5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

貧しかった少年・少女史!

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/28 02:51:12
この年代、高度成長期に働いていた親を持つ。
貧しかったけど、古き良き時代。

泣き笑いの、ガキの時代を語りましょう。


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/28 02:57:44
カギっ子でした。
一家団欒はめったにありませんでしたが、不幸だとも思ってませんでした。
バラ色の将来が当然開けていることを疑いもしませんでした。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/28 05:11:19
淋しいこと思い出させるなよ。

まあ、

当時は不幸とは思ってなかったな。

不幸ってことを知らなかったし。

不幸じゃなくて幸せだった気もするし。


4 :1:04/11/28 22:55:41
あれ?意外とレスないな。

>>2、3さん
ありがとう、御座います。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/28 23:02:41
自分の部屋というものにあこがれたが
いまのように子供に個室が当たり前というのが
いいのかどうか

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/28 23:10:33
汗をかかない時期だと
みんな同じもんを何日も着てきたなー

7 :1:04/11/28 23:20:56
>>5
自分も姉と3畳間で、同部屋でした。
今は個室が当たり前か〜
ヤレヤレですね。

8 :1:04/11/28 23:24:17
>>6
ですね〜
ジージャン着てる奴が、ちと羨ましかったりしました。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/28 23:31:46
小学生の頃のおやつは砂糖水だった、申年生まれ・・・

10 :1:04/11/28 23:32:32
ジャンバーの肩が、鼻水で乾燥してた。
みんな、そうだった。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/28 23:34:48
ガキの頃そんなに貧しかったかな?
普通に働いてれば豊かじゃないが貧しくも無い時代のはずじゃなかったかな。
「働けど貧しい」が当たり前の世代はもう少し上の世代と違ったかな。

特別、甲斐性なしの親を持った人の溜まり場かここは?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/28 23:35:20
カギッコでした。
学校から帰ると、茶箪笥に20円置いてあって、それがお小遣い。
食器棚じゃなくて、茶箪笥。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/28 23:35:24
ふだんは麦茶に砂糖
サイダーだって特別なときでないと飲めない
家でコーヒー牛乳を取ってたらブルジョワ

14 :1:04/11/28 23:40:50
>>11さんは、いわゆる大臣さんですね。
イジメられませんでしたか?

15 :11:04/11/28 23:46:21
確かにオレッチは金持ちだす。 えらいスンマヘン。


16 :1:04/11/28 23:48:02
>>12
自分もカギっ子
でも、姉が持ってて自分は無かった。
オヤツ食いてー!!っと何度、涙したことか。

17 :1:04/11/28 23:52:55
>>11
いえいえ、あなたは偉い。
正直、荒らされると、思いました。(笑)

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/28 23:54:25
うちは線路際でね、電車が通るたびに揺れ揺れですよ
かぐや姫の赤ちょうちんはうちのパクリ

19 :1:04/11/28 23:56:04
映画「セブン」みたいな状況でしょうか?

20 :1:04/11/29 00:00:32
>>13さん
今でも、コーヒー牛乳は至福の一時です。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 00:03:19
クラスの住所録、電話番号のあとに(呼)

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 00:06:38
( ・∀・)人(゚∀゚ )>>21


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 00:10:53
自転車は鉄くず屋から買った。
カメラとか時計とかは質流れの店で買った。
学校の帰りにはコーラやビールの空き瓶を拾い
酒屋で売る。
たまに、鉄くずや砲金を拾って鉄くず屋に売りに行った。

そんな東京のディープサウスに今も暮らす48歳・・・

24 :1:04/11/29 00:22:40
>>21-22さん
うちも(呼)ヨビリンだった。

>>23さん
自分も、酔っ払いの親父の空き瓶を酒屋にもっていった。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 00:59:00
貧しいからこそ、今がある。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:02:18
庭に出たマムシを家族でたき火で食べた。
あんまり楽しかったから、翌日学校のお絵書きで描いた。
バカ正直な小学一年生だった。ちなみに当方女。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:09:16
>>26
どんな味だった?

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:13:52
父は免許持っていたが、車なんてなかった。
親戚んちの車を借りて出掛けた。
でも、夫の父親は自転車しか乗れない。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:31:09
家庭科で使う裁縫セットは買ってもらえなかった。
ミシン糸を割り箸に巻きつけて小さい弁当箱に入れて持っていった。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:32:53
カツはクジラだ。ライスカレーもクジラ。焼肉はにおいのキツいマトン。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:34:28
すき焼きは豚肉

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:37:35
>>30
旨そう

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:43:10
メザシばかり食べてた

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:46:20
骨丈夫そう

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:47:52
>>34
骨年齢20歳だって、43なのに

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:48:28
メザシって藁に刺さってた。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:52:07
わぁ〜ら〜にぃ〜まみれてよ〜♪

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:53:14
>>27
小骨のきつい鶏みたいな感じかな、旨味がもっと強かった。
一番美味しかった所はレバー、蛇仕様で細長かった。
うちは貧乏な上に山育ち。
猫が捕って来て、見せびらかしに来た禁猟の山鳥を「贅沢だ」と
うちの父親はガメて焼いて食った。わしも食った、うまかった。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:53:39
めざしもししゃもも藁に繋がってる

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:54:45
>>38
ワイルド!かっこいい!!

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:55:20
納豆も藁に入ってた

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:57:00
>>38
絶倫家族

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 01:59:49
んー、子供でも山に行ったら当然のように山のものを採って食ってたな。アケビとか。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 02:02:52
昔は喰う物があっちこっちにあったな〜今考えると別に食べなくても良かったんやけど

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 02:12:08
イナゴとか、普通に食ってたしね。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 02:15:10
獲って食うのか?どうやって?

47 :キムさん@キムチ好き ◆Kim/jb/eas :04/11/29 02:16:28
今でもじゅーぶん貧しーニダが…。

ウリも鍵っ子だたニダね。
んでも独りで家ん中居るの淋しゅーて、
お袋がパートから帰って来るの
いつも家の前の川で石投げしながら待っとる…
て話田舎のばーちゃんに聞かせたらさめざめ泣いとたニダ(wニダ

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 02:18:32
この世代なら、震災きてもSOSは要らないかも

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 02:21:34
>>30
俺も、いまだに好きな物は「くじらかつ」だよ。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 02:27:21
>>45
仮面ライダー食べてたのか(@_@)スナックなら食べたけど

51 :キムさん@キムチ好き ◆Kim/jb/eas :04/11/29 02:29:11
三宮そごうの食堂のミートスパがこの世で一番のごちそーと思とたニダ。
今でもあの味求めてよくミートスパ注文するニダが、
どこで喰ってもあんま旨くないニダ。
やぱ口が肥えただけニダかね〜?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 02:33:53
イナゴは、煮付けじゃない?
タニシとか、食べてたけどな〜。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 02:38:26
>>52
どちらも醤油味やね。
醤油と言えば一升瓶に入った醤油、最近見た事無いな〜

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 02:44:39
そのコピペ、内容的には間違いじゃないんだろうけど、
実際はこんな感じ

岡「吉本興業所属の社員さんが吉本興業のタレントを訴える」
岡「 これねぇ、考えてみて下さい」
矢「不思議やねぇこれ」
岡「これねもしですよ紳助さんがもうえぇ辞めるわって言うたら
  大打撃受けるのは吉本興業ですよ」
岡「ここにいる吉本興業の社員さんも紳助さんが働いたお金で
  給料貰ってるかもわかりませんやんか、ねぇ、そう考えると
  どんどんこれおかしなことなるなぁと思って」
矢「今吉本の三本の指に入りますからねぇ」
岡「そりゃそうですよ、大打撃ですよこれは」
岡「今こそ行列のできる法律相談所の人たちが立ち上がるべき
  なんですよこれ、何とかしないと」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


512 名前:可愛い奥様 :04/11/29 01:50:48 ID:6SiOv0hr
>>511
実際のほうが酷いね・・。つまり会社のためには社会善をも踏みにじる
べきということだね。企業倫理ゼロであれと。

岡村氏ね

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 02:47:40
お前が、氏ね。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 02:47:57
>>54 子供は寝ろよ。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 02:48:39
親は共働きだったから、家族で遊びに行った記憶がない。
同級生が休みに家族で海や動物園に行ったことを聞くと羨ましかった。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 14:09:22
>>57
日曜日も働いていたということですよね?
共働きでも日曜日は両親とも休みということもあるわけで。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 20:07:56
おれは>>57じゃないけど、
うちは家畜がいたから家を開けられないし、
母ちゃんも労働の担い手だったから365日共働きだったな。
ちょうど円高の始まりの頃で、飼料代が軒並み値上がりして、
本当に貧乏してたよ。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 23:23:58
小学校低学年の頃は藁貧でご飯に「きなこ」かけて食べる日が。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 23:32:27
おかんが、にわとり絞めてた

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 23:35:02
巨人の星に
「食べるものがなくてドッグフードを食べていた」
とキックの鬼が語るシーンがあるのだが、
当時、ドッグフードなんか高くて食えなかったのでは


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 23:42:33
当時ドッグフードなんて無いよな 時代考証がいいかげん。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 23:46:15
>>57
うちもそう、家が自営だったので、60年代は月1の休みだった。70年代で月2だったかな。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 23:52:29
2DK賃貸団地の子が土地持ち木造ボロ家の子を
バカにするというわけわからん状況もあった

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 23:59:04
最近の犬様は贅沢すぎる、、至れり尽くせり。
俺の食費より犬の食費のほうが勝ってる!
嫁からのMessageなのか、あんたは犬以下や、と、、

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 00:04:00
今思えば確かに貧乏だったけど、当時は気付かなかった。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 00:04:44
そして妙に明るかった

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 00:07:32
つぎはぎした服を着た子供、最近見ないな

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 00:09:50
今じゃパンツのゴムが切れても
ゴムを入れ替えてまではかないであろう

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 00:11:35
セーターの編みなおしとか

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 00:29:15
お古を着るのは最近また復活したよ

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 00:32:49
貧乏人死ねよ

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 00:36:00
親の世代が物を捨てられないのは仕方ねぇな
家中ごみなんだけど…

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 10:18:09
>>70
今のパンツは板状のゴムが縫い付けてあるタイプが多いので
伸びても取り替えられません
なので、少し伸びたまま穿いてます(つД`)

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 13:40:41
四畳半に二段ベッド&姉妹の机。
いつも一緒だったからケンカばかり。
ひとりの部屋っていうのにどれだけ憧れたか・・・。

そんな姉妹は今は大の仲良し。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 13:52:35
>>72
子供服も古着って流行ってるの?

