても、
   別段よかんべ、別の日にやったとしてもたいした違いなんかないんだしな。
   もし14曲全部をやるためにもう一月もらえるとしても、今7曲やった方がよっぽどましだぜ。
   まぁリンゴは二週間後には出発しないといけないから、俺たちにはさらに7曲やる余裕なんてないんだが。
ジョージ(やってきて):そんなことやってたら何か月もかかるだろよ。
   レコーディングの一部始終を映画にすればいいんだよ、ともかくそいつを済ませちまおう。

189 :ホワイトアルバムさん:03/12/02 01:26 ID:???
グリン:昨日君らは同じ曲を繰り返し繰り返し演奏し続けてたな。いやになるくらい延々とだ。
   だから今日は一度に3曲まとめてやったらどうかな、とにかくちゃんと考えないと、何が鍵なのかって。
   君らがうんざりしない方法ってやつをさ。
リンゼイ−ホッグ:昨日はさ、何曲かはもうちょっとで完成というところまでこぎ着けてたのに、
   そこまでたどり着いたら着いたで、さらにもう一回撮ろうとか言い出すんだもんな。
ジョン:俺もいやになっちゃうんだよ。「Don't Let Me Down」や他の曲を通しでやるのはものすごい負担なんだよ、
   ひたすらあのペースで歌うのは、ものすごく消耗するんだ。もし週末がなかったら、昨日は演奏しようとする
   ことさえできなかっただろうな。でもって俺は昨日使ったようなエネルギーはもう今日は使いたくないんだ、
   だって今日になっても昨日の疲れを引きずってるんだぜ。
ジョージ:もしそんな感じで進めたいって考えてるんだったら、何度でも演奏しまくるんだな。
   せいぜいぶっ倒れるのがオチだぜ。全曲テープに録音することだってできるのにさ。
リンゼイ−ホッグ:現時点では、ドキュメンタリーの方はどん詰まりっぽいな−堂々回りだよ。
ジョージ:クズフィルムの山の如しってわけだ、ポイ捨てされるのがオチだね。
リンゼイ−ホッグ:すばらしいシーンはたくさんあるんだが、ストーリーがまだないんだ。決定打がないんだよ。
ポール:フィルムはもう出来上がってるし、曲もこれだけ出来てれば十分だろ。
ジョージ:そいつをテープに録ろうぜ。
ポール:グリンがテープに録ってくれるさ。彼がここぞと思ったところで録ってくれるよ。
ジョン:俺たちがやってることを、ジョージはレコードを作ってるんだと思いたがって、お前さんはリハーサルだと
   思いたがってるんだとしたら、こいつは処置なしだな。

190 :ホワイトアルバムさん:03/12/02 01:27 ID:???
ポール:三時間も「ゲット・バック」をやるべきだなんて言ってないさ、ひたすらこんなふうにさ(ベースのリフを弾く)。
   強烈な個性の持ち主が4人も雁首そろえてるんだ。もし「Thank Your Lovely Stars」をやってるんだったら、
   僕らはとにかく首突っ込んでそいつをこなすだろ。これが馬鹿げたアナロジーだってのはわかってるよ、
   でもこいつをなんとかやっつけさえすればさ、曲は完成してるんだし。
ジョージ:今ある曲をレコーディングするつもりなのかよ?
ポール:もし14曲やるつもりだったら、さっそく今からでも14曲それぞれのコードを覚えよう、
   まだリハーサル段階だってことはとりあえず置いといて。
ジョージ:この二週間やってきたことをまたぞろやれってか。
ポール:ああ、ショーのことをぐだぐだ言ってる間に今から曲をまとめあげるんだ。*もし*僕らが14曲そろえて、
   なんとかやっつけちまえば、僕らはそれを放置するなり、飛び上がって喜ぶなり、有名な歌の言葉をパクれば、
   どうにでもなる(we can do anything)んだ、いったん作っちまえば、後はどう料理しようが僕らの勝手なんだぜ。
   僕らはこんなふうに作りたいってことを抽象的に話し合ってるわけだけど、こんなふうに話し合ってるだけじゃ
   いつまでたっても完成なんかする訳ないんだ。
ジョン:やろうぜ。お前さんの言うとおりやってみよう、そんでもってジョージが言うとおりにもやってみるんだ、
   だが時にはできないこともあるさ、⊂(´Д`⊂⌒`つ超ダリーっつったりして。
   だから俺たちもうちょっとおねんねした方がいいんじゃないかね。
ポール:歌自体は出来てるんだ。僕らはただ、歌に関して自分たちの意見をまとめて、君らのコード案と
   僕のベース音の案を確認するために通しチェックをすればいいよ。
ジョン:14曲やっつけたら相当安心できそうだな、で多分、その時にはこう言えるようになるわけだ。
   さぁ、お望みとあらば何処なりと、仕上げた曲をや ら な い かってな。

191 :ホワイトアルバムさん:03/12/02 01:27 ID:???
リンゼイーホッグ:ここを離れるまでは映画撮影を続けるかい?
ポール:僕らがやってるのはまだリハーサルなんだから、まとめ作業をやらなきゃ。
ジョージ:俺たちは自分達の意見をまとめるから、君はコンサートをどこでやるかって意見をまとめといてyo。
リンゼイーホッグ:じゃあ明日、屋上でってのはどうかな?
ポール:やる(=゚ω゚)ノょぅ。僕らバンドだぜ。
ジョージ:君が屋上でやれって言うなら、俺はやる(=゚ω゚)ノょぅ。
ジョン:屋上キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!! 歌のレコーディングはお前さんの好きな時にやってやるぜ。
ジョージ:いつでもい(=゚ω゚)ノぃょぅ。
ジョン:いつでもいいってか。どこでやりたいか言ってみなよ。パキスタンでも月でも馳せ参じますぜ、
   お前さんが俺を萎えさせない限りはな。今から話すこと聞いたらお前さん腰抜かすぜ。
   俺が何をするつもりか教えてやろう。俺はべらぼうたくさん曲を作ってたんだ。この先10年分のアルバムを
   パンパンにする勢いで曲を作ってたんだぜ。俺はいっちょソングアルバムを作ってやろうと思ってるのさ。
   こたえられないだろうなぁ、特に自分が書いた曲全部をまとめて処分できるってのがさ。ついでにまるっと全部が
   自分の曲だとどんな感じなのかなって聴けるってのもいいよな。俺たちみんなそれぞれがバラバラのことをしたって
   いいじゃないか、その方法でもやっぱりビートルズ的なものは残ってるんだから。俺の作った曲を全部、
   もっと立派な曲にしてくれそうな奴らに預けることだってできたんだ、ところがいきなり閃いちまったんだな、
   その……なんだ、ちょいと自分でやってみるかって。全部の曲、一週間そこそこで自分でなんとかやれるんじゃないかな
   −全部レコーディングしたり、リミックスしたりってな、だってどの曲もものすごくシンプルなんだぜ。
   それ以上のことが必要だとは思えないね。つまりレズリースピーカを通すとかさ、そういうのはやり過ぎなんだ、
   ギター一本あればいい。
   (歌いながら)♪君ったらかわいらしくって愛らしくって、大好きだよ……。

192 :ホワイトアルバムさん:03/12/02 01:28 ID:???
Transcript Poem No.2
Br'er Sausage, Br'er Bacon

リンゼイ−ホッグ:そのドラムブーツ、どこで買ったんだい?
リンゴ:ピエール・カルダンさ、フランスはパ・リーの。
ジョン:同志ソーセージ、同志ベーコン。おれたちゃどっちもカナーリ田舎者。
ポール&ジョン(歌いながら):♪帰っていくのさ、ふーるーさとへ。
ポール:僕はチッピーとして雇われた、大工だったのさ、稼ぎは週15シリング。
   僕は犬を小わきに抱えた普通の子供で、「僕にはおっかさんがいないんだ、どこ行っちゃったの?」って歌ってた。
ポール:(歌いながら)
   ♪カモンカモン、一緒に( ・∀・)人(・∀・ )ナカーマ!
    カモンカモン、行くぜヾ(・∀・)ノジョソ!
    さぁカモン、一緒に(*・∀・)人(・∀・*)ナカーマ!

193 :ホワイトアルバムさん:03/12/02 01:29 ID:???
会話部分終了ー。次回からは解説部分にとっかかります。

194 :ホワイトアルバムさん:03/12/02 01:39 ID:???
お疲れ様でした。

195 :ホワイトアルバムさん:03/12/02 01:59 ID:???
どの時点での会話なんだろうね。
ジョージの一時脱退の前なのか後なのか。

196 :ホワイトアルバムさん:03/12/02 08:16 ID:???
>>193

えらい


197 :ホワイトアルバムさん:03/12/02 22:33 ID:???
>>193
超ウルトラgood job!! 解説、楽しみにしていますYO!!


198 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

199 :ホワイトアルバムさん:03/12/03 20:49 ID:???
どなたか英語原文をUPしてくれると幸いです。

200 :馬津:03/12/03 20:59 ID:fHGT4j3L
>199
原文じゃないけどこんなトコあります

http://www.cmp-lab.or.jp/~jun/getbackbook.htm

201 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 00:16 ID:03WsjRCD
欠陥商品のCCCDなんかに手出すなよ。

ネイキッドのライナーとボーナスCDの訳はこのスレに全部ある!

心あるビーファンは、ビートルズ関連のありとあらゆるHPに
このスレにリンクを貼って、我が同志が自力で聴き取り訳した戦利品を
共有しようではないか!

202 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 00:18 ID:???
訂正
×このスレ に リンクを貼って → ○このスレ の リンクを貼って

203 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 02:02 ID:???
『西暦2000年の子供たちはビートルズ現象とはなんであったのかを理解するだろうし、
今日の我々が得ているのと同様の満足感と興奮とをビートルズの音楽から得るだろう。
何故ならビートルズの魅力は永遠に不滅なのだから』。

ポップスターの歌手生命が2年程度という時代に、デレク・テイラーは『Beatles For Sale』の
ジャケット解説においてこのように予言した。果たして今世紀の初っ端から、
ビートルズのアルバム『1』は2500万枚の売上計上という華々しいやり方で、
彼が正しかったことを証明したのである……しかも今でも版を重ね続けているのだ。

 さて、彼等のディスコグラフィに新たに追加されたこの一枚によって、他のどのアルバムよりも
複雑な裏話に新たな一章が加わることになる。いくつかのトラックに適用されていた豪奢な上辺を
取り除くことで、このスベシャル・エディションは「Let It Be」を文字どおりの意味でむき出しに
して見せたのである。また、アビーロードチームの貢献によって、アナログ録音の特徴である
暖かみを保持しつつも、テープの雑音によるひずみは取り除かれている。

 デジタル処理によって浄化されたミックスを聞いたポールは「もしあのころに今の技術が
あったとしたら、こういう音になったんだろうね、だってこれこそ僕らがスタジオで出していた
音そのものなんだから。まさしくあの部屋にいるみたいだ、もっともあの頃よりずっときれいな
部屋にだよ、やつらと一緒にね。ちょっとした脅威だね、今まさにあの部屋にいるってのは」と
コメントした。そこでついに「Let It Be... Naked」のご登場――これこそ1969年1月に聴くことが
できたビートルズの音楽の、むき出しの核の部分なのだ。

204 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 02:03 ID:???
 彼等がこれらの曲に対して生で飾り気のないアプローチを採用したがった理由は、ひとつには
人々の期待どおりのこてゃ絶対にやるまい、というビートルズの気骨に関わる問題である。
スタジアムでのイベントを開拓した後、彼等は1966年8月29日に最後のコンサートを行った。
3ヶ月後にグループを再結成すると、自身のそれ以前のアルバム2枚で聴くことができる実験的な
レコーディングに焦点を当てることで、存分に世界を幻惑した。
1967年には、非凡なシングルである「Penny Lane / Strawberry Field Forever」が
LP『Sgt. Pepper's Lonely Heart Club Band』に先駆けて発売された。

 翌年、『The Beatles』――純白ジャケットからなる2枚組のアルバム――が発売されたが、
前作レコードのサイケデリックな雰囲気はほとんど感じられなかった。そのアルバムは、
奇妙なフォークソング、ヘビーロックのリフ、郷愁を誘う1930年代的ハリウッドのミュージカルの
模倣と、ためらいもせず縦横無尽に飛躍した。そして――今日の市場の人間からすると頭を捻りたく
なるほど困惑することなのだが――「The Beatles」を6週連続で1位に送り出すと、
彼等は新しいプロジェクトに手を付け始めたのだ。

 『Let It Be』は、ビートルズが最新作の「ホワイトアルバム」から数曲演奏するところを
フィーチャーしたTV番組を作るという原案に端を発していた。この案は3通りに姿を変えた。
第一に、安易な方法は却下され、TVコンサートのためにまったく新しい曲をひと通り覚える
ことになった。第二に、リハーサルを映画にすることが決定したため、革新的なアプローチが
付け加えられることとなった。視聴者は曲のひとつひとつが最初のラフ状態から最終的に
磨きあげられたバージョンに発展していく様を追うことができるのだ。第三に、このプロジェクトの
クライマックスをライブパフォーマンスへの復帰にしたことによって、いかなる場合も
スタジオエフェクトや、声や楽器のオーバーダビングを認めないと決めたことである。

205 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 02:03 ID:???
 暫定的なコンサートの日時は1969年の1月20日に設定され、1月2日から映画製作は始まった。
マイケル・リンゼイ−ホッグがドキュメンタリーとコンサートの両方の演出として選ばれた。
彼はその経歴において、イギリスのTV番組「Ready Steady Go!」、ビートルズのプロモーション
フィルム「Paperback Writer」、「Rain」、「Hey Jude」、「Revolution」、そしてわずか
数カ月前には「ローリング・ストーンズのRock And Roll Circus」といった作品を手掛けていた。
「Rock And Roll Circus」のエンジニアであったグリン・ジョンズも招かれて、リハーサルと
コンサートでビートルズの音の調整をすることになった。
例によってチーフプロデューサーはジョージ・マーティンであったが、彼の記憶によれば、
ジョンは彼に「お前さんの激ヘヴォなプロデュース」は一切いらん、と指示をしたという。

 映画の撮影はトゥイッケナムにある洞穴のような防音スタジオで行われたが、その中の状況は
曲づくりに適しているとはとても言えないものであった。カメラに取り囲まる中、ビートルズは
身を寄せあっていた――映画の撮影班のライトのせいで暑くなったかと思えば、次の瞬間には
建物の真冬のすきま風に凍えるといった調子なのだった。その頃には深夜にレコーディングする
という慣習が出来上がっていたにも関わらず、ビートルズはオフィス・アワーに合わせて
朝の10時〜11時始まりを強いられた。

 このトゥイッケナム・セッションこそ、ビートルズ自身のみならず映画のドキュメントシーンを
見た者すべてに『Let It Be』プロジェクト全体が悲惨なものだという印象を植え付けたのだった。
4人の誰もが、グループ内に漂っていた緊張感について忌憚なく語ってきた−その緊張感は間違いなく、
居心地の悪い環境と、文字どおり虫のように彼等を苛立たせていた、絶え間ないカメラとステレオ
マイクによる割り込みのために増幅されていた。何百本にもおよぶ映画の音声記録は、今となっては
在りし日のビートルズの日常を伝える、計り知れない価値のある歴史的な記録となるわけだが、
それらの記録にはグループの未来についての赤裸々な議論もいくらか含まれているのだ。

206 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 02:04 ID:???
 テープの至る所で、ポールは根気強く、一緒にまじめに仕事をすることだけがグループが
生き延びることができる道だと主張している。彼はまた、孤立したレコーディング方法を止めて、
以前のように一般大衆の前に姿を晒すべきだと決心している。他のビートルたちのコンサート計画への
情熱は一進一退である。しかしまた、そのルーツに立ち返るときには、明らかにビートルズ全員が
楽しんでいる時もあった――好きなロックンロールを演奏しているときのみならず、「One After 909」や
「Because I Know You Love Me So」等の、未発表のレノン=マッカートニー作品を演奏している時には。

 日が経つにつれ、監督の最大の関心事はコンサートを行う場所となった。ジョンがあるテープで
こうコメントしているのを聞くことができる。「出されたアイディアのどれにも「イエス」と
言ってきたんだ……アメリカ、パキスタン、月……俺は今でもどの場所だろうと「Don't Let Me Down」を
歌うつもりさ!」。月はありえないにしろ、TVイベントのための数多くの奇抜なアイディアについて
話し合いがなされた。大洋航海用の定期船を(一週間前に予告して!)借りて、アラビアの砂漠で
たいまつを灯して行われるコンサートにビートルズと観客を連れていく、というアイディアはその一例である。

 しかしながら1月10日の金曜日――リハーサルを始めてから7日目――に、マイケル・リンゼイ−ホッグが
直面したのはより差しせまった問題であった。見ためには仲睦まじく朝から「Get Back」と「Two Of Us」を
演奏した後で、ジョージがグループを脱退すると宣言したのだ。「またどっかのクラブで会うこともあらぁな!」
というのが彼らしい率直な捨て台詞であった。ボブ・ディランやザ・バンドとウッドストックの彼等の家で
親しくし、カリフォルニアでジャッキー・ロマックスのプロデュース作業を楽しんできたことから、
ジョージにはトゥイッケナムでの体験は合衆国での休息と対照的にとてつもなく不愉快であると思われたのだ。

207 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 02:04 ID:???
 残された3人のビートルたちは翌月曜日と火曜日に律儀に姿を見せたものの、ほとんど何も
手につかなかった。幸い、ジョージはグループを続けることに同意したが、それは現在の計画が
変更された場合だけだという条件でだった。そこでリハーサルは、ロンドンはウェスト・エンドの、
サヴィル街3にあるアップル本社の地下スタジオに場所を移すこととなった。ビートルズは
時を待たずにくつろいだ気分となり、そのうえ外部のキーボード奏者が彼等の気持ちを大いに盛りたてた。
ビリー・プレストンが初めてグループに会ったのは、ハンブルグで彼がリトル・リチャードのバンドで
演奏していたときであった。この時には彼はレイ・チャールズのバンドでオルガンを弾いていたのだが、
挨拶をしに立ち寄ったところ、即座にセッションに引っ張り込まれたのである。

 アッブルで記録された映画の音声記録は、いかにセッションの雰囲気が改善されたかを物語っている。
サヴィル街での最初の日に、ジョージとジョンが新聞記事に、彼等二人がトゥイッケナムで
「2、3発パンチをお見舞いしあった」と断定的に書かれたと不快そうに話し合っているのを
聞くことができる。ジョンが言うには、「そんなことはあった試しがないんだ、
ハンブルグでの夕食の皿(を放り投げた)のを除けばな!」。数日後、一緒にトーストをぱくつきながら、
4人はスタジオでのライブ演奏について熱く語り合っている。ジョンは他のメンバーに
「夜やるとそりゃもうハイになるんだぜ」と言っている。ジョージの答えは「やぁ、そいつはすげぇな」。

 彼等は個人活動の必要性に目覚める一方で、このステージにおいては個人活動とグループ活動を
両立することができると信じていた。ジョージがジョンに、彼のソロLPの計画を話しているのを
聞くことができる。「俺は次の10年分のアルバムに割り振れるくらい曲を大量に作ったんだ! 
俺たちがおのおの別のことをやれるならもう最高だろうよ。それがまた残すことにもなるんだよ
――ビートルズっぽさってやつをさ。」

208 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 02:05 ID:???
 未だライブという一種の「報酬」を目的としてリハーサルしていたにもかかわらず、
いったんレコーディングスタジオに場所を移してしまうと――スタジオは未完成で
EMIから借りた機材を持ち込んでいたにも関わらず――彼等の日常はより集中度が増していた。
アップル本社での第一週に、「For You Blue」「Get Back」「Don't Let Me Down」は
すべて「正しく」レコーディングされた。結局、その映画がどんなものになるにしろ、
ぴったりの最終シーンを与えるために、二つのライブセットがフィルムに納められることが決定した。
このアルバムの4つのトラックは、サヴィル街3の屋上での予告なしのお昼休みコンサートで
レコーディングされたものである。凍えるような風の中で演奏した、ビートルズの
1969年1月30日の公開コンサートは、結局最後のコンサートとなった。翌日、彼等はスタジオで、
屋外演奏向きではない大人しめの3曲を演奏している姿をフィルムに納めた。