78 :ミミゲー:04/11/30 13:59:57
>>62-63
亀だけど ドックフード=いぬまんま のことではないのか?
今の子にいぬまんま では通じないので
あえてドックフードにした、ということでわ?


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 14:01:56
ビタワンはあったよね


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 14:25:35
5、6歳まではパンツに社会の窓が付いてなかった。
姉貴のお古だった。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/01 19:40:12
子供にブランド物を着せるのは馬鹿だと思うこの頃

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/01 21:04:53
母ちゃんがクマのパッチワークをつけてくれた。
ズボンの膝のほころびに。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/01 22:12:38
映画「泥の川」を見ると、子供時代を思い出す。
工業地帯の運河のそばに住んでた。
腐敗した犬が浮いてたな。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/01 22:15:14
うわっ想像しちった。。。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/02 00:59:01
ビンボーが普通だったね。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/02 01:15:16
カレーライスには肉なんて入ってなかった
ちくわだった。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/02 01:31:25
高度成長期の田舎の男の人はほとんどシャツ(肌着)を着て出歩いていた。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/02 01:34:12
女はもんぺに割烹着、もんぺはまだいるよ〜

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/02 01:56:00
>>87
政令指定都市でもそうだったよ。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/04 21:35:36
>>86
魚肉ソーセージだったよ〜

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/04 21:48:41
良く裏山でつくしを採って食べたよ。油で炒めて醤油かけて、結構旨かったな。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/04 22:05:02
つくしは、ちょっと苦かったかな。
自分は、ノノヒロが好きだった。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 00:25:13
たまごとじうまいね。
わらびとりによくいった。
タニシも甘辛く煮てごはんのおとも。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 00:30:44
おれはおしゃれだったんで夏はタンクトップで過ごしていたよ

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 00:31:38
半そでめくりあげて格好つけてたヤシいる?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 00:32:13
ランニングシャツなら俺も着てたぞ

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 00:47:37
学校帰りに道端の畑に忍びこんで食べた物=サツマイモ、スイカ、青梅、なすび、大根、びわ、みかん、梨、ぶどう、柿、栗。みんな生で食べたが、おやつ代わりで美味かった。あと、鶏小屋から卵とって角をコンコンと割って中身を吸ったっけ。俺って悪い子...

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 00:51:31
>>97
ま〜かっぱらい普通だが
やたら多いなw

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 00:53:07
家を出る時点でポケットにアジシオが

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 00:58:42
自然に囲まれてなかった俺は、スーパーで満たしていた。でも、駄菓子屋では出来なかった、当てもんが楽しみだったから!

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 01:12:17
>>98九州で育った俺はリンゴ畑に憧れてた...
高校の修学旅行で長野に立ち寄りオプションでリンゴ狩りがついてて、木からもいだリンゴを食った時には、そりゃもう、あまりの旨さに感動したな。一度に7個も食べてしまった。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 01:19:18
わしは都会の中で育ったので、お屋敷の中の
柿とか、ざくろ、無花果なんか採って食ったな。
お屋敷の中に番犬が放し飼いになってたが、よくなついて
一緒に遊んでたよ。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 01:21:10
親父がある日、「クーラーを買いに行く」と言って出かけて行った、
俺はルームクーラーだと思って期待していたが、
買って来たのは「バカンスクーラー」だった。
つまり、バカンスクーラーと言う商品名のクーラーボックス。
それにジュースとか詰めて海に遊びに行ったりした。
今でも段ボールの箱ごと残ってる、親父も元気だし。
親父はそのメーカーは潰れたと言っているが、ググると何件かヒットする。
潰れてないのか?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 01:45:51
おやつはもんじゃ焼き♪

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 01:51:04
おやつはお好み焼や

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 02:04:20
おやつはチクロにかぎる。


107 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 02:31:39
ピンクやグリーンの毒々しい色が紙?に書いてあって、
それを噛んで食べるのあったよね?あれってすごい着色料?
なんかそんなのばっかり食べてたな。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 03:02:58
発癌物質まんさーい

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 04:01:49
お袋にパンの耳を買いに行かされたな。
10円で袋いっぱいあった。
あんまり美味しくなかったがしばらくそればかり食わされた。
学校の給食のほうがご馳走だった。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 04:35:46
便所が外の小屋にあり、地面にカメを埋めて両端に板を置いただけのものだった。
蛆虫とカマドウマのすくつだった。
夜は怖くて、親に付いてきて貰ってウンコしてた。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 06:36:32
九州の実家の便所、牛小屋の隣にあった。あるとき興奮した牛が角で板壁を突き破り大きな穴が空いた。大便してると壁から牛が顔を出す、そんな朝が一週間ほど続いたっけ。でも怖くはなくて「よし、よし」なんて言って額を撫でてやるんだけど。今考えるととおおらかだったな。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 10:22:55
昔は汲み取りが多かったから、家の外に便所があったから夜は恐かった。
でも、今思い出してもバキュームカーの臭いが脳裏を過ぎる ξ

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 10:24:14
昔の清涼飲料は飲むと舌が着色料で染まったものだ。
出かけた先で、ファンタグレープを飲んだが、帰りに車酔いで吐いたら紫のゲロが出た。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 10:27:51
ちびまるこちゃん見ると子供の頃を思い出す。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 18:57:06
うちのジーさんちが便槽が「かめ」だったよ。いっぱい溜まってくると、
おつりがきた。それを畑に撒いてそこで採れた物が又食卓に上る。
今はやりのリサイクルだ。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 20:10:24
ヤクルトをどんぶりで飲んでみたい…
小僧寿しのパーティ寿司を一人で食ってみたい…
瓶入りのヨーグルトをいつか食べてみたい…

と食うことにすべて結びついていたなあ…

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 20:12:13
そういえば小さい時
肥を運んでいたおじいさんを落とし穴に落としたことがあるなぁ・・
すごく怒られたけど。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 20:21:29
バカだねぇ まったくw

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 20:25:08
>>118
そう馬鹿だった。
人が嫌がることは自分も嫌
そういう倫理観がまだ無かった。

でも小さい時の事だから気にしないで。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 21:32:54
今でもバキュームカーはあると思うが、
昔同様、吸い終わると野球の軟球をホースの先に
くっつけているのだろうか。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 21:36:36
>>120
昔同様、鉄の棒にヘラがついたやつでかき回しているのだろうか。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 21:37:08
江戸川区の一之江あたりじゃまだ現役じゃないかな。
少なくとも数年前までうちの近所の社宅はそうだった。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 21:37:35
>>120
昔同様、利用者はパンツやスリッパを落っことしているのだろうか。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 21:46:19
兄弟どころか、ご近所、親戚中でお下がりの回し合い

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 22:51:05
二十歳すぎくらいにすき焼きを食った。
ずーーーっとメインは豚肉だと思ってた。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 23:01:02
まだいい。

俺は鶏肉だと思っていた。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 23:01:55
いや、すき焼きってなんだか知らなかったw

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 23:33:33
働くようになって初めて先輩に連れてってもらい、握り寿司を食った。
寿司屋のケンちゃんで見た事のある寿司に感激したよ。
今思えば安い寿司屋だったけど、ほんとに美味かった。



129 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 23:34:23
カレーには魚肉ソーセージが入ってて
誰かの誕生日だけ豚肉が入ってた

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 23:39:56
私 和歌山の寒村育ち。
カレーなんて大阪に出るまで存在自体しませんでした。

131 :名無しさん@お腹いっぱい :04/12/05 23:40:16
ここいーなー。
コロッケは肉だと思ってた

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 23:40:47
しませんでした。

しりませんでした。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 23:43:06
埼玉の友だちんちに泊ったら
うほ〜のスキヤキで
ジャガイモと玉ねぎが入っててビッツラおったまげーしょん!!

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 23:44:50
>>130>>132
「しませんでした。」で大爆笑中ですー!!^^

135 :名無しさん@お腹いっぱい :04/12/05 23:45:10
円形のちゃぶ台が懐かしい。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 23:47:06
鶏すきやきの老舗、神田のぼたん
http://r.gnavi.co.jp/g198900/
ここは態度が悪いからやめといたほうが無難

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 23:47:55
そのちゃぶ台ですべり台してました。
ちゃぶ台の足おりました。
おこられました。
すべり台出来なくなりました。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 23:48:16
130&132はイーデス・カンソンさんでつか?

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 23:50:42
>>138_| ̄|○

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 23:53:56
ハンソンさんはおれが生まれる前から日本にいるわけで

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 23:56:34
イヤデス・ハンソン

142 :名無しさん@お腹いっぱい :04/12/05 23:57:43
俺、長屋みたいな所だったから、隣に味噌や醤油借りに行かされたな。 

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 23:57:49
生まれた場所が悪いーのか〜

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 00:20:12
>>142
長屋住まいの友達ん家によく遊びに行ったけど、
「俺の部屋が出来た」って言ったから行くと
隣の部屋の壁ブチ抜いてたよ。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 00:36:40
こら!! そこのアンタ!! 俺の書き込みにいちいちケチつけるな。w
 しかし なんだな 俺の書き込みてナゼわかる?w
フッシギだな〜。  なんでかな〜。 職権乱用すなよw

146 :たらおばんない:04/12/06 00:39:50
>>143
昭和ブルース

147 :名無しさん@お腹いっぱい :04/12/06 09:57:52
原付取って、DAX乗って、たしか\45/?だったかな。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 12:50:55
昔は牛肉が高かったのかな?
年に2〜3回しか食えなかった。
あと夕飯のおかずがミソだったことがある。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 13:02:10
ネギ味噌は旨い、飯がいくらでも食える。
だけど、100グラム何千円の高級品になっても
クジラのベーコンだけは二度と食いたくない。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 13:42:59
ごく小さい頃は、貧乏に気がついてなかったろうな。
小学 何年生のときか正確に覚えてないけど、
クラス単位でぞろぞろ外を歩いているときだった。
当時の我が家は、ボロい二階建の二階を借りて住んでいた。
下はもう一世帯と貸事務所になっていて、流しトイレは共同だった。
「ここ○のうち」と言ったら、先生が「ここ?」と二階方向を見上げたその目が
ちょっと言葉でうまく言い表せないのだけど、子供心に刺さったみたいで
未だに覚えている。
それからかな、他の家や貧富の差が見えるようになったのは。w

151 :名無しさん@お腹いっぱい :04/12/06 15:47:51
商売家さんちって割とリッチだった気がする。
電気屋とか酒屋とか。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 16:17:57
>>150
差別とまでは言い切れないが、昭和30年代
貧乏人の子供を侮った態度の教師は確かにいた。
俺にも経験がある。当時の教員というのは
エリート意識が今より強かったのかも。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 18:01:13
貧乏な上に合成着色料は毒と思っていた母親の弁当は地味だった。
めざしとキンピラ、ごはんには醤油をまぶしたカツオブシがかけられ、
ふたを開けた時の印象が泥色だった。
友達の弁当はピンク色のデンブ・黄色いたくあん・赤いたこウインナーと
同じ貧乏ながらもカラフルだった。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 20:04:48
>>148
牛肉は12階より高かった!

昔、親父の好物は豚ソテーだったから
誕生日に兄弟で、お金1000円貯めてビフテキをと思って
スーパーに買いに行ったが手が出なかった。
結局、ペラペラのを5枚くらいしか買えなかったよ。

で、焼いて親父に出したら「なんだか〜乳くせえぇーな」だって…

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 21:00:08
>>154
そう、確かに昔の牛肉はクセが強かったような。
肉の味が変わったのか、俺の味覚が変わったのか、
どっちなんだろう?

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 21:02:26
鶏肉すき焼きのうちの親父の言葉。「うちは牛バ飼うとる。牛が怖がるけん牛肉は食べるといかん。」子供心に『もっともだ』と納得したが今考えれば鶏も飼っていた。それもすき焼き前には実家で鶏バラした。それに、生きている牛が仲間の焼ける臭いって分かるのか、親父?

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 21:11:32
俺のおやつはマヨネーズとケチャップを皿に垂らしてかき混ぜて舐めてた

あと、プライドだけ高そうな女教師が新聞を取っていない
家庭の多さに呆れ返っていた

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 21:28:21
そう言えば、家庭訪問の時にお袋が作って出した野菜の煮物、俺が見たら旨そうだったけど、先生、箸をつけなかったな。
子供心にちょっとショックだったの思い出した...
先生が帰ったあと夕飯で食べた。俺はお袋の煮物好物だったが、なんかその時は味がしなかった...

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 21:36:49
そう言えば、家庭訪問の時にお袋が作って出した野菜の煮物、俺が見たら旨そうだったけど、先生、箸をつけなかったな。
子供心にちょっとショックだったの思い出した...
先生が帰ったあと夕飯で食べた。俺はお袋の煮物好物だったが、なんかその時は味がしなかった...

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 21:34:05
そう言えば、家庭訪問の時にお袋が作って出した野菜の煮物、俺が見たら旨そうだったけど、先生、箸をつけなかったな。
子供心にちょっとショックだったの思い出した...
先生が帰ったあと夕飯で食べた。俺はお袋の煮物好物だったが、なんかその時は味がしなかった...

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 23:43:59
あらら>>158-160
災難に、時間帯もメチャクチャだしね。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/06 23:49:05
似たような話は何処にでも有るんだね

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 02:18:03
貧乏は鯨を食え。

だったね。
今じゃ・・・

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 03:11:24
家で作った野菜の煮物はその家庭の味があるからね
よその家の煮物は食べづらいよね。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 04:08:01
小学生の時、家庭訪問の時はお茶だけでいいのよーって
お母さんに言ってねと先生がみんなに言っていた記憶がある。
昔は徒歩で家庭訪問だったから、一軒々で食べていたら
トイレに行きたくなったりして大変だったのかも?

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 10:47:50
茶色や濃い緑を基調とする飯の出る家では
食べたことのない献立がたくさんあるので、
給食の時間がめちゃくちゃ楽しみだった。
フリッターだの、トマトシチューだの、魚フライのあんかけだの。
フルーツポンチや白玉団子とフルーツの組み合わせもあったっけ。


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 11:55:59
ケーキは、クリスマスと誕生日だけだったよね?
しかもバタークリームが多かったような・・・しかも喜んで食べたし。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 12:14:57
>>158
公立の先生だと、「公務員は饗応をうけるべからず」の掟を律儀に守っていた
のかもしれない。165さん先生が言われた趣旨もそうかもしれない。気を遣わし
ちゃ気の毒、って配慮も。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 12:43:21
>>167
そうそう!そうだったよ。
で、イチゴのショートなんだけど、クリームはバタークリームだし、
イチゴは赤いゼリーのニセモノなんだ。
けど本当にクリスマスのある月の給食楽しみだった。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 13:42:50
>>172
家庭訪問のお知らせの印刷物には、お茶とか食事を出さないようにと書いてあった。
公立だと公務員だから、食事等の供応は「子供の成績に手心を」って賄賂に取られるだろうし。

>>173
イチゴの形のゼリーはあの当時見た事無いが、
サクランボ風の赤玉ゼリーや砂糖漬けのサクランボやフキは食べた事がある。
砂糖漬けは不味くて嫌いだった。
サクランボは洋酒漬けだったかも。
ふと、バタークリームを食べたくなるが、今はバタークリームケーキは稀になっている。
丸い台形のスポンジに、バタークリームとチョココーティングを施した、
製パンメーカー製の小さなケーキを、以前はスーパーやコンビニのパン売り場で見かけたが、
今はほとんど見かけない。
あれ好きだったんだけどな。

171 ::名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 15:53:54
家で海老が食卓に出たことがなかった。海老はかっぱえびせんでしか食べたことがなかった。
海老の尻尾や殻は食べれるのかどうかわからず、かといって人に聞くのも恥ずかしくて聞けなかった。
その謎が大人になって解けたので、張り切って「エビチリソース」を食べたら全身蕁麻疹でエライことになった。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 16:38:49
さほど貧しくなくとも、家庭で大正エビのような
大きいエビを食べたことはなかったような記憶があるよー

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 17:21:10
バタークリームのケーキは、あれはあれで美味なものだよなあ。


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 18:35:16
小学生の頃は

・ずっとジャージを着せられてた
・牛肉を食ったことが無かった
・家族で旅行に行ったことが無い
・1年から5年まで同じスキー板だった
・2年から6年まで同じ自転車だった


175 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 20:01:48
海老っていえばザリガニ食べてる友達がいたな。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 20:09:37
仕事で漁師町に勤務したときに
B品の伊勢えびを最高で7匹一度にもらったことがあった。
しかし、漁期は集中しているためすぐに飽きた。
そこでエビフライにしたら、やたら硬くてまずかった。
やはり名物はたまに食うほうがいい。
伊勢えびはもう一生分食ったので食いたくない…

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 22:11:42
海老は、九州の山村の我が実家では絶対手に入らない物だった。子供時代に読んだ本で「土蜂の幼虫は海老みたいな味がする」と書いてあったが、土蜂を見たことさえなかった。土蜂ってどの地方にいる?
本当に海老の味がする?
一度食ってみたい。
情報求む。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 22:21:18
野山を駆け回って、イナゴ、マムシ、スズメ、カワニナ、ヨシノボリ、アケビ、野イチゴ、山栗
いろんなものをとって食ったけど、蜂ご飯だけは見た目が気持ち悪くて食えなかった。
親父は美味そうに食ってた。


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 22:35:23
>>174
おいおい
自転車は高価だったぞー
俺はママチャリでだ。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 22:42:43
親父の三角自転車で練習した。ヒラリとカッコよく跨るのが
4年生には難しかった。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 23:11:44
カルビーのサッポロポテトバーベキュー味がでた時、
「こんなに美味しいお菓子は初めてだ!」と感激した。
UFO焼きそばにも感激した。
貧しい食生活だった。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 23:17:57
土蜂、土蜂〜。
どこの地方の郷土料理?
どこに行ったら食べれる?
本当に海老の味?しつこくてご免ね?

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 23:29:14
>>182
ググってみたけど、台湾の郷土料理みたいよ。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 23:49:28
>>183ありがと。台湾か〜、行ったこと無いな〜..
昔呼んだ本って確か「三太郎物語」??とかいう本で、田舎の小学校を舞台にしていた。その中で先生が食べて言った言葉だったから国内でも食べるとこがあると思ってた。ちょっと残念。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/08 01:23:09
>>182
長野だよ、蜂に小さなこよりをつけて、
巣に帰るのを皆で追いかけて、巣をさがす。
そして掘り出して、幼虫を食べるんだよ。
カミキリムシの幼虫も美味いそうだぞ。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/08 08:01:15
そうですか、長野だったんだ。有難うございました。あっ、俺、カミキリ虫の幼虫食ったことある!囲炉裏の火の中で焼くんだけど香ばしくて旨かったな。あと、死んだジイチャンにマムシの骨を乾かしたのも体に良いからって食べさせられた。これの味は覚えてないが。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/08 10:44:49
>>184
げげ!まさかここで三太物語の話が出ようとは!
自分は三太が軍鶏を大事に可愛がって育てたが、
なんだかんだで鶏鍋になってしまった話が印象的。
昔の人は可愛いくても、鶏である限りは食う!と潔い!