 1969年の初夏の間に「Get Back」と「Don't Let Me Down」がシングルとしてリリースされ、
全世界でチャートのトップの座についた。この頃までには、ビートルズはEMIスタジオでの精力的な
マルチトラックのレコーディング方法に逆戻りしていた。このセッションで製作されたのは
彼等のラストアルバムである「Abbey Road」で、このアルバムは10月に1位に輝いた。
興味深いことに、このアルバムの収録曲のうち12曲は1969年の1月のトゥイッケナムセッションと
アップルセッションで提案されたものであった。

 ビートルズとジョージ・マーティンはこの新しいアルバムに持てる力すべてを注ぎ込んでいたので、
彼等には前のプロジェクトの膨大なライブテイクを整理する時間は一切なかった。グリン・ジョンズは
来るべき映画のドキュメンタリー的な本質に即した『Get Back』というタイトルのアルバムを
編集するよう依頼された。彼はスタジオでのおしゃべりと選り抜きの未完成のテイク、
そしてリハーサル演奏とも呼べないようなものをいくつかフィーチャーしてレコードの体裁を整えた。
その年の間に発売日が何度か発表され、1970年の1月下旬には先行して発表された曲順が
修正されたにも関わらず、アルバムは結局却下された。

209 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 02:06 ID:???
 お流れになったレコード作りは、プロデューサーとしてフィル・スペクターがプロジェクトを
完成するために引っ張り込まれ、最後にはリリースされた。発表直前の映画でフィーチャーされた歌を
反映させるためにオリジナルの楽曲リストに2曲が付け加えられた。『Let It Be』の中でビートルズが
「Across The Universe」を演奏しているシーンがあったので、これもアルバムに含めることが決まった。
1968年2月の彼等のレコーディングは「No One's Gonna Change Our world」と呼ばれる
世界野生生物基金(WWF)のチャリティLPとして先頃発売されていた。しかしスペクターは、
意味ありげにテープの速度を落とし、オーケストラとコーラスを加えることによって新たなバージョンを
作り上げた。同じく「I Me Mine」の初期のリハーサルが映画で取り上げられていたために、
この曲は1970年1月にレコーディングされ、それから数カ月後にスペクター流にアレンジされた。

 アメリカで1位をとったシングルを3曲もフィーチャーし、チャート上位に食い込んだアルバムを
失敗作とは呼びがたいが、ビートルズにとっては『Let It Be』プロジェクトは未完成の仕事という
体裁を残していた。その製作時の思い出は、その時期のみじめな人間関係と、グループを
ばらばらにしてしまいそうな緊張感によって汚されていた。しかし、実際には、グループの演奏が
タイトで皆一丸となっていたことが、今回のミックスから分かるはずである。リンゴによれば、
「あの当時はおいら達の間には数多くの感情的な諍いが続いていたけれども、いつもおいらが
感じていたのは、ひとたびカウントに入れば、おいらたちは前のような親友且つミュージシャン
仲間に戻っていたってことさ。そしてこの削ぎ落とされたバージョンを聴けば……僕が仲間の
誰かに言った通りさ、『悪くないバンドだ!』」。

210 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 02:07 ID:???
 同じくポールも『Let It Be... Naked』に夢中になっている。「これはむき出しのテープ、
むき出しの真実に過ぎない、ところがこのリミックスバージョンのすごいところは、
今日の技術によって、ずっと音がよくなってるってことなんだ」。

 これこそ今日のデジタル時代におけるひとつの奇跡であり、
ビートルズの魅力が永遠に不滅であることを確信させてくれるのものなのだ。

ケビン・ホーレット
2003年8月

211 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 02:47 ID:???
おまけ:デレクたんの「甲虫楽団売り出し中」解説(てきとー訳)

BEATLES FOR SALE

これは4人による4枚目のアルバムである。「Please Please Me」、「With The Beatles」、
「Hard Day's Night」。この3枚。さて今回は……「Beatles For Sale」だ。

この青年たち本人が売り出し中というわけではない。お金は、やかましいものではあるけれども、
それそのものが*そんなふうに*やかましく声をたてるわけではない。しかしこのアルバムは
買うことはできる――おそらく君はすでに購入済みなのだろう、ただの冷やかしでなければ、
もしその場合には、ジャケットに汚い指紋を一切残さないこと!

これはすべて時代の産物とか、単なる流行りものなどではない。これらのカバーの間には金では
計ることのできない歴史があるのだ。我々は皆若返ることなどできはしない。ひと世代ばかり先、
放射能やら、タバコを吸う子供やら、土星へのピクニックやらの実現した未来に、ビートルズ現象とは
なんだったのかと聞かれた時――「君、本当に彼等を*知って*いたのかい?」なんて聞かれたとき
――長髪と悲鳴の説明に終始しないように! ただこのアルバムから数曲を子供たちに聞かせるだけで、
彼等はきっとビートルズ現象がなんだったのかを理解するに違いない。西暦2000年の子供たちは、
今の我々と同じように、その音楽から満足感と興奮を得ることができるだろう。

なぜならビートルズの魅力は、おそらく、永遠に不滅のものだからである。あらゆる境界線や障害を
ぶちこわし、人種や年齢や階級の違いを克服してきた、彼等の魅力は世界中のあこがれの的なのだ。

212 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 02:48 ID:???
このアルバムにはビートル音楽のすばらしいサンブルがいくつか収録されている。
例えば、世に比類なきジョン・レノンとポール・マッカートニーによって作られた8つの新曲が
収録されているし、新曲にまじって、過去の非凡な10年間の音楽的遺産から選ばれた6曲が
納められている、たとえば「Kansas City」や「Rock And Roll Music」のような曲が。すばらしい。

このアルバムの製作には、献身的な勤勉さでもって多くの時間と忙しい日の夜(hard day's nights)が費やされた。
このアルバムは金儲けのためのやっつけ仕事とクリスマス用の古くさい代物との混合物などではないのである。

レノン=マッカートニー作品のうち少なくとも3曲は、ジョンが「I Feel Fine」をひねり出すまで、
真剣にシングルリリースを念頭に作曲されたものである。その3曲とは「Eight Days A Week」、
「No Reply」、「I'm A Loser」である。それぞれチャートのトップに躍り出たかもしれないが、
それらの曲はこのLPを飾ることとなり、他のアーティストたちへの手本となることになったのだ。
ほかのアルバムと同様、ビートルズは普通に市場が要求する分を遥かにこえる価値を投入しているのである。

効果を狙っているにも関わらず、ビートルズとそのレコーディングマネージャーであるジョージ・マーティンは、
いくらかの目新しさを滑り込ませるのに、ギミックやレコーディングのトリックはほとんど使っていない。
例えば「Mr. Moonlight」のドラマ導入部におけるポールのハモンドオルガンなどはその例で、
またこの曲では初めて、ジョージ・ハリスンが時代遅れのアフリカン・ドラムを叩くのに採用されている、
なぜならリンゴはスタジオのどこかでボンゴを叩くのに忙しかったのだ。
ジョージの太鼓はトラックに残っているが、ボンゴは後に除かれた。
リンゴは「Every Little Thing」でティンパニを演奏し、「Rock And Roll Music」のトラックでは
ジョージ・マーティンがピアノでジョンとポールに参加している。「Words Of Love」では、リンゴが木箱を叩いている。

213 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 02:48 ID:???
それ以上に、これはまぎれもなく1964年のレコード作りなのである。世界的に見ても、この種のものの中では
まさに第一級のものである。ここにはステージで再現できなさそうなものはほとんど皆無に等しい、
そういうものは、ポップミュージックの学生や批評家ならご存じの通り、めったにないことなのである。

ということで、これだ。この時点でのベストアルバム――と、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴは言い切っている――
4人が作り上げた、ここに詰まっている全てのものが、前代未聞の大いなる魅力なのだ。
ジョンの生声、ポールの美しい旋律、ジョージの演奏、そしてリンゴからのボーナスが詰め込まれている。
誰が何をやったか正確に知りたいという向きのために、それぞれのタイトル脇に詳細を記している。

デレク・テイラー

214 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 02:51 ID:???
これで一応ライナーノートは全部訳したyo
おまけCDは英語の聞き取りができないからパスー

215 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 04:32 ID:???
おつ。
んじゃ次は誰かおまけcd聞き取り翻訳おながい。

216 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 12:47 ID:???
このスレには神がいる。

217 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 12:59 ID:???
God only knows

218 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 13:13 ID:???
ゴッドゴッドゴッド〜♪

219 :ホワイトアルバムさん:03/12/05 21:35 ID:eTlBOpkZ
神の仕事を見よ!
これでネイキッドの訳はすべて完璧にできた!
あとは、このスレのリンクをありとあらゆるビー関連HPに貼れ!
CCCD化を阻止するぞ!!

220 :ホワイトアルバムさん:03/12/06 00:24 ID:???
英語読めるようになりゃいいじゃん。

221 :ホワイトアルバムさん:03/12/06 02:05 ID:???
>>219
おめでてーやつだな

222 :ホワイトアルバムさん:03/12/06 02:06 ID:???
エセ銀盤購入組がやってきましたね。

223 :ホワイトアルバムさん:03/12/06 03:04 ID:???
>>221
貴様は早まって日本盤を買ったものだから、悔しいのですね。

224 :ホワイトアルバムさん:03/12/06 03:41 ID:zDpEOvu5
>>221
ここは英語に不自由なのにビートルズを聴く人の為のスレなので来ないで下さい。

225 :ホワイトアルバムさん:03/12/06 03:46 ID:???
英語読めない低脳ビーヲタ晒し上げwwwwwwwwww


226 :馬津:03/12/06 09:39 ID:bdxepgPD
ワシは頭が悪くて英語なんて読めないのでここの神には感謝感謝じゃて。
日本語もままならん。

227 :ホワイトアルバムさん:03/12/07 05:57 ID:Sw+lr4Af
俺も英語は読めないので非常にありがたいです。


228 :ホワイトアルバムさん:03/12/07 21:20 ID:???
俺は英語しか読めないので原文希望

229 :ホワイトアルバムさん:03/12/07 23:19 ID:???
>>228
UK盤買えよ

230 :ホワイトアルバムさん:03/12/08 01:46 ID:???
>>228
英語しか読めないのに何故レスは日本語なの?

231 :ホワイトアルバムさん:03/12/10 21:32 ID:uQ/dgzUw
まじ、このスレは神がいるな!
これで、ボーナスCDとライナーの訳のみに
存在意義がある国内盤(糞CCCD)は、必要なくなった。万歳!