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/08 16:02:18
そうそう「三太物語」でした。面白かったな。学校の先生が砂糖漬にしていたイチゴを女の子をオダテて食べてしまい、代わりに梅干しを入れておいて、帰宅した先生が暗い中で梅干し食べて卒倒したという話が印象的でした。それだけ甘い物に飢えていた時代だったんだよね。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/08 16:15:07
道路脇の草むらに落ちているコーラのビンを拾って
洗って酒屋に持ってくと10円になった。
それで3バンドのラジオかった。
谷村とバンバン聞いてよく笑てた。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/08 16:29:04
連チャンでスマソ。
家族で民宿に泊まったら
帰り際の精算の時に嫁さんと財布の中身みながら
ボソボソ話していたら
娘達から「お金足りなかったら私達も出すよ」って言われた。
まだコーラのビン引きずってんかな。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/08 19:44:54
コーラの瓶なんて落ちて無いところで育ちました。ドングリを拾って売ってました。釣り餌になる虫が湧くとかで。
あっ、竹山でタケノコ見つけて竹串1本立てるごとに5円の報酬を貰えると言う約束を親父としましたが、結局、金をくれなかったっけ。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/08 20:04:47
そういえば初めて買ってもらった自転車
月賦だったな。金額も物価対比で高価なんだろうけど

こないだ中学の子供がチャリ盗まれてしょうがないから
大人用の5800円で買ってきた。
なんだかな〜。昔が良かったって思うな。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/08 21:21:19
昔の自転車は今より作りが良かった。
今のはかなりチャチくなってる。その代わり軽くて安いが。
それにしても今はランプが暗い。
昔は6W一灯か3.2W2灯だったけど、今は2.4W一灯。
おまけに無灯火大杉。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/08 22:14:30
自転車は中学に入る前にやっと買って貰った。6歳年の離れた姉ちゃんが高校卒業するから、姉ちゃんの自転車を下取して貰い少し安く買えたの覚えてる。姉ちゃん頭良かったから女子大に行きたかったらしいが、俺がいるからと説得されて大阪に行き就職した。姉ちゃん、ゴメン。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/08 22:55:23
(´-`).。oO(自転車って安くなったなぁ〜?)

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/08 23:23:31
九州の山奥の貧乏な百姓家庭で育った自分。
頭が悪く馬鹿な俺でも、何とか這上がりたいと仕事を人一倍頑張ったから今の生活が出来ているんだなと、親に感謝している。
親父、おふくろ、長生きしてくれよな...

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/08 23:46:45
駄菓子屋でも、海老センとかポテチなど
バラ売りしてくれてたよね。
「カール10円」とか言ってたな〜
懐かしいですわ。


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/08 23:49:08
>バラ売りしてくれてたよね
袋を開けてって事?

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 00:07:34
そう言えば「すずめの卵」って菓子、一個50銭だったな。5円玉1枚で10個買えたっけ。紙の袋に入れてもらって嬉しかった。今でもたまにスーパーなんかでも見かけるが、懐かしくって、ついつい買ってしまう。一年に1度くらいだけど。


200 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 00:12:54
ついでに金チューブに入ったチョコレートなんかご馳走で、2年位に一度しか手に入らず、買って貰った時は少しずつ少しずつ出して舐めたっけ。最後の最後まで吸って、しまいには金チューブを箸なんかで真っ直ぐに伸ばし甘さを堪能した。最後の最後には金属の味がしたな。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 00:14:50
みなさん40代だよね!!本当の話ですか???

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 00:32:12
「再婚に至る」「学校帰りの畑泥棒」「牛に便所の壁を」「カミキリ虫の幼虫」「下取自転車購入」「スズメの卵」「金チューブチョコ」等の者ですが、45歳です。九州の田舎育ちですので、都会とは違う暮らしだったのかも...
おまけに貧乏でしたから。
すべて事実です。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 00:35:12
すばらし!!ドラマになります

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 00:42:42
タイトルに惹かれて沢山書き込みし「いい歳して!」と笑われそうで恥ずかしいのですが...
東京に住んでますが、根っからの田舎者です。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 00:46:32
なんかいい!!かわらないでほしいぞ

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 00:49:18
どうも有難うございます。
これからも書き込みしていいですか?

明日の仕事もありますので、もう寝ますね。
おやすみなさい...

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 00:50:35
楽しみにまってるぞ!!おやしみ〜〜

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 00:53:59
ガ、ガバッ

お、おやすみなさいまし〜(照笑

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 01:46:39
50円以下のお菓子しか買わなかった俺にとって、
グリコのアーモンドチョコはとてもまぶしかった。


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 01:48:57
リッチな・・・感じかい?

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 03:18:10
う〜ん、俺は昭和40年3月生まれ(昭和39年生まれと同学年)だけど、
物心ついた時には、一円以下は使ってなかった。
一番安かったのは、クッピーラムネ5円とか、バラ売りもしてくれた屋台のタコ焼き一個5円だったな。
マルカワのガムも5円だったかな。
マルカワの工場近くを通ると、すんご〜い甘いけど安っぽいガムの匂いがしてくる。
たまに嗅ぐにはいいが、毎日だと地獄だな。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 06:05:20
昭和36年生まれ。通貨としては50銭玉は流通してなかったが、言葉には残ってた。
飴玉やねぶりくじ(紙を舐めるとアタリ/スカなどの文字が浮き出てくる)は50銭だった
記憶がある。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 06:22:52
昭和34年生まれ。
小学校のときに家族の誰かがへそくってった聖徳太子の柄の100円札の束を
たんすの隅で発見。あれって換金してもやっぱり100円になっていたのか
今でも気になっている。


214 :名無しさん@お腹いっぱい :04/12/09 06:38:58
33年生まれ。
駄菓子やでは、50銭の単位は生きてた。ただ貨幣は流通していなかったが。
そういや、いまも相場の世界じゃ生きてるな。
50円硬貨は穴無しで立派だった。婆ちゃんは五十円銀貨と言ってたような・・・
百円札は今でもどこかにあるはずだ。探してみよう。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 07:35:55
31年生まれ
年に一回 なぜかクリスマスに「テキ」食べました
むろん「豚テキ」  トンテキって読んでね

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 08:10:38
出勤中です。夜中の書き込みしてる方々って、元気ですね。
死んだバアチャンの座布団の中から「チョンマゲした小太り男」が印刷されたお札が出てきたことがありました。すでに流通してなかったのですが、使えなくなった時のバアチャンの嘆きが..可哀想。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 12:02:27
30年生まれ
駄菓子屋がいっぱいありました。
少しボケかけた駄菓子屋のおじさんに
「おじさん、この5円のガムいくら?」と聞くと
おじさんは真剣に悩んでました。

218 ::名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 12:30:33
35年生まれ、
一日に10円か30円貰って近所の駄菓子屋へ
今でいうクレープみたいなお好み焼きを買って食ってた
クレープみたいに巻いてね、でも包む紙は新聞紙w
インクが付いてたな

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 12:33:01

38年生まれ。
駄菓子やでモンジャを食べた。油紙みたいなのに、
ちょこっと載せてもらって10円だった気がする・・・

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 13:11:18
駄菓子屋の中に、一台だけ鉄板焼き器があって、
友達と金出して、1枚お好み焼きを作って皆で食ったよ。
いくらだっけ?30〜50円だったような気がするな。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 13:20:58
貧乏からだんだん外れていってるけどw
>>220
それ、何処の地方の話?名古屋もそれとおんなじだったから懐かしいわぁ。
お好み焼きを「おばさーんモンジャキ〜」と言って。
あの溶いた小麦粉を、鉄板にお玉でクルクル〜・キャベツをてんこ盛り・・


222 :名無しさん@お腹いっぱい :04/12/09 13:34:16
45年生まれの嫁に「ばっかみたーい」といわれますた・・・
スレチ メンゴ

223 :名無しさん@お腹いっぱい :04/12/09 13:39:53
>>174
亀だが・・・俺が小学生の時には「ジャージ」など無かったぞ!!
短パン、トレパン、体操着。紅白帽だろ!?しかもツギアテの・・・

224 :名無しさん@お腹いっぱい :04/12/09 13:42:27
徒競走で足袋履いた

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 14:03:34
ただのトレパンじゃなくてGトレというのが流行ったぞ。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 14:12:48
女子はちょうちんブルマだった。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 14:22:19
>>221
はい、名古屋での話です。
ただ、もんじゃやきなんて、なかったような気がするな。
おばちゃんが、東京出身だったんじゃね、もんじゃ、
東京にきて初めて見たよ。

228 :名無しさん@お腹いっぱい :04/12/09 14:38:50
貧しさゆえに・・・



お医者さんゴッコをしていた・・・


まだしている・・・ふぅ

229 ::名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 14:50:31
通学路が畦道みたいなもんだった。うっかり歩くと肥溜めに落ちた。


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 16:39:09
 なんか、このスレ見てたらいろいろ思い出しちゃったよ。((+_+))シミジミ
夕飯のおかずにイルカの煮物が出たときは驚いた。

(/ロ゜)/ フリッパー!!