232 :ホワイトアルバムさん:03/12/13 01:36 ID:r0d+bMcW
東芝分ッツぶれろよな! 屑の国内盤は買う価値なし。このスレがある限り。


233 :ホワイトアルバムさん:03/12/13 01:50 ID:???
まだ訳せてないんだw
独りで吠えてろ

234 :ホワイトアルバムさん:03/12/13 01:52 ID:???
アオ〜ン

235 :ホワイトアルバムさん:03/12/13 14:28 ID:???
と東芝社員が負け犬の遠吠えをしております(w
>>233
訳なら全部完璧にこのスレにありまっせ。

236 :ホワイトアルバムさん:03/12/13 14:44 ID:???
蠅まだなのか

237 :馬津:03/12/13 14:57 ID:wDxk0A4J
そうこのスレがあるから
LPも国内盤待つ必要なし。
EU盤買ったよ。

238 :ホワイトアルバムさん:03/12/17 00:47 ID:NBlswPPY
俺の求めていたのはこれだよ。ついに見つけた。何を。訳を。万歳!!

239 :ホワイトアルバムさん:03/12/17 03:32 ID:kIrdMXUT
汽車を待つ君(リンダ)の横で僕(ポール)は、トイッケナムを気にしてる。

240 :ホワイトアルバムさん:03/12/17 03:49 ID:???
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
                 , ─ヽ
________    /,/\ヾ\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|__|__|__|_   __((´∀`\ )< というお話だったのさ。めでたしめでたし
|_|__|__|__ /ノへゝ/'''  )ヽ  \_________
||__|        | | \´-`) / 丿/
|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/
|__|| 从人人从. | /\__/::::::|||
|_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||
────────(~〜ヽ::::::::::::|/        = 完 =



                   ,.-―っ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                人./ノ_ら~ | どんなお話だ
           从  iヽ_)//  ∠    ゴルァ
          .(:():)ノ:://      \____
          、_):::::://(   (ひ
          )::::/∠Λ てノし)'     ,.-―-、   _
______人/ :/´А`)::   (     _ノ _ノ^ヾ_) < へヽ\
|__|__|__( (/:∴:::(  .n,.-っ⌒    (  ノlll゜∀゜) .(゜Д゜llソ |
|_|__|_人):/:・:::∵ヽ | )r'        ー'/⌒ ̄ て_)~ ̄__ イ
||__|  (::()ノ∴:・/|::| ./:/         /   ̄/__ヽ__/
|_|_| 从.从从:/ |__|::レ:/      ___/ヽ、_/
|__|| 从人人从 ..|__L_/      .( ヽ     ::|
|_|_|///ヽヾ\ .|_|_     /⌒二L_    |
────────       ー'     >ー--'



241 :ホワイトアルバムさん:03/12/25 01:03 ID:cHgH1xAS
聖夜に神の仕事を堪能しよう!

242 :ホワイトアルバムさん:03/12/31 11:04 ID:DD+XuEOG
大晦日にあげるか!
神よ、今年はありがとう。そして来年は良き年でありますように!

243 :ホワイトアルバムさん:04/01/07 20:50 ID:lTiQwjrt
ネイキッド国内盤の中古がレコファンに大量に置いてあった。
1800円だったかな?

244 :ホワイトアルバムさん:04/01/15 04:58 ID:???
ほしゅ

245 :ホワイトアルバムさん:04/01/28 23:59 ID:7CthynmE
腐れ東芝に氏の鉄槌を!

246 :ホワイトアルバムさん:04/02/14 01:16 ID:sK4DJfYc
今からでも遅くはない!
ネイキッド購入を考えている者は、れこファソで1580円で買え!
訳なら全部このスレにある。

247 :ホワイトアルバムさん:04/03/02 13:23 ID:???
George Harrison
the dark horse yaers 1976-1992

the history of dark horse 1976-1992

 1976年は、ジョージ・ハリスンのEMI(パーロフォン)とのレコーディング契約が終
了した年として記憶に残っています。EMIとの契約は、まず最初に1961年にブライアン
・エプスタインを介してグループとしてのビートルズに対して取り交わされ、1967年
にはソロアーティストとしての権利を追加して更新されました。

 14年という年月の間にリリースされたのは13枚のビートルズとしてのアルバムと、
何枚かのコンピレーションアルバム、6枚のソロアルバムでした。ジョージは先を見越
して1974年に自身のレーベルを立ち上げて、そのレーベルへの異動を心待ちにしてい
ました。しかし彼が契約義務を満了するまでにはまだ2年あり、ダークホース・レコー
ドはジョージを迎え入れるべく準備を整えていました。


248 :ホワイトアルバムさん:04/03/02 13:24 ID:???
 ダークホース・レーベルは当初、ハリウッドのラ・ブレア・アベニューにある古い
チャーリー・チャップリン・スタジオに属した、ハーブ・アルパートとジェリー・モ
スのA&Mレコードから配給されるはずでした。1974年11月、私はジョージを新しいオ
フィスに迎え入れるべくその場にいたのです。私たちは二階建てのバンガローの一階
を、ロウ・アドラーのオード・レコードと分け合っていました。過去2年に渡りA&Mで
働くなか、私はジョージがレコード会社を問わず大いに富をもたらすことを身を以て
知りました。彼がビートルズの一員だった頃はもちろんのこと、バンドの崩壊後にも、
ジョージの最初のソロアルバム『オール・シングス・マスト・パス』はナンバーワン
に輝きました。『バングラデシ・コンサート』と『リヴィング・イン・ザ・マテリア
ル・ワールド』も今もって記憶に新しく、私たちは皆、ジョージを大いに尊重したも
のでした。

 ジョージは彼自身のアルバムである『ジョージ・ハリスン帝国』をA&Mのスタジオで
レコーディングする一方で、多くの時間をダークホースのオフィスで過ごしました。
2年の間に、彼のレーベルに所属したアーティストたちは8枚のアルバムをリリースし
ました。ラヴィ・シャンカール、バンド・アティテュード(と友人のジム・ケルト
ナー)、シェフフィールド出身の二人組であるスプリンター(ジョージによるプロ
デュース)、R&Bのボーカル・グループであるステアステップ、ジョー・コッカーの元
ギタリストだったヘンリー・マッカロウ、ジーヴァという名のカリフォルニアのバン
ドがダーク・ホースに名を連ねました。


249 :ホワイトアルバムさん:04/03/02 13:24 ID:???
 ジョージが33&1/3(彼にとってはこのレーベルからの初アルバム)をリリースしよ
うとした時にはすでに、ダークホースはバーバンクにあるワーナーブラザーズに移籍
していました。モー・オースティンは、トラベリング・ウィルベリーズとの2枚のアル
バムを含む、ジョージのソロの音楽活動の残りの作品の契約に携わりました。ジョー
ジはワーナーに加わることを楽しんでおり、33&1/3の「ジス・ソング」のビデオク
リップにワーナーブラザーズのスタッフを起用したり、ついにはモー・オースティン
と終生の友となるほどに近しい間柄となりさえしたのでした。

 1976年から1992年の間に、ジョージは6枚のダークホースのアルバムをレコーディン
グしました。これらのアルバムには、「シー・ユアセルフ」や「ノット・ギルティ」
を含むビートルズ時代に書かれた曲から、『リーサル・ウェポン2』の監督ディック・
ドナーの依頼によって書かれた「チアー・ダウン」に及ぶ曲が含まれていました。
ジョージの曲のうち何曲かは、彼の会社であるハンドメイド・フィルムが製作した映
画にフィーチャーされたものがあり、大いに話題にはなったもののほとんど見てもら
えなかったショーン・ペンとマドンナの映画のための「上海サプライズ」や、テリー
・ギリアムの『バンデットQ』のための「オ・ラ・イ・ナ・エ(ドリーム・アウェ
イ)」がそれらに含まれます。


250 :ホワイトアルバムさん:04/03/02 13:25 ID:???
 アルバムを年代順に聴いてみると、ジョージが作曲家、ギタリスト、そして求道者
として成長していることは明らかです。「ミステリカル・ワン」と「ユア・ラブ・イ
ズ・フォーエバー」は私が特に好きなバラードで、エリック・クラプトンならば魂の
ラブソングとして表現するような類のラブソングです。実際のところ、ジョージは「ミ
ステリカル・ワン」を書くにあたってはエリック(「ゆらめききらめくスローハン
ド」)を意識しています。「デヴィルズ・レイディオ」はゴシップに対する彼一流の
批判であり、「ライフ・イットセルフ」「サークルズ」「ディア・ワン」は彼の精神
性の純粋な表現なのです。彼は他の人々同様に自分自身のために曲を作っていたもの
の、商業的な成功ということは考えもしませんでした。

これらのアルバムの中には、他のアルバムよりも高く称讃されたものもあります。そ
れに加え、彼の曲づくりにおいては、レコーディングセッションでの他のミュージシャ
ンとの交流も報酬であると言えました。ジョージの創造性、興味、言葉にならない感
情は全て余さず、彼の音楽に注ぎ込まれたのです。ひとたびアルバムが発売されれば、
そこからは彼にとってはあまり楽しめない部分(プロモーションや報道)が始まりま
した。その時々によって、彼は全身全霊を込めて協力したり、まったく協力しなかっ
たりしました。結果がどうであれ、彼は認められたかどうかはおかまいなしに、再び
曲づくりに励みはじめたものでした。


251 :ホワイトアルバムさん:04/03/02 13:25 ID:???
こうしてダークホースは振り出しに戻ってきたのです――2002年からEMI/パーロフォ
ンに戻り――そして七つ頭の馬は今持ってダークホースのロゴで疾走しているのです。

ジョージは何度もインドを訪れていましたが、そんなある日、ブリキ缶の側面に七つ
頭の馬が描かれているのが彼の目に留りました。常々神秘的なシンボルを好んで鑑賞
するところのある彼は、その小さな缶をイギリスに持ち帰り、ダークホース・レコー
ドのロゴとして採用したのでした。

ウッチャイヒシュラヴァとして知られる七つ頭の馬は、しばしばインド美術や神話(プ
ラーナ)に登場します。その起源の物語は、神々の力が衰えた世界を、あまたの悪魔
が跋扈していた時代に遡ります。ヴィシュヌ神は全ての源である海を攪拌することに
より、アムリタ(不死の妙薬)を作り出しました。七つ頭の馬であるウッチャイヒシュ
ラヴァは、女神ラクシュミーや他の生き物たちと同じく、その乳海から出現しました。
他の物語のあるものにおいては、この魅力的な馬はクリシュナとその弟子アルジュナ
の乗る戦車を引いています。時としてこの馬は、太陽神スーリヤの戦車に繋がれたり、
インドラ神の乗物に繋がれたりもするようです。


252 :ホワイトアルバムさん:04/03/02 13:25 ID:???
西洋においては、ご存じの通り、隠れた才能を持つ人物のことをしばしばダークホー
スと呼びますが、ジョージはこのダークホースに親近感を覚えていました。ジョージ
にとっては、東洋と西洋の暗示をともに含む象徴によって自己を表現することは、お
かしなことでもなんでもなかったのです。

「自分の選んだイメージを創造し、保ちなさい」とマハトマ・ガンジーは言いました。
これはジョージがたびたび使った引用であり、彼の音楽や彼自身の他のイメージと同
様に、じっくりと考え抜いてこの馬を選んだのです。

ジョージの名前と音楽は彼自身の計画に従っています。ジョージはこのシンボルを、
その音楽的遺産の看板として選びました――そして今、その遺産はこの物質世界とそ
れを超えた遥かなる精神世界に、しっかりと刻み込まれたのです。

オム

オリビア・ハリスン
2003年11月
オックスフォードシア、イングランド


253 :ホワイトアルバムさん:04/03/03 22:35 ID:???
ageてみますよ。

254 :ホワイトアルバムさん:04/03/03 23:32 ID:aEfYeGNP


255 :ホワイトアルバムさん:04/03/06 18:09 ID:1ppavwqV
>>247-252
乙!! 感謝!!

256 :ホワイトアルバムさん:04/03/07 21:47 ID:???
george harrison dark horse

ジョージ・ハリスンが1981年に出したアルバム『Somewhere In England』のオリジナ
ルのインナースリーブの一番上には、バガヴァット・ギータから引用されたスリ・ク
リシュナの言葉がある。「未だかつて私が存在しなかった時代、あるいはおまえが存
在しなかった時代はなかった。そしてこの先も、我々は未来永劫その存在を終えるこ
とはないだろう」。この言葉は、友人でありビートルズの盟友であったジョン・レノ
ンに対する、ハリスンからの献辞である。

この言葉は教訓であり、慰めである。なぜならこの言葉はハリスン自身もこの世界に
今もって確かに存在しているという確証を与えてくれるものだからだ。特にこのコレ
クションに収められたレコードにおいては。

ハリスンの音楽人生は全体として、バランスのとれた内なる平穏、すなわちロックン
ロールによる世俗的な報酬とさらなる高尚な永遠の知恵との調和を探し求めるもので
あった。これら6枚のアルバムは彼の音楽人生の大きな部分を占めており、それ抜きに
は彼に関する理解は充分とは言えないのである。暖かく魂を揺さぶる歌唱、鮮やかな
までに鋭いギター演奏、俗っぽい歌詞にみる茶目っ気や穏やかな祈りからなるこの素
晴らしき集大成は、長い間その再発が――そして、さらに重要なことに、共有される
ことが――切望されていた。「時間さえかければ、愛はあらゆる人に届くのだ」とハ
リソンは「Love Comes To Everyone」の教会の鐘のような軽やかな音と喜びに満ち満
ちた歩みに重ねて歌った。その時が来たのだ。


257 :ホワイトアルバムさん:04/03/07 21:47 ID:???
1970年にビートルズが解散して、その意気揚々として豪華なるソロデビュー作『All
Things Must Pass』によって嘆き悲しむ人々を驚かせた時点で、ハリソンはまだたっ
たの26歳であったことを思い起こしていただきたい。さらに思いを馳せれば、このボッ
クスに収録された音楽を彼自身のレーベルであるダークホースで作りはじめたとき、
彼はちょうど33歳だった。その先16年の間に、彼は映画をプロデュースし、熱心な庭
師となり、父親となり、レノンを想い嘆き悲しみ、エリック・クラプトンやボブ・ディ
ラン、ラヴィ・シャンカールなどの友人や恩師と共演し、最後には、ツアーを行った。
ハリスンの壮年期は、豊かで、多忙で、創作的な活力に満ち満ちた期間であって、彼
の曲にはそのキャリアの中でも白眉のギター演奏と、穏やかな自信に満ちた歌唱、そ
ういったものがすべて込められた。アルバムを出す間隔は次第に間遠になっていった
ものの、ハリスンはもはや自称したような音楽業界的なセンスでいうところの「ソロ
・アーティスト」などではなかった。彼は再び、まったき一個の芸術家となったので
ある。

「ジョージはロックスターであることに熱心ではなかったけれども、ロックンロール
を演奏するのは大好きだったんだ」とジェフ・リンは述べている。彼は80年代半ばに
『Cloud Nine』の共同プロデュースの話を持ち掛けられたときに初めてハリスンと出
会い、ハリスンのその後の人生における親友となった。リンは続ける。「セッション
も終わりの方になって午前2時を回るころには、僕らはちょっと酔っぱらいつつ自分達
の仕事の成果を聞き返し、それから他の曲、彼のお気に入りの曲を一緒に演奏し始め
るんだ。彼は有名になろうといった下らないことは好きじゃなかった。でも音楽を作
るのは大好きだったし、レコーディングするのも大好きだったんだ。彼はデモテープ
を作るのが実に好きだったな――曲をさっさとやっつけると、それを放り出しっぱな
しにしちゃうんだよ」。


258 :ホワイトアルバムさん:04/03/07 21:48 ID:???
「ギター、ベーシック・ドラム、アナログのテープ――そういうやり方が僕は好きな
んだ」と、ハリスンは数年後に<ローリング・ストーン>誌に対して認めている。「流
行に合わせたりはしないよ。僕のズボンは6か月毎に太くなったり細くなったりはしな
い。僕の音楽もただひたすらにあるがままの形で留まるんだろうし、それが大事なん
だよ」。このレコード群から聴き取れるのはまさにそのことなのだ。すべてがうまく
いったときの、最も正直で音楽的に純粋なハリスン、ハリスン自身の聴きたいものの
演奏、ハリスン自身の音楽をこう聴きたいというやり方、そういったものなのだ。

そういった時期のうちで一度、1976年11月に『33&1/3』のリリースを祝すためにワシ
ントンD.C.で行われた握手会で、私はハリスンに会ったことがある。彼は私の手を温
かく握り、プロモ用写真にサインをし、私の友人のカメラのためにその神秘的な笑顔
を輝かせてくれた。それは私にとってめくるめく時間であり、彼の曲を聴く時の私の
姿勢、特にこのレコードを聴くときの姿勢を変えてしまった。私は歴史上の人物では
なく、一個の人間としての彼と話をしたのであり、その人物こそ、私が『33&1/3』に
感じたものだったのである。私が見いだしたのは、自動車とスピードに夢中になって
いたり(「It's What You Value」における450や「マニュアル車」への言及)、フラ
イヤー・パークの自邸で楽しそうにしていたり(「Crackerbox Palace」のためのエ
リック・アイドルによるビデオで見ることができる)、かの悪名高き「My Sweet
Load」裁判で「意図せざる剽窃」により有罪であると見なされた後に法廷や弁護士た
ちにうんざりしてみたり(「This Song」は彼自身の見解を示している)、「Beautiful
Girl」のてらいない賞賛でさえその心情を伝えるには足りないといわんばかりに未来
の妻となるオリヴィア・アライアスに愛情を示している、一人の男の姿だった。彼は
コール・ポーターの「True Love」をカバーした。


259 :ホワイトアルバムさん:04/03/07 21:48 ID:???
また、『33&1/3』においてはジョージのサウンドが断然のびのびとしている。それは
このレコードの彼の快活かつ折り重なるヴォーカルと、特に「Woman Don't You Cry
For Me」で見られるような威勢のいいバイウー・カウンティ風のフレーズにおいて終
始溢れている。彼は1974年にダークホース・レコードを、自分自身や他のアーティス
トのための安息所として立ち上げたが、本来のパートナーであったA&Mとの権利上のい
ざこざにケリをつけ、EMIとの最後のしがらみを解消するまで、ハリスンは真の意味で
の独立というものは味わってはいなかった。『33&1/3』はハリスンにとっては『All
Things Must Pass』以来の改心のレコードというだけではなく、初めて自身のレーベ
ルから自分の名前を付して出したものなのである。

『George Harrison』の頃になると、彼はそのレーベルで活動する唯一のアーティスト
になっていた。パンクロックの乱立とヒップホップ全盛の時代の時代にあって、レコー
ド業界がアルバムの出来の善し悪しを何千万枚売れたかで計ることに酔いしれていた
一方で、ハリスンは文字どおりの意味でのポピュラー音楽を作っていた。70年代から
80年代の彼のダークホーススタジオのLPのうち、『Gone Toroppo』以外は全てビルボー
ドのトップ20に入り、『Cloud Nine』はトップ10を記録した。



260 :ホワイトアルバムさん:04/03/07 21:49 ID:???
今回まとめて聴いてみると、これらのレコードは兄弟のように、広大な続きものとし
てもともと出版されていたボックスセットだったように思えてしまう。それはメロ
ディーに対する注意深さとハリスンのギター演奏の簡潔さと大いに関係がある。状況
に関係なく――ビートルズの歌、彼自身のアルバム、他の誰かのセッションでのソロ
やブレークなど――彼は一音一音を計算し尽くしていた。「ジョージは、スタジオの
中で、ギターソロをひねり出すのにものすごい時間を費やしていたものだった――本
当に手早く出来た曲なんて一つもなかったよ」と、ビートルズのエンジニアだったジェ
フ・エメリックはかつて述べた。ジェフ・リンは『Cloud Nine』を製作する中で、直
に興味深い体験をしていた。「彼にとってはギターのパートは重要な部分だったんだ、
ボーカルと同じくらいにね。彼のソロ作品がいつまでも印象に残るのは、彼がその曲
の中にたくさんの考えを投入していたからだよ」『Goerge Harrison』の「Blow Away」
の澄んで流れるようなスライドを聞いてみてほしい。あるいは『Gone Toroppo』の
「Greece」で聴かれる日差しの下のそよ風のようなドブロを。そして『Cloud Nine』
の「Wreck Of The Hesperus」におけるエリック・クラプトンの激しい金属音に覆われ
た力強いクラック音を。