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 17:05:48
30年生まれ
俺の子供の頃の思い出は
親父の会社の慰安旅行(確かに当時はそう言っていた)で行った
船橋ヘルスセンター、楽しかったなぁ。
それから、日野ルノー(うちは貧乏だったから親父が友達から借りたヤツ)で
行った東京湾の潮干狩り、多分稲毛あたりだと思うが、海の家がいっぱいあって
アサリやはまぐりがいくらでも取れた。
昭和35年ころの話です。


232 :名無しさん@お腹いっぱい :04/12/09 17:40:41
オリンピック前の羽田飛行場なんか、バラ線で区切られてただけだった。
大森海岸でシジミ採り、夕方にはコウモリも飛び回ってたぜ。
思い出すなぁ・・YS−11だっけ?

233 :名無しさん@お腹いっぱい :04/12/09 18:07:54
>>230
いまでも「くじら」と偽って「いるか」を出す処があります。

234 :スキナー:04/12/09 20:09:48
くみ取りやのおっさんのパシリになってお駄賃をもらった。
集金カバンから気前よく50円もくれた。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 20:59:59
みんな都会で育ったんですね...
俺の育った九州の実家なんて一番近くのバス停まで歩いて2.5Kmもありました。お店もそこにしかありません。現在も同じで、週に一回木曜日に移動販売の魚屋が来ています。
「蟻」みたいだな、俺って...

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 22:07:21
不思議だよな、今から思うと金が無くても毎日楽しかった、

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 22:24:09
金はなくとも想像力はめいっぱいありましたもん

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 22:58:06
遊ぶ場所もいっぱいあったしな。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 23:10:41
蟻は田舎の山に登っては遠くの山の、そのまた向こうに夢をはせていました。町に出るのは山鹿温泉の夏祭りを見に行くくらい。親父が車の免許をとる前は、オートバイの荷台にくくりつけたテボ(でかい竹カゴ)の中に入れられ、カゴの中から花火を見ました。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 23:16:24
なんか、貧乏とはいえ贅沢な経験ですね

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 23:30:26
「贅沢は的」みたいな感覚で育てられました。白い米のご飯は正月くらいで、普段のご飯にはいつも麦や粟が混ぜてありました。そういえば春になるとご飯に親指くらいの竹を1Cm位に切ったのを入れてました。中に詰まったご飯粒が多いほど豊作になるという風習でした。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/09 23:48:54
あっ、そうか。今気づきましたが、ご飯に竹を入れると食べ辛かった。竹の穴に詰まったご飯を箸でツツイテ出し食べてましたが、あれってもしかしたら、少ない米粒をゆっくり食べさせるための知恵だったのかも。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 01:20:36
家族総出で稲刈りも、今思えば楽しかったな。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 02:02:44
なんかNHKアーカイブスに出てくるような風景でいいな。
俺は、工業地帯の下層労働者居住地帯に生まれ育ったから、
憧れの風景だな。でも街の中は異常なほどの活気があったよ。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 02:48:59
>>227  亀レス  名古屋のお好み焼き

確かに、とろとろのもんじゃ焼きは、当時知らなかった。
ところが 駄菓子屋さんで焼いてる、普通のお好み焼きを
もんじゃ焼きでなく 「もんじゃき」と
皆で呼んでいたと記憶しているんです。中村区でした。




246 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 03:07:13
寒い季節になってきたが、
朝、顔洗うのが冷たかろうとお袋がヤカンでお湯わかして洗面器に
入れてくれたなあ。
あの頃お袋は冷たい水で顔洗ってたよ。
「冷たいほうが気持ちいい」とか言ってな。

親孝行してえ!


247 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 03:23:37
>245
俺も中村区ですが、もんじゃきは知りません。
もんじゃ焼きは大人になってから知りました。
もんじゃきはそのお店限定か、その地域限定の呼び名かも知れませんね。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 07:04:58
>>246さん「湯を使うとバアチャンみたいにシワだらけの顔になる」と親父に言われていつも冷たい水でした。油分が抜けるからそういわれたのか、それとも湯沸し代を節約するためか未だに分かりません。3歳頃は沸かした湯に浸したタオルでお袋が顔拭いてくれました。蟻。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 08:59:15
ここの住人さんって、皆さん私生活でも、優しい方ばかりなんでしょうね〜。「若い内の苦労は、買ってまでしろ。」
って 今なら判るよな気がします。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 11:52:19
昔は物が無かった。
テレビも一家に一台しかなかった。
また外食産業も発達して無かった。
だから家族が集まる時間が多かった。
今は家族が集まらなくても不便でもなく、個々の娯楽もある。
でもやっぱり昔の貧しかった頃が楽しかったし心が豊かだった。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 12:05:20
家族で外食などした事がなく、高校生の時初めて近所にできたすかいらーくへ。
親父がウエートレスをネエチャンネエチャンと呼んだもんだから
姉貴が真っ赤な顔して「恥かしい!」と怒り出し
親父はネエチャンはネエチャンだろと、またネエチャンと呼んだもんだから
姉貴は泣き出してしまい、悲惨なお食事になりました。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 12:12:28
>>251
ホームドラマを見ているようです。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 13:06:45
>>252
まったく寺内貫太郎一家のオヤジみたいだw

254 ::名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 13:07:53
叔母さんに喫茶店に連れて行ってもらったとき、
あんまりうれしくてクリームソーダを2杯飲んだ。
その直後逆噴射してしまった。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 14:21:44
>>254
ワロタ
けど、気持ちはわかるわかる〜
体に悪そうな、緑色のソーダ、
今から考えればアイスクリームじゃなくてアイスミルク、
それに真っ赤なさくらんぼ。
ショーケースの中の蝋細工の見本みて
あこがれてましたよ〜

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 14:34:09
>247 えぇ〜中村区なんですか。
今は他の土地にいるので、名古屋地名は懐かしくてw

そうですね。他の方が知らないのであれば
「もんじゃき」は地区限定呼称だったのかもしれませんね。
その頃の、みたらしだんごとか、自転車で売りに来たわらび餅とか
やけに懐かしくて、自分で作ってみるのですが
記憶の味ではありませんw


257 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 15:20:10
>247 オイラも中村区だけど お好みって呼んでたなあ
夏のカキ氷(せんじ一本) 冬の大判焼 なつかしいなあ

中O公園の近くに住んでました 

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 16:17:25
>257「村」 かな 私は烏・・だったから判るような気がw
大判焼き たいこ焼きと言わなかったですか?
あと あん巻きを天ぷらのように衣をつけて揚げたのも売っていました
夏は近くの公園に皆が集まり 紙芝居のおじさんも来たし
鋳型に粘土を詰めて作った型に 粉の色をつける遊びがあった
あれはなんだったんだろ ぼんやりとしか覚えてないけど
メンコやら ビー玉遊びやら・・ みんなが地面の上で遊んでいた

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 16:42:29
俺は35年生まれだけど初めて外食でハンバーグなるものを食ったのは
中学だったと思う。
拾った空き瓶を店で10円に換えてもらったり
ザリガニやカブトムシやクワガタ捕まえてペットやに売ったり
は当たり前だったし、小学校5年生くらいから近所の一条直哉の実家みたいな
魚屋でお手伝いしてこずかい貰ったり
中学からは、新聞配達やってた。

別に貧乏だとは思わなかったが、今の子供にはできないだろうな・・・・



260 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 16:57:35
俺も35年。
特に貧乏ってことはなかったと思うが、今ほどモノがあふれ返ってはいなかった。

月に一度墓参りに京都へ出る。帰りに、駅前のデパートでお子さまランチかなにか
食べたっけ。
地下の食品売場で買って帰る鶏のモモのローストはご馳走だった。
ローストという料理が田舎にはなかったように思う。京都まで30分とかからない町
なんだが。

デパートの地下に、キャンディーやらなんやらが山盛りになって回っている
お菓子売場があった。いちど、いっぱい買ってみたかったな。

あれ、復刻したらノスタルジーで流行らないかな。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 17:07:10
おれの前の彼女  アイルランド系アメリカ人58年生まれなんだけど
お小遣いもらったことないって言ってた。線路沿いに空き瓶をひろって
それを換金して欲しい物を買ってた。で 時々お父さんも手伝ってくれたって
白人はみんな金持ちってイメージがあったけど違ってたな

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 22:08:40
俺は人里離れていた小さな村だったので、今考えると貧乏でしたが周りが皆貧しかったから、それがあたり前と思って貧しさを感じることもありませんでした。都会で育ったら、物も溢れてるし金持ちも多いでしょうから、より貧しさを感じやすくなるのでしょうね。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 22:36:11
デパートの大食堂が最高の贅沢だった

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 22:52:07
桃の缶詰を兄弟四人で分けて食べた。
今、100円で売ってるねえ・・・。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 22:53:48
ファンタやコーラの空き瓶が1本10円だったので、集めて酒屋に売りに行って小遣いにしたなあ…

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 23:01:20
蟻です。幼い頃、耕運機に乗って父母の農作業について行き、帰りに大雨となり道端の芋蔵(サツマイモを保存する穴、九州ではカライモと言う)に避難。親子3人で、長時間やまない雨を避けながら、恨めしそうに暗い空を見上げてた。思い出すたび、寂しくて、そして悲しくなる...

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 23:09:52
うわぁ〜桃の缶詰か
久しく食べてないな。
食後に出てきた時は、そりゃ〜バンザイしたもんさ。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 23:11:04
シロップをごくごく飲んだ

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 23:26:14
今やったらムネヤケしそう。

270 :鬼畜タンハアハア:04/12/10 23:34:16
桃のかんずめ いくらでも食わせてやる、といって
美少年誘拐して
肛門にやけ火箸さして蛙みたいな格好させて遊びたいな。


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 23:42:14
基地外

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 23:45:00
昔の家は、ひのきの桶風呂だった。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 00:09:46
肝油が買えなくて、悲しい思いをした、小学時代。。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 00:38:02
蟻です。>>273さん、同じ思いしました。冬休み前に先生が購入予約を取るんですよね。6年間で、買って貰ったのは2回だけ。あの甘味の美味しさの誘惑に負けて、1日に決められた以上の個数を食べてしまいました。直ぐになくなって、悲しかった...