アルバムを聞く人はハリスンと一緒に笑ったり祈ったりできる――彼はこれらのレコー
ドで笑いと祈りに同じくらい重きをおいている――しかし彼の最も偉大な作曲は、崇
拝と変容の精神の中でなされたものだった。彼の初めて且つ唯一の北米ソロツアーの
間をぬった1974年のインタビューにおいて、ハリスンはアイデンティティ――ビート
ル・ジョージであるという重圧――に関する質問にを次のように答えていた。「ガン
ジー曰く、『自分の選んだイメージを創り、それを保て』」と。ハリスンは自分自身
をスターであるとか伝説である等とは考えておらず、むしろ探求の人・職人・負け組
だとみなしていた。彼の精神的でロマンチックな歌詞の多くに登場する「you」は修辞
的なものである。それらは宗教的な自省、人々と共有される祈りの歌なのだ。彼は名
声を嵩にきて壇上から歌っていたわけではなく、何かを敬愛しつつ、しばしば地平に
ひざまづいていたのだ。


261 :ホワイトアルバムさん:04/03/07 21:50 ID:???
1976年に私が彼に会ったまさにその日、<ローリング・ストーン>誌の記者と話をす
る中で、ハリスンはお決まりのビートルズ再結成に関する質問に次のように答えてい
た。「ビートルズというのは遥か昔の別人なんだよ。彼等は歴史上の人物なんだ、1492
年あたりのね」。しかしビートルズのもたらすハリスンへの影響は最後まで絶えるこ
とはなかった。

これらのアルバムのために、しばしば彼はこれまでレコーディングしなかった曲やデ
モテープに立ち返った。「See Yourself」「Not Guilty」「Circles」等は、すべて元
をたどればビートルズ時代のものなのである。『Live In Japan』で聴くことができる
エリック・クラプトンのバンドとの1991年の日本ツアーでは、彼は遥か昔にさかのぼっ
て「Old Brown Shoe」や、例の面白おかしなフィルハーモニック風のコーダも完璧に
再現した「Piggies」を演奏した。ジェフ・リンと共作の「When We Was Fab」では、
ハリスンは嬉々として1967年のけばけばしいお祭り騒ぎの空気を、明快に皮肉った態
度で再現したのだった。そしてレノンが死んだ時には、「All Those Years Ago」が
『Somewhere In England』において、優しい癒しの曲として目玉となった。そこには
(リンゴ・)スターの弾むようなドラム、マッカートニーとその妻リンダのハーモニー
が加えられ、ハリスンは成功やヒステリー現象、欲求不満や仲たがいの中にあってな
お絶えることのなかった愛を歌った。「善と悪に揉まれつつ暮らしながら/僕はいつ
でも君を尊敬していたのだ」。ビートルズはハリスンの人生を変容させ、限定し、複
雑なものにした。ビートルズは善しにつけ悪しきにつけ、彼の人生の大部分を占めて
いた――そして彼はそのすべてをこれらのアルバムに投入したのだ。


262 :ホワイトアルバムさん:04/03/07 21:50 ID:???
もし何らかの理由でハリスンのダークホース時代に関して知っているつもりのことを
すべて忘れたとしても、次の2点は指摘しておきたい。「Here Comes The Moon」は彼
の『Abbey Road』の古典ともいえる「Here Comes The Sun」への豪華な続編であり、
コーラスラインには乳液の滝のようなハーモニーを伴っている。それから「Got My
Mind Set On You」における、隙のない、ボーカルを強調した導入部がある、この曲は
彼の最後のナンバーワンになったヒット曲で、ハリスンがビートルズ黎明期から憧れ
ていたジェームス・レイの1962年のR&Bシングルのカバーである。

しかしまもなく、あなた自身が喜びを見いだすだろう。このスペシャルセットにおい
て、これらの歌とパフォーマンスを振り返ることによって、愛は全ての人のもとに届
くのだ。いま一度。

ディビッド・フリック、2003年11月



263 :ホワイトアルバムさん:04/03/07 22:09 ID:c1ikGBIS
ZEPモキター

264 :ホワイトアルバムさん:04/03/07 22:10 ID:4z7bxkrP
どうもありがとう。ご苦労さまでした。

265 :ホワイトアルバムさん:04/03/07 22:22 ID:???
本当にありがとう。

266 :ホワイトアルバムさん:04/03/07 22:22 ID:???
お疲れー

267 :ホワイトアルバムさん:04/03/08 00:04 ID:???
別スレ33さん。
6日もかけてお疲れ様!本当に感謝です。

268 :ホワイトアルバムさん:04/03/08 01:31 ID:???
一つだけほんの小さい事言わせて。
>ロウ・アドラーのオード・レコード
「ルー・アドラー」の方が日本では通りがいいと思う。
それにしても、素晴らしい訳だなあ。日本語解説付買うより、
これをプリントした方が全然価値あるよ。

269 :ホワイトアルバムさん:04/03/08 02:10 ID:???
ファンタスティック!!!!!!

270 :別スレ33:04/03/08 02:28 ID:???
BOXのブックレットですが、落丁のせいでオリヴィアさんの文が
ロゴの解説で分断されていたのですな。どうもおかしいと思った……。
明日にでも前半部分の改訂版を出しますので、少々お待ち下さい。

271 :別スレ33:04/03/08 02:32 ID:???
>>268
ご指摘どうもですー、修正版にはそのように直しときますね。
そういえばハリスンとハリソンが混在しているのも変ですな(w
詰めが甘くて申し訳なし。

272 :ホワイトアルバムさん:04/03/08 03:19 ID:???
>>247-252修正版

George Harrison
the dark horse yaers 1976-1992

the history of dark horse 1976-1992

1976年は、ジョージ・ハリスンのEMI(パーロフォン)とのレコーディング契約が終
了した年として記憶に残っています。EMIとの契約は、まず最初に1961年にブライアン
・エプスタインを介してグループとしてのビートルズに対して取り交わされ、1967年
にはソロアーティストとしての権利を追加して更新されました。

14年という年月の間にリリースされたのは13枚のビートルズとしてのアルバムと、
何枚かのコンピレーションアルバム、6枚のソロアルバムでした。ジョージは先を見越
して1974年に自身のレーベルを立ち上げて、そのレーベルへの移籍を心待ちにしてい
ました。しかしジョージが契約義務を満了するまでにはまだ2年あり、ダークホース・
レコードは彼を迎え入れるべく準備を整えていました。



273 :ホワイトアルバムさん:04/03/08 03:19 ID:???
ダークホース・レーベルは当初、ハリウッドのラ・ブレア・アベニューにある古い
チャーリー・チャップリン・スタジオに属した、ハーブ・アルパートとジェリー・モ
スのA&Mレコードから配給されるはずでした。1974年11月、私はジョージを新しいオ
フィスに迎え入れるべくその場にいたのです。私たちは二階建てのバンガローの一階
を、ルー・アドラーのオード・レコードと分け合っていました。過去2年に渡りA&Mで
働くなか、私はジョージがレコード会社を問わず大いに富をもたらすことを身を以て
知りました。彼がビートルズの一員だった頃はもちろんのこと、バンドの崩壊後にも、
ジョージの最初のソロアルバム『All Things Must Pass』はナンバーワンに輝きまし
た。『Concert for Bangladesh』と『Living In The Material World』も今もって記
憶に新しく、私たちは皆、ジョージを大いに尊重したものでした。

ジョージは彼自身のアルバムである『Extra Texture』をA&Mのスタジオでレコーディ
ングする一方で、多くの時間をダークホースのオフィスで過ごしました。2年の間に、
彼のレーベルに所属したアーティストたちは8枚のアルバムをリリースしました。ラ
ヴィ・シャンカール、バンド・アティテュード(と友人のジム・ケルトナー)、シェ
フフィールド出身の二人組であるスプリンター(ジョージによるプロデュース)、R&B
のボーカル・グループであるステアステップ、ジョー・コッカーの元ギタリストだっ
たヘンリー・マッカロウ、ジーヴァという名のカリフォルニアのバンドがダーク・ホー
スに名を連ねました。

ジョージが『33&1/3』(彼にとってはこのレーベルから出る初めてのアルバム)を
リリースしようとした時にはすでに、ダークホースはバーバンクにあるワーナー・ブ
ラザーズに移籍していました。モー・オースティンは、トラベリング・ウィルベリー
ズとの2枚のアルバムを含む、ジョージのソロの音楽活動の残りの作品の契約に携わり
ました。ジョージはワーナーに加わることを楽しんでおり、『33&1/3』の「This
Song」のビデオクリップにワーナー・ブラザーズのスタッフを起用したり、ついには
モー・オースティンと終生の友となるほどに近しい間柄となりさえしたのでした。


274 :ホワイトアルバムさん:04/03/08 03:20 ID:???
1976年から1992年の間に、ジョージは6枚のダークホースのアルバムをレコーディン
グしました。これらのアルバムには、「See Yourself」や「Not Guilty」を含むビー
トルズ時代に書かれた曲から、『リーサル・ウェポン2』の監督ディック・ドナーの依
頼によって書かれた「Cheer Down」に及ぶ曲が含まれていました。ジョージの曲のう
ち何曲かは、彼の会社であるハンドメイド・フィルムが製作した映画にフィーチャー
されたものがあり、大きな話題にはなったもののほとんど見てもらえなかったショー
ン・ペンとマドンナの映画のための「上海サプライズ」や、テリー・ギリアムの『バ
ンデットQ』のための「オ・ラ・イ・ナ・エ(Dream Away)」がそれらに含まれます。

アルバムを年代順に聴いてみると、ジョージが作曲家、ギタリスト、そして求道者
として成長していることは明らかです。「Mystical One」と「Your Love Is Forever」
は私が特に好きなバラードで、エリック・クラプトンならば魂のラブソングとして表
現するような類のラブソングです。実際のところ、ジョージは「Mystical One」を書
くにあたってはエリック(「ゆらめききらめくスローハンド」)を意識しています。
「Devil's Radio」はゴシップに対する彼一流の批判であり、「Life Itself」
「Circles」「Dear One」は彼の精神性の純粋な表現なのです。彼は他の人々同様に自
分自身のために曲を作っていたものの、商業的な成功ということは考えもしませんで
した。



275 :ホワイトアルバムさん:04/03/08 03:21 ID:???
これらのアルバムの中には、他のアルバムよりも高く称讃されたものもあります。そ
れに加え、彼の曲づくりにおいては、レコーディングセッションでの他のミュージシャ
ンとの交流も報酬であると言えました。ジョージの創造性、興味、言葉にならない感
情は全て余さず、彼の音楽に注ぎ込まれたのです。ひとたびアルバムが発売されれば、
そこからは彼にとってはあまり楽しめない部分(プロモーションや報道)が始まりま
した。その時々によって、彼は全身全霊を込めて協力したり、まったく協力しなかっ
たりしました。結果がどうであれ、彼は認められたかどうかはおかまいなしに、再び
曲づくりに励みはじめたものでした。

こうしてダークホースは振り出しに戻ってきたのです――2002年からEMI/パーロフォ
ンに戻りました――そして七つ頭の馬は今持ってジョージの名前や音楽を、彼自身の
計画に従って紡いでいるのです。ジョージはこのシンボルを、その音楽的遺産の看板
として選びました――そして今、その遺産はこの物質世界とそれを超えた遥かなる精
神世界に、しっかりと刻み込まれたのです。

オム

オリビア・ハリスン
2003年11月
オックスフォードシア、イングランド


276 :ホワイトアルバムさん:04/03/08 03:21 ID:???
The Dark Horse Logo

ジョージは何度もインドを訪れていたが、そんなある日、彼の目に留まったのはブリ
キ缶の側面に描かれた七つ頭の馬だった。常々神秘的なシンボルを好んで鑑賞すると
ころのある彼は、その小さな缶をイギリスに持ち帰り、ダークホース・レコードのロ
ゴとして採用したのだった。

ウッチャイヒシュラヴァとして知られる七つ頭の馬は、しばしばインド美術や神話(プ
ラーナ)に登場する。その起源の物語は、神々の力が衰えた世界を、あまたの悪魔が
跋扈していた時代に遡る。ヴィシュヌ神は全ての源である海を攪拌することにより、
アムリタ(不死の妙薬)を作り出した。七つ頭の馬であるウッチャイヒシュラヴァは、
女神ラクシュミーや他の生き物たちと同じく、その乳海から出現した。他の物語のあ
るものにおいては、この魅力的な馬はクリシュナとその弟子アルジュナの乗る戦車を
引いている。時としてこの馬は、太陽神スーリヤの戦車に繋がれたり、インドラ神の
乗物に繋がれたりもするようである。

西洋においては、もちろん、隠れた才能を持つ人物のことをしばしばダークホースと
呼ぶのだが、ジョージはこの思いつきを気に入っていた。ジョージにとっては、東洋
と西洋の暗示をともに含む象徴によって自己を表現することは、おかしなことでもな
んでもなかったのだ。

かつてのマハトマ・ガンジーの言葉に「自分の選んだイメージを創造し、保ちなさい」
というものがある。これはジョージがしばしば引用した言葉であり、彼はその音楽や
彼自身の他のイメージと同じように、じっくりと考え抜いてこの馬を選んだのである。



277 :ホワイトアルバムさん:04/03/08 12:09 ID:???
実に!実にいい仕事だ〜!

278 :ホワイトアルバムさん:04/03/08 13:59 ID:???
歌詞をうpして下さる神はいませんか・・・?

279 :ホワイトアルバムさん:04/03/08 14:09 ID:???
それはむしがよすぎる。
歌詞のサイトならあるし。

280 :ホワイトアルバムさん:04/03/08 14:46 ID:???
これです
http://web.mit.edu/scholvin/www/harrison/harrison.html

281 :ホワイトアルバムさん:04/03/08 17:37 ID:???
これも
http://www.oldielyrics.com/g/george_harrison.html

282 :278:04/03/08 17:50 ID:???
あ、あの、訳が知りたいんですが・・・。

283 :ホワイトアルバムさん:04/03/08 17:53 ID:???
金出せ!金!

284 :ホワイトアルバムさん:04/03/08 21:52 ID:???
自分で訳せ!勉強になるぞ

285 :ホワイトアルバムさん:04/03/19 00:50 ID:???
age

286 :ホワイトアルバムさん:04/04/25 18:51 ID:RQ+hlL0o
ダークホースBOXの訳がこんなスレに置いてあるとは
知らなかった・・・。
感激。あげよう、ひっそりと(W

287 :ホワイトアルバムさん:04/06/12 21:47 ID:???
ありがたくないおまけcd

288 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 07:59 ID:E/RXkf/d
良スレ保全

289 :ホワイトアルバムさん:04/07/29 17:46 ID:???
マンマミーヤ

290 :ホワイトアルバムさん:04/08/08 16:05 ID:lfTA7BbL
2ちゃん風訳が(・∀・)イイ!!

291 :ホワイトアルバムさん:04/09/14 21:55:54 ID:???
hoshu

292 :ホワイトアルバムさん:04/10/17 23:53:18 ID:???
11月に向けてホシュっときます。

293 :ホワイトアルバムさん:04/10/22 15:32:18 ID:???
一年記念あげ

294 :ホワイトアルバムさん:04/11/03 00:15:50 ID:JYGV9mwv
さて、そろそろ糞東芝のCCCD戦略を阻止するために
あげますか(w

295 :ホワイトアルバムさん:04/11/16 14:00:54 ID:???
age

296 :ホワイトアルバムさん:04/11/17 20:41:07 ID:???
age

297 :ホワイトアルバムさん:04/11/20 09:55:24 ID:???
The Beatles The Capitol Albums Vol.1
The Beatles

オリジナルの1964年キャピトル・マスターから作成したことにより、すべてのCDには
当時発売されたステレオミックスとモノミックスの両方が含まれています。そのため、
全てのトラックが2回分演奏されます。

--

さて、始めよう……

--

オーバーヒート気味の時代においては偉大であることを声高に主張しても往々にして
見過ごされがちだが、アメリカ文化におけるビートルズの新星の如き衝撃は、即座に
「彼らはユニークだ」と認められたのだった。



298 :ホワイトアルバムさん:04/11/20 09:56:19 ID:???
このボックスに収録された4枚のアルバムは1964年という、あの驚くべき、空前絶後の
状況のもとでキャピトルから発売されたものである。アルバムは何百万部と売れに売
れ、行き詰まっていたアメリカの音楽業界に活を入れ、当時の流行や来るべき次世代
の一端を担ったのである。それにも関わらず、これまでこれらのアルバムはCD化され
たことはなかった。

1962年のビートルズとEMIとの契約において、イギリスのレコード会社は世界的な権利
を得た。使用許可と二次使用許可の複雑極まる網の目を介し、EMIはビートルズを全世
界規模で売り出したのだ。1960年代の動きの中で、ビートルズが目指した作品の数々
(シングルやアルバム、その一枚一枚が先達のアーティストに比べて明らかに独創的
なもの)は、国から国へと移り行くにつれ、その構成、曲順、外見や時にはタイトル
までも変えていった。今日のような包括的な秩序、あるいは芸術に対する普遍的な統
制の手段はまだ存在しなかったのである。

EMI傘下であったキャピトルは、ビートルズの初期のシングルをアメリカでリリースす
る機会をたびたび却下していた。過去幾度となく繰り返し立証された事実に基づけば、
そうした態度はビジネスとしては実に真っ当な判断であった‐ビートルズ以前には、
アメリカでのイギリス音楽の市場というものはほぼ存在しないも同然だったからであ
る。アメリカのレコード会社はどこ一つとしてビートルズのデビューシングル『Love
Me Do』に手をつけようとしなかった。次のシングル『Please Please Me』と『From
Me To You』はシカゴのインディペンデント・レーベルであるヴィー・ジェイから、
『She Loves You』はフィラデルフィアのレーベルであるスワンから発売された。


299 :ホワイトアルバムさん:04/11/20 09:56:41 ID:???
キャピトルがアメリカでのビートルズの売り出しに関してEMIとの協議に折り合いをつ
けたのは1963年11月になってからであった。その頃にはビートルズのイギリス快進撃
のニュースは全世界に広まりつつあったのである。会社はシングル『I Want To Hold
Your Hand』とアルバム『Meet The Beatles』の発売を1964年1月に予定し、ビートル
ズのマネージャーであるブライアン・エプスタインの指示による徹底的な宣伝キャン
ペーンを打つことを約束した。1964年を「ビートルズの年」にすることがキャピトル
の思惑であったが、あまり見込みもありそうになく、そんなことができると心の底か
ら信じているものはほとんどいなかった。

大激震は信じがたい速度で襲いかかった。年末押し迫った1963年12月に『I Want To
Hold Your Hand』が前倒しで何度もラジオで繰り返し演奏されて視聴者の元に届けら
れると、何十万枚も売れに売れ、1月の半ばまでには一躍No.1に達したのである。驚く
音楽業界のオブザーバーを尻目にその勢いは止まることを知らず、『Meet The
Beatles!』は同様の早さでアルバムチャートのトップに躍り出たのだった。それは一
つの歴史が形作られる瞬間であり、物語は今まさに始まらんとしていたのである。

ビートルズがアメリカのポップ音楽人口(もっぱら10代の若者)に売れていたのは、
そのサウンドからであった。TVはビートルズにほとんど接触しなかったので、どのみ
ち若者たちはビートルズの姿を見ることはなかったのである。多くのファンは『I Want
To Hold Your Hand』のシングルを購入した時にようやく初めてビートルズの姿を目に
したのだった。そのスリーブはキャピトルがたまたまファイルしていた公式写真の在
庫のうちの一枚だった。そのためその写真は、その時点より半年前のポール・リンゴ
・ジョージ・リンゴの姿を映していた。光陰矢の如し、ビートルズはそのころ既に襟
なしジャケットの衣装はお払い箱にしていたのである。


300 :ホワイトアルバムさん:04/11/20 09:57:11 ID:???
『Meet The Beatles!』の写真(ロバート・フリーマンによる芸術性の高いハーフ・
シャドウのショット)はそれよりほんの少しばかり今現在のビートルズに近い姿だと
いうくらいのものであったが、しかしそれでもなお彼らの創造性の残像といったとこ
ろである。だがキャピトルのライナーノートを書いたライターは、(彼の考えている
ところの)イギリス流の語り口で陽気な口上を述べている。出だしはこうだ−「一年
前には、ビートルズの名を知るものはせいぜいリヴァプ−ルのパブの常連客くらいの
ものだった。今日、英国人たるもの誰一人としてビートルズの名を知らないものはい
ないのである」。ペン画のイラスト部分には次のような但し書きがされている。「彼
らは古代英国への先祖帰りのような“プディング型”の髪型をしている」。これらの
言葉は、どんな些細な情報も逃すまいとするファンたちの間に、瞬く間に浸透していっ
た。