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 01:32:45
蟻さん、、初めまして。蟻さんのレス見て、思わず「うん、うん。」って
頷いてしまいました。
あの美味しさは、私にとって悲しい味です。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 05:24:10
子供の頃おもちゃのサイボーグジャガーが欲しかった。
でも買ってもらえなかった。
そのことを思い出して少し切ない気持ちになった。
43になっても子供の頃の感情が突然蘇ることがあるから困ったもんだ。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 05:27:46
漏れは何も欲しがらない子だった
家が貧乏なの知ってたから。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 07:18:51
我慢ばかりしてた。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 07:55:45
>>276
俺も43だけど
子供の頃GIジョーが欲しかったな
二十歳位の頃に「コンバット ジョー」って
いう復刻版の様な人形が発売されたので
全種類大人買いした・・・

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 08:17:34
小学生の頃、不二家でチョコレートパフェなんぞを
食べてる家族がとても、とても羨ましかったです。

今でも不二家の前を通ると胸キュンになる自分が可笑しい。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 09:42:13
チョコパフェなんて、高校生の時まで知らなかったよ〜。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 09:44:46
うちの父ちゃん仕事あんまししなかったから貧乏だった。
でも、かーちゃん働いていたし、家賃安いおんぼろ貸家に住んでたから、何とか生活できてた。
銭湯は結構遠くて、冬なんて、髪の毛が凍った。
中学の時、グリーンスタンプみたいなやつで、デパートで可愛いセーター買って(?)貰った。
確か3600円相当だったと思う。でも、洗濯して縮んじゃってすごい悲しかった。
うちのかーちゃんちょこちょこお金貯めてたし、給料日には、鮨とかも食べさせて貰えた。
贅沢しなきゃ何とかなるんだよね。でも今、あの頃の生活にはとても戻れないと思う。

283 :五日前のカレー:04/12/11 10:21:53
子供の頃以下の暮らしぶりじゃ。わはは、はは。

284 ::名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 10:47:29
>>282
グリーンスタンプ!!なつかしい!なんか家も貯めてた気がする
俺んちも風呂がなくてね、親父の会社の風呂を借りに行ってた
冬は歩いて帰るもんだから、冷えてね〜でも月がきれいだったな

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 11:17:39
マークといえばベルマークを学校で集めていたね。
マークのついてるものをそんなに買ってなかったから持っていった記憶がない。
金持ちの子はいっぱい持ってきてたね。
なんでそんなに一杯あるのか不思議だった。
貧乏を自覚していなかった小学校低学年の頃。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 12:59:16
>>275さん、こんにちわ。蟻です。ところで皆さんはバナナってどうでした?うちはバアチャンが病気になった時に親戚が持ってきた時しか口に入りませんでした。バナナ腹いっぱい食べたいといつも思ってて、バアチャンが病気にならないかなと思ったこともある悪い子でした...

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 13:31:30
こんにちは♪蟻さん。
バナナって、専門店のような問屋みたいなような…大きな店がありました。我が家の祖母は、バナナ大好き婆だったので、バナナはよく食べましたよ。ツイギィーやトッポジージョの人形が欲しくて、玩具屋のウィンドーを眺めてました。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 14:19:34
蟻さんはガッツですか

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 14:20:29
ガッツ、ジャングル似合いすぎ@NTV

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 15:21:38
オイラはバナナよりも 初めてコカコーラ飲んだ時だな
あのショックは忘れられん
絶対 今より炭酸きつかったと思うのだが。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 16:43:19
コアップガラナのショックがでかかったぞ
もお無いよな〜

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 17:07:17
ビートたけしの貧乏話は?だ
子供を何人も大学へやって
かなり早い時期にテレビを買ってる
さきさんが寝る間も惜しんでいくつも掛け持ちして
苦労して働いた結果だろうけど
菊次郎も人並み以上は稼いだらしい

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 17:21:18
蟻です
小学生の時にスズメ蜂にさされ、病院に連れていってくれた親父が「好きなだけ食べろ」と食堂の店先に並んだバナナを房ごと買ってくれました。なんか胸がイッパイになり、一本食べるのがやっとで、残りは家に持って帰って兄姉の腹の中におさまりました。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 17:57:00
蟻さん、
やさしいお父さんだね。読んでて胸がイッパイになったよ。


295 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 18:50:07
蟻です
父は81歳になりますが未だに趣味は畑仕事で、「放っておくといつの間にか畑や山仕事に行ってしまう。年寄りだからもっと楽にしたらいいのに。」と愚痴をこぼしてます。実家は今も貧乏です。でも、自然と共に生きる父を羨ましいと思うとともに尊敬しています。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 18:53:32

変な文章になってました。愚痴をこぼしているのは、私が小学生の時に、カマでエンビツを削ってくれた母です。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 21:18:52
だよな〜
鉛筆を、カッターで削って使ってた。
流石に鎌では削らんかったがw
ロケット鉛筆欲しくて、欲しくてよくねだってた。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 21:21:58
カッター持ってる奴が羨ましかったぞ。おれは小刀。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 21:24:20
うちは、昔とある市議会議員の家を借りて住んでいました。
そうです・・・「五右衛門風呂」で10年間暮らしていました。
台所は土間でした。真実です。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 22:27:21
小学校の家庭科調理実習で、各自お米を一号もってきた。
私の持ってきたお米の色だけ明らかに灰色がかっていて、
その時はじめて「うちは貧乏なんだ。」って意識した。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 22:33:28
先日、41歳にして初めて河豚を食べた。それも回転寿司で・・
10歳と4歳の娘は美味しくないと言ってた。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 22:37:22
それはカワハギかもしれない。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 22:41:21
カワハギの肝は絶品だぞ!

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 22:48:40
俺も親戚の家で「河豚ちり」だよ、と言われて出された鍋は「カワハギ」だった。
これは、「カワハギ」だぁ!と突っ込みたかったが、こらえた。くそうッ!

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/11 23:52:55
>>299さん、うちもゴエモン風呂でした。板が浮いてましたよね。>>300さん、小学生のいる家庭から週一で野菜を集め学校に届けてました。給食費安くするためだったようです。>>301さん、俺、フグって歯応えだけの魚だと思います。旨いフグ食ってないからかな?

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 00:10:14
305さん。
河豚そのものに味は無いと思います。
やはり歯ごたえですよね〜。
皮や白子は、美味しいと思いますが…。
タレが美味しいと、河豚も美味しく感じられると思いますよ。
18歳で初めてピザを食べた時、あまりの美味しさにヒックリ返りました。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 00:22:41
>>306さん、>>305です。正直言って河豚は生まれて5回くらいしか食べたことがありません。やはりタレですか。河豚雑炊は好きなんですが。下関で地元の有名店に行きましたが、貧乏に育った俺は、河豚という名前だけでお腹がいっぱいになりました。
あっ、蟻でした。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 00:33:34
バナナの蟻さんでしたか〜♪(ニコニコ)
私は肝油です。
蟻さんって女性かと思っていました。
いつも、レスThanksです。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 00:44:48
何か季節時の食い物のはなしが多いなw
食い物と言えば、小学校4年だか5年の頃、グレープフルーツを金持ち
の友人の家ではじめて食べた。
二つ切りにして、ブランデーと砂糖とがかかっていて、スプーンと果物
ナイフが添えてあるんだが、最初どうやって食べてよいのか分からなく
て、友人のするのを見よう見まねで食べた。
しばらくして母親から、銀座辺の高級果物屋(千疋屋)でしか売ってな
いとかで、相当に高価な果物だということを聞いたよ。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 01:21:22
五右衛門風呂に土間はこの世代なら当然だ

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 01:37:44
土間に風呂桶置いてたな、五右衛門じゃないけど

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 01:39:03
ラジコン持ってた金持ちのガキ、いじめて
ラジコンバラバラ・・・ギャハハハハハ

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 01:40:14
>>312
コラ〜〜〜ッ!気持ちはわからなくも無いが・・

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 01:55:20
おれはブルジョワだったから
マブチの水中モーター持ってたぞ
モーターだけだが

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 02:49:29
肝油さん、どうもです。
そう言えば鶏すき焼きの我が家では「卵」も貴重でした。チャボを実家で飼ってたんですが、これがまったく卵を産まない。たまに産んでもモミガラの中に大事に入れられてしまいました。運動会の朝だけ生卵に醤油垂らして飲ませてもらったっけ。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 10:07:23
おれのうちは公営住宅で風呂なしだったけどみんな自分でかってに
五右衛門風呂を建てた。なかにはプレハブで子供部屋建てた人もいた。
もちろん無許可というか問題にもならなかった。 あ 34年生まれです。


317 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 11:01:00
村には小さな川が流れており夏前には平家ボタルが乱舞してました。ススキを束ねた物で取りに行きました。多い年には庭でも舞ってました。数は少なくなりましたが今でもホタルが舞うそうです。妻に見せたいと思う蟻ですが、その時期休みをとるのは、なかなかできません。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 18:14:46
蟻さん。

おいらのオヤジの郷里は四万十川の源流域、すんごい山奥だ。
夏休みになると帰省して、川で遊んで、魚とって焼いて喰った。

婆ちゃんがヤギを飼っていて、砂糖たっぷりのヤギ乳を毎朝飲んだ。
肉屋なんてないから、つぶしたニワトリでスキヤキをした。

貧しかったわけではないように思う。同じ年頃の従兄弟たちがいたから、婆ちゃんは
ヤギを飼ってたと思う。毎日牛乳配達なんて来ない田舎だもん。
婆ちゃんはニワトリも飼ってたから、卵もあったし鶏のスキヤキもできた。
地鶏のスキヤキなんて、今や高級食材だよ。

子供心にもあの田舎はおいらにとってかけがいのない宝のような土地だった。
今でもそう思う。不便だけどね。


319 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 18:20:20
平家ボタルと源氏ボタルってどう違うの??