1964年2月7日にビートルズが(たまたま出演を予定していたエド・サリヴァンショー
のために)アメリカの地に足を踏み入れる以前には、TV出演がこの現象に終止符を打
つだろうという空気があまねく満ち満ちていた。しかし7300万人の人々がビートルズ
を見ようとチャンネルを合わせるという記録破りを達成したとき、そのアメリカ侵略
は完璧なものとなった。1964年のビルボード・チャートの上位5位までをビートルズが
占めたその時は、前人未到の歴史的瞬間であった。

このセットの4枚のディスクは、1964年の1月、4月、7月、12月にキャピトルから発売
されたものである。ビートルマニア現象の引き金となったこれらのアルバムは、ビル
ボードのNo.1の座を25週にわたって占め続けた。


301 :ホワイトアルバムさん:04/11/20 09:57:37 ID:???
アルバムを買ったファンたちは、これらのアルバムがキャピトルによるコンピレーショ
ン盤で、ビートルズが本国で行っていたレコード作りの順序からすると少しばかり類
似性を欠いて物足りないことになっている、ということには気がつかなかった(とい
うより、気にする必然性がなかったと言うべきか)。ビートルズは選曲やアルバムタ
イトル選びに関して意見を求められることはなく、選曲などはしばしば他のレーベル
からのビートルズのレコードとの商売上の競り合いを睨みつつ、キャピトルによって
決められていた(『The Beatles' Second Album』はキャピトルから出た2枚目のアル
バムだが、ヴィー・ジェイ社もまたアメリカにおけるビートルズの3枚目のアルバムを
出していた)。1964年から66年の間、3年にわたるアメリカツアーのステージでは、
ビートルズは往々にして「……えーっと、この曲は多分『Something New』に入ってた
と思うけど」という言葉を付け足して曲紹介をしたものだった。

1987年になってようやく、アルバムが初めてCD化されて発売されるおり、ビートルズ
は自分たちの作品を包括的に管理することができるようになった。当然のこととして、
彼らはすべての作品をあらゆる国で、自分たちの思い通りに発売した。すると不可避
的に、世界中の何百万という人々がこれまで自分たちの慣れ親しんできたアルバムの
代わりに、なじみのないアルバムタイトルやアートワーク、トラックリストを受け入
れなくてはならないという事態に陥ったのである。

このボックスは物語を完成させる手助けとなり、どのようにして、どんな理由でリリー
スされたかという問題はさておいて、キャピトルのアルバムは今もって完璧に1964年
の象徴たりえ、また且つあまたの人々にとって、ビートルマニアのアドレナリン放出
を促すであろう音楽が詰め込まれているのである。

これこそが正真正銘の−そして霊感すら与える−革命的なサウンドトラックなのである。

マーク・ルイソン


302 :ホワイトアルバムさん:04/11/20 09:58:10 ID:???
ある晩僕らがオリンピア(パリのコンサート)からホテルに帰ってきたところ、ブラ
イアンの元にアメリカのキャピトル・レコードから電報が届いていた。彼は部屋に駆
け込んでくるなり言ったんだ、「ほら、見てごらん。君ら全米No.1だぞ!」。『I Want
To Hold Your Hand』はそのとき既にNo.1になっていたんだ。僕らはそのことを一週間
も知らずにいたんだよ。(ポール)

それはもうエキサイティングなんてモノじゃなかった。飛行機に乗って、空港に舞い
降りたとき、僕はまるで巨大タコがその足で飛行機を絡めとって、僕らをニューヨー
クに引きずり下ろしたんじゃないかっていう気分になった。アメリカはすばらしかっ
た。それはリヴァプールから訪れた夢だったんだよ。(リンゴ)

僕らはたいがい僕ら自身のガード連中ににボコボコにされる−あいつらしょっちゅう
邪魔をするんだ。ファンの奴らがステージに上がろうとすると、僕らぶち切れそうに
なる。でも奴らが突進してくる時でさえ、ステージの上なら僕はいつも安心できるん
だ。ギターをアンプにつなげば、何故か大丈夫だって思えるんだよ。(ジョン)

僕らの場合、4人がお互いに飛び回っていたという事実が、ユーモアをより確かなもの
にしていた。もし誰かが言葉が出なくなったとしても、その時にはもう他の誰かがそ
ばに駆け寄って、別のビートルズ流名言をたれるというわけさ。(ジョージ)


303 :ホワイトアルバムさん:04/11/20 09:58:30 ID:???
みんなによく言われるんだ、「あんなに女の子たちの金切り声ばかりで、気が変にな
らない?」って。僕ら気にしないよ、だって場合によってはとんでもない大罪を覆い
隠してくれるから……音程を外したりした時にね。音を外すのはどうってことないよ
−僕らにさえ聴こえてないのに、他の誰が聴いてるっていうんだい。(ポール)

最初に訪れた時には、僕らはただLPレコードを買いにきただけだったんだ。マネー
ジャーがエド・サリヴァンショーへの出演を計画しているのは分かってたけど、少な
くとも僕ら自身は到着したらいろいろ音楽が聴くぞと思っていたんだ。本当だよ、そ
れはもう蒙を啓かれる勢いで、僕らノックアウトされちゃったんだ。(ジョン)

ヒットを飛ばすにはいいチャンスだということは分かってたんだ、だってなんといっ
てもキャピトルがバックについて、プロモーションに躍起になってたんだから。その
時には既にビートルマニア、ヨーロッパを席巻すという記事が「ライフ」誌や「ニュー
ズウィーク」誌や他の諸々の雑誌の表紙を飾っていたから、それを助長するのはキャ
ピトルにとってそう難しい仕事じゃなかった。(ジョージ)

楽しかったよ。それに向こうの人たちはリンゴのことを好きだった。僕にとってはも
のすごい大事件さ、だってアメリカに行ったらジョン、ポール、ジョージ、そしてリ
ンゴ、じゃなくて、ほとんどいつもリンゴ、ポール、ジョージ、そしてジョン、とか
そんな感じだったんだ。いきなり対等な立場になったんだよ。(リンゴ)


304 :ホワイトアルバムさん:04/11/20 09:58:58 ID:???
ものすごい重大事件だったんだよ。僕ら操り人形かなにかみたいな格好で、変な髪型
してどこからともなく湧いて出てきたんだから。そりゃもう大勢の父親たちが僕らを
ないもの扱いしたがったさ。あの人たちは自分の子供に言うんだ、「バカなこという
んじゃない、あいつらカツラをかぶってるんだぞ」。(ポール)

アメリカが我々を世界的なスターにしてくれることは分かっていた。実際、アメリカ
が我々を作ったのだ。(ブライアン・エプスタイン)

僕らの行くところはどこへでも、警官が姿を現した。誰もかもが狂ってしまった。ビー
トルズが待ちにくるってだけでどれだけみんながイカれちゃうかって、それを見るだ
けでも一本映画が撮れそうな勢いさ。(ジョージ)

そのとき僕はハリウッドに恋をした、そして今でも恋をしているのさ。僕はニューヨー
クよりもハリウッドの方が好きなんだ。ハリウッドには椰子の木がある−リヴァプー
ルには椰子の木なんてほとんどない。気候は暖かく、ライフスタイルはとっても、とっ
てもクールなんだよ。(リンゴ)

向こうでレコードをヒットさせるという発想は……そんなこと絶対出来っこないって
話だったんだ。とにかく僕が最初に思ったのは無理だってことだった。でもそこでふ
と、子供なんてものは住んでるところによらず同じものを好きなもんだし、僕らがイ
ギリスで成し遂げたことを思えば、アメリカで同じことが出来ないなんて考える理由
は一切ないってことに気づいたんだ。(ジョン)


305 :ホワイトアルバムさん:04/11/20 23:22:02 ID:???
乙です

306 :ホワイトアルバムさん:04/11/21 22:18:35 ID:YOP3f4aI
神に感謝!!

307 :ホワイトアルバムさん:04/11/22 14:52:01 ID:xPxsdTeV
神!神!神!
待ってましたよ。もしかしてジョージの訳やってくれた方?
感謝!
今回は自分で頑張ろうかと思ってたけど、この対訳にはかなわないよ。

308 :ホワイトアルバムさん:04/11/22 17:36:02 ID:???
どんなに自国語でブックレットを読みたくとも、CCCDを買うような真似はしないほうがいい。
なぜならネ申はいつだって俺たちの味方だからさ。感謝。

309 :ホワイトアルバムさん:04/11/23 02:43:14 ID:???
神よ、本当にありがとう。
私もCCCD回避組だが、このようなスレに出会えて本当に嬉しい。

310 :ホワイトアルバムさん:04/11/24 11:21:00 ID:???
へっぽこな間違いを自分でハケーンしたので訂正ー。

>>299
 その時点より半年前のポール・リンゴ・ジョージ・リンゴの姿を映していた。
→その時点より半年前のポール・リンゴ・ジョージ・ジョンの姿を映していた。

見れば分かる間違いですが、よりによってジョンを抜かすとは……。

自分用の訳なので荒いのですが、輸入版で買ったものに関しては訳したら
このスレに載っけていくつもりです(といっても次回キャピトルボックス
発売までこのスレが残ってるかどうかw)。


311 :ホワイトアルバムさん:04/11/26 23:55:32 ID:repHl9TG
糞東芝のキャピトルボックス(CCCD)を買おうとしているお前へ。
悪いことは言わない。アマゾンで安い輸入盤買え。
ブックレットの訳なら、全部このスレにある。

312 :ホワイトアルバムさん:04/11/27 17:07:26 ID:KT66PuuE
糞東芝のキャピトルボックス(CCCD)を買ってしまったお前へ。
ご愁傷様です。アマゾンで安い輸入盤買えばよかったのに。
ブックレットの訳なら、全部このスレにある。

313 :ホワイトアルバムさん:04/12/02 01:17:58 ID:m66vhhlu
うっほほ、感謝!! 神ありがとう!!

314 :ホワイトアルバムさん:04/12/02 16:45:00 ID:???
神様ありがとう!

315 :ホワイトアルバムさん:04/12/12 03:29:05 ID:???
超良スレage

316 :315:04/12/12 03:30:28 ID:F/gKEd+i
おっといけねえ下げたままだった。スマン。

135 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)