320 :299:04/12/12 18:36:11
>>305,310,311さん、
そうですか・・・皆さん五右衛門風呂だったんだぁ!私だけじゃなくてよかった。
薪はどうされていましたか?
我が家では、古新聞・古雑誌・ぼろ切れ・割り箸などを焚き付けにして、
薪は買っていたように思います。
何年かして、「オガライト」っていう6角形のドーナツ状のおが屑を固めた燃料を
買っていました。
火鉢は部屋に一個ありました。炭も買っていました。
火鉢で焼いたお餅ってホントに美味しいね!
炬燵+みかん+安倍川餅・・・日本の冬って最高!

318さんは四国の方でしょうか?素晴らしい故郷をお餅ですね。

321 :318:04/12/12 18:51:07
俺自身は近畿で生まれ育った。
田舎へ帰るのは、電車と連絡船、四国でのディーゼル車を乗り継いで
一日掛かりだった。それだけに、向こうの山河、かまどでの料理、薪で焚く
五右衛門風呂。

何もかもが別天地の生活だった。
沢庵や味噌も婆ちゃんの手作りでうまかったなぁ。

>>319

ゲンジボタルはヘイケボタルに比べて大型。梅雨の頃に一斉に大発生するから見事。
清流に棲むといわれるけれど、人が生活する里山の水路にいる生き物だよ。
条件さえ整えば、町や公園でもたくさん棲息できる生き物だ。
水路があって、田んぼがある環境、つまり、日本なら昔はどこでもたくさんいたもの。

こいつらがいなくなってしまった今の環境こそがどこか間違ってるんだよ。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 18:56:28
>>320
風呂が家にあっただけでもスゴイ。
中学まで俺は2日おきくらいに銭湯に行ってた。
高校生の時に五右衛門風呂のある家を借りて住んだ。
おそろしく汚い長屋だったけど、風呂があって四畳半の個室を与えられて
最高の気分になった。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 19:02:30
貧乏人ってほんと最低だね!

324 :318:04/12/12 19:03:38
分割して320にもひとつ(笑)。

うちも俺が小さい頃は五右衛門風呂だった。
石炭やなんか燃やしていたよ。オガライトも覚えている。
ああいう風に昔は森林資源を無駄なく使ってたわけだ。近頃、やっと見直され始めた。

俺の住んでいる県で、カタクリの咲く林が再生されているところがある。せいぜいこの
数年なんだが、観光客が増えている。

で、この林、主にコナラの林で、ヒコバエから見るに30年くらい放置されていた
里山林。三十年くらい間に最後に伐られて、放置されていたのね。荒れたままに
なっていたのを、蔓草などを切ったら林床のカタクリが見事に復活した。

その頃、薪としての里山の需要がなくなったので、放置されていたというわけ。
まだ、今からなら取り戻せるという気がするんだ。

ほんとうに貧しかったんだろうか。贅沢ではなかったが、豊かだったものもたくさん
あるんじゃないだろうか





325 :318:04/12/12 19:05:41

>三十年くらい間に
三十年くらい前に

の間違い。校正したつもりだったが。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 20:11:10
現金を持つことがあまりなかったし、
今ほど物はないわけだが、
なんだか幸せといえば昔のほうが幸せだったように思うねえ。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 21:52:29
>>318さん、四万十川は私の憧れの河です。映画で四万十川の清流や濁流を見て一度行ってみたい場所です。今でもウナギが捕れるんでしょうか? ヤギの乳、近所のヤギを飼っているジイチャンからビール瓶につめたの貰って飲んだことあります。旨かったな。蟻でした。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 22:05:13
>>320さん、蟻ですが、うちのゴエモン風呂は山から切ってきたクヌギやカシや杉で沸かしてました。裏山の杉の葉から火をつけて。灰の中に栗や里芋やギンナンを入れて焼いて食べたりしてました。特別に卵を貰った時なんか殻に小さな穴を空けて焼き卵なんかも作りました。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 22:16:11
そう言えば風呂の灰の中で学校帰りに掘ってきた百合根も焼いて食べました。あと、針金に通したムカゴなんかも焼いて食べると香ばしくて旨かったです。蟻の実家では未だに2年に一度、山から伐ってきた木で炭を焼き、堀ゴタツの燃料にしています。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 22:55:24
子供の頃、うちの母親が作ってくれる唯一のデザートは粉末ジュースの寒天だったような気がする。
作り始めると楽しみで、出来上がるのをわくわくして待ってた。
二十歳頃になった時、友達の家に粉末ジュースがまだあって、飲ませてもらったら超まずかった。
子供の頃はこんなまずいの喜んで飲んでたんだなあと、思った。
そういえば、駄菓子屋で売ってる安いチョコレートもまずかった。
ニチャニチャして変な味だった。
本物の板チョコはおいしかったけどね。

331 :299:04/12/12 23:30:25
>321,322,蟻さん、
わ〜い!何だか「五右衛門風呂スレ」になったみたいですね。
こんな貴重な体験をいくら今の都会の子供に話してもなかなかわかってもらえなくてね。

そうだ!また思い出しました。
私の亡き祖母(明治34年生まれ)の実家って、便所と五右衛門風呂が母屋とは別にあったっけ。
夏につるべの井戸で水をくみそれで煮炊きしてました。
隣の田んぼと用水路をかねた小川から祖母の実家の表庭の池に水を引いて鯉やら鮒やら
泳がせてて、祝い事の時にはその鮒が食卓にのぼった。

弁当に卵焼きを入れている友達がうらやましかった・・・うちは、魚肉ソーセージとちくわが
おかずだった。

パイナップルとかキーウィ、アボガド、ブロッコリー、ミニトマトの存在を知らなかった。

お正月前には杵と臼で餅つきしたり、部屋と部屋の間のふすまを開け放って大部屋にして
正月に親戚一同で宴会してたりしたなぁ。
お正月は小さいときみんな一張羅の着物を着て迎えてたね。
今よりももっと季節にメリハリつけて、それぞれの季節の行事(お月見とか)をやっていた。





332 :318:04/12/12 23:37:07
蟻さん。

ウナギとれますよ。ほんの少しなら。

昔はもっと獲れたみたいで、独特の漁法もあるのです。でも今はあまり獲れません。
四万十川でも、ウナギが沢山獲れるのは下流域に限られます。うちの辺りまで
登ってこないんです(笑)。



333 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 23:42:14
五右衛門風呂と言えば、俺はボタ拾いを思い出す。
親戚が旧産炭地にあって、夏休みに遊びにいくとボタ山(石炭を掘ったカスが数10m
の高さの小山になっている)にいって、ボタの中から燃えそうなつまり石炭含有量の多
そうなのを拾ってきて燃料にする。俺が拾った奴は使い物にならなくて怒られたなあ。

334 :318:04/12/12 23:49:47
やったことないからそれ自体は輪からないが。

でも俺たちの子供世代になると、石炭自体見たことない奴らがほとんどなんだろうなぁ。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 23:57:22
都会はともかく、全国的に昭和45年あたりまで蒸気機関車は走ってたよ。
あ、いや鉄っちゃんじゃないんだけど、SLは石炭で走る。

336 :335:04/12/13 00:01:12
すまん。よく読んでなかった。子供の話だったか。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 00:27:49
名古屋でも中央本線・関西本線は蒸気機関車走ってた。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 00:55:22
五右衛門風呂のあったうちのものですけど、小学校は石炭ストーブ使ってて
「ストーブ当番」があったよ。
普通に蒸気機関車が走ってた。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 00:58:06
ストーブも小中高と学年が上がるにつれて、
石炭、薪、石油と変わっていった。
石炭ストーブの当番って、大変だったんよ・・・

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 01:01:56
朝鮮人皆殺し

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 01:04:02
子供の頃、蒸気機関車に乗ったのを覚えてる。
「雪国」で有名な、清水トンネルを通ったとき、母親が窓を閉めろと言いました。
えっ、何で?と思ったら、トンネルに入ると煤が入ってくるから、閉めないと真っ黒になるって…。
冬に新潟行った時も、今とは違って山のように雪が積もってて真っ白だったし。
今は、新潟の道路は水が出てて水浸しだなあ。便利になったけど、あの風景はもう二度と見られない。

あっ…、学校のストーブも石炭でした。



342 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 07:10:20
>>330さん、粉末ジュース、懐かしい。私は水に溶かずに直接舐めて舌を真っ赤にしてました。滅多に手に入りませんでしたが。
蟻でした。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 07:23:35
蟻は、チョコ手に入りませんでした。テレビで沢山のパラソルチョコが木にぶら下がってるCMがあり、本気で山に行きその木を探そうとして、8歳年の離れた兄に木の在る場所を聞いたら「あの木は日本に無い。アメリカの山奥にしか無い木だ。」と諭されました。兄ちゃん..

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 07:45:26
>>331さん、蟻の幼少期と同じお正月の過ごしかたですね。昔は子供の数も多く大人はお年玉も大変だったと思います。蟻の頃のお年玉は百円札一枚が相場でした。因みに実家の母は「百姓のあげるお年玉は、これでヨカと」といって今でも千円札を一人一枚ずつ用意してます。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 08:06:22
それと>>331さん、蟻が一番嬉しかったお弁当のオカズは、油揚げを醤油と砂糖で煮付けたものでした。魚肉ソーセージなんか滅多に入ってませんでした。たまに入ってる玉子焼きは、それだけでご飯食べれるようにお塩を沢山入れて味付けしてありました。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 08:09:54
>>332さん、ウナギ食べたの、幼少期に一回だけでした。川で山太郎蟹は捕れましたが。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 08:21:43
夕方になると風呂を沸かすのは俺とネータンの仕事だった。
釜に薪をくべて沸かすのだが、二人でよく駄菓子屋で一番安いせんべいを
買って来ては火箸でアブって食べた。ささやかな役得だった。
何の変哲もないせんべいも、あぶると香ばしい香りが格別だった。
ネータンはいつも炙ったのを最初の俺にくれたんだよ。


348 :331:04/12/13 08:30:45
おはようございます。
師走の月曜日の朝だっちゅうのに、こんなにレスが・・・皆さんお忙しいでしょうに
どうもありがとう!!とっても嬉しいです。

蟻さんは九州の方かな?お母様が「・・・これでヨカ」とおっしゃっているので。
九州の女性達はたくましい方が多いですよね。
そうそう、油揚げの甘辛煮!美味しいですよね。これはうどんやそばに入れるので
うちでは4日に1度は作っています・・・昼ご飯はうどんかそばです。
塩辛い卵焼き!?そうです。出汁で卵をのばして葱とかゆでたほうれん草とかひじき
を入れたのはもうおおごちそうでした。

病人には近所から卵を買ってきたり、牛乳に砂糖を入れて飲ませていました。

夏場の飲み物は井戸水か麦茶+砂糖、粉末ジュースの色がちょっと苦手な私は
麦茶+砂糖が大好きで1日に6杯のんでました・・・出がらしの麦茶でもおいしかった。

夏休みのラジオ体操はハンコを集めてその数によって、子供会からの賞品が出てたけど
いつも漢字練習帳を頂きました。
そう。皆勤賞です。夏休みに旅行に行く友達がうらやましかったな・・・両親の実家も
同県内だったから盆と正月はそこに行くだけ。

デパートのエスカレーターに初めて乗ったのは小1の頃。うまく乗れなくて母に怒られました。
デパートの食堂で隣の親子連れがお子様ランチ食べているのを横目で見つつ、私と母は
ホットケーキ+ジュース、母がわらって水を飲んでいましたっけ。
家族でデパートで買い物したことがないのです・・・父はデパートが嫌いだったので。とほほ。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 10:11:06
中学の時、お弁当を包むのは、クラスの生徒はかわいい大判のハンカチだったが、
私のはなぜか新聞。お弁当を新聞紙でつつんで保温していました・・・と言えば聞こえが良いけど
なんだか寂しかった。
でも、犬を飼っていました。そうです、いつのまにか我が家になついてきて
飼うことになった雑種の♀です。
あの頃犬を家の中で飼うことなんて、信じられませんでした。
放し飼いはできないので、犬小屋は近くの材木屋さんから廃材を少し分けて
頂いたりして父と建ててやりました。
可愛がっていましたよ〜!


350 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 10:47:51
夜店のひよこは、どれもこれも成鳥することなく死んでいった。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 14:29:02
ハンカチ、ちり紙の検査の時、
落し紙を畳んで持っていってた。
サリーちゃんのポケットティッシュを持つのが夢だった。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 16:27:22
あと、すかしが入ってたり、いい匂いのしたりするティッシュねー。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 17:08:14
蟻です。今、やっとお昼ご飯です。
貧乏暇無しです..(涙

これからまた仕事に戻ります。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 17:28:16
>352
なっつかしぃ!すかし入りや香りのティッシュ!!あこがれでしたね。
たま〜に手にはいると宝物。
香りのついた紙石けんも集めてたっけ。

蟻さん、もうお仕事なのかな・・・お疲れ様!

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 19:57:17
貧しかった少年時代
さらに貧しい中年時代。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 22:04:11
今40代で、ガキのときは貧しかった・・・といってたら
もっと年配のしとに怒られるぞ!
貧しかったとゆーよりも、
今のよーにモノが氾濫してなかったとゆーことだろ
まぁ 昔を懐かしむ・・・という気持ち。解らんでもないが・・・
少なくともサラリーマン家庭の場合、
今と違って給料年々右肩上がり、それなりの生活してたんちゃう?

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 22:11:23
子供時代の一時期、ご飯はいつも「おじや」。
オヤツなんてものは年に一回お盆に「おはぎ」が一個。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 22:12:30
かなり自分ではがんばってるつもりで自分の子供の頃の様な
不自由はさせないぞと思ってる。

が、自分の子供の頃の方が息子たちの今より幸せだった
様な気がする。エビの天ぷらなんか食いたくねぇーって
息子が言うのを見てて、俺10歳までにエビの天ぷら何匹
食ったかなって数えてみたくなった。(多分10匹以内)
もちろん、死ぬほどうまかったがなぁ・・

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 22:13:59
なんだと!

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 22:17:36
食い物の配分とTVのチャンネルで兄弟喧嘩が絶えなかったな。


361 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 22:19:54
チャンネルなんか取れちまって
親指とひとさし指で軸をガリガリ回してた。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/13 22:32:34
蟻です。百姓している我が家、日曜日は終日家の手伝いでした。朝に牛の餌をやり、土間を掃き、家中の雑巾がけ、洗濯、昼には牛に水をやり、三時に農作業中の父母に飲み物を届け、バアチャンが夕食作る手伝いしてから牛の餌やりでした。会社員の子供に心底、憧れました..

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/14 01:45:30
テレビは三本足だったな…。
うちのテレビがカラーになったのは小学校4、5年頃?…。

子供の頃、お使いに行かされてた時、いつだったか忘れたけど、コロッケが五円。豆腐が二十円位だったような気がする。
給食の脱脂粉乳は嫌いだった。小学二年頃で牛乳になったけど、牛乳もあまり飲めなかった。
でも給食はいつも楽しみだった。うちの母親が田舎料理しか作らなかったせいかも。
基本的な味覚に、給食の影響は大きいかもしれない。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/14 01:51:03
粉末ジュースを最期に飲んだのはいつだろう?
あれは2種類有った、水に溶かして飲むタイプと、粉のままなめるタイプ。
粉のままのタイプを水に溶かしてみたらまずかった。
あの頃の駄菓子屋のチョコレートは、(準)チョコレートでそれもかなり粗悪だった。
不味いし臭いし、噛んでもパキッと割れずグニャァと曲ったりした。
チューブやパイプ型のソフトチョコも本当に不味かった。
今はチョコエッグで有名なフルタや、今でもジューCを売り続けるカバヤも、
当時は不味い菓子ばかり作ってた。
久し振りに食べた時、やっとまともになったかと感慨深かった。

昭和40年代前半の頃の物心付いた時、金持ちではないが白黒テレビが2台有った。
一台は立方体に長い足の最も古いタイプ、もう一台はナショナルの家具調テレビ。
長い足のはしょっちゅう素直同期がずれて、いつも調整ダイヤルを回しながら見ていた。
このテレビが古くて調子が悪いので、家具調テレビを買い増したのだろう。
後にカラーテレビを買った時に捨てれられたと思われる。
家具調のはとても調子が良く故障知らずだった。
これには後からUHFチューナーを取り付けたが、今でも電気屋さんの取り付け作業を憶えている。
長い間物置きに保管して有ったが、10年くらい前の粗大ゴミ有料化直前に捨てられてしまった。
おそらく電源を入れればまだ映っただろう。
その時からずっと、テレビが複数台ある生活が続いている。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/14 15:01:20
小学生に行く一番の楽しみは給食でした。学校側が家庭の夕食とメニューが重ならないようにという配慮で出した給食メニュー表、いつも帰宅前に破り捨ててました。

自宅では食べれない美味しいものを自分だけが食べているという罪の意識がありました..
(蟻жж)

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/14 16:36:25
>蟻様
あなたのレスから察する所
「いきなりだご」が好物のような感じがします
近所に親戚があり時々遊びに行ってましたww
地鶏のすき焼きにはナバは入ってましたか?ww

367 :349:04/12/14 18:23:26
新聞紙に包まれたお弁当をちょっと恥ずかしいとは思ってたけど、そんな母のおかげで
新聞をよく読む習慣がついたし、その新聞の利用法が今の生活にいきています。

でも、手が真っ黒になるのにはまいったな。
どんなに貧しくても、本を読んで物事を考えたりすることは一生の宝だと教えてくれた。

「本を読むんだったら図書館で読む→視野が拡がる→考え方が前向きになる。」
こういう上昇志向はあるんだけど、未だに車、持ってない。




368 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/14 18:48:18
>>366
ナバ?・・・・・ヽ(´∇`)ノ

     ∧_∧
    ("・ω・゛)
    /,   つ
  ( ((_(_, )) ) ご近所さんハーケーン
     しし


369 :318:04/12/14 18:50:21
ナバ(笑)。

学生の頃信州にいた。やたら寒い土地だ。
地元の人は目の色変えてキノコ採りに行く。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/14 19:50:09
>>369 九州でもナバといいます。さらにいきなりだごは薩摩と思われ

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/14 20:34:34
>>366さん、ナバって椎茸のことですよね。確かに入ってました。
>>399さん、薩摩でなく肥後ですが、「いきなりだご」って言います。「いきなりだご」は嫌いです。カライモはイヤッていうほど食べさせられましたから。

(蟻жж)

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/14 20:37:34
こういうのって昔の30代以上の板にあったな。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/14 22:08:49
ぼくちゃんの幼少の頃、お爺様が会社の社長さんをやっていた。
初孫のぼくちゃんは、お爺様からの寵愛を一身に受け
着る物は全て英国製やおフランス製だった。お母様の買って来る国産の服は、襟の所がチクチクするから着なかった。
腕時計も小学校一年のお祝いにオメガを買って貰った。

お爺様がぼくちゃんが小学校三年の時亡くなり、急に貧乏になった。
自慢の腕時計も友達と遊んでいる時、年上の図体のでかい八百屋の家の子に
「お前!時計なんかして生意気すぎ!」と破壊された・・・。


そんなぼくちゃんは、今でもブランドのこだわりは持ち続け
スーツは「AOYAMA」
部屋着&アンダーウェアーは「UNIQLO」
と決めている。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/14 22:24:33
ここに来ている貧乏少年少女の今の仕事と年収が知りたい。
語れるか?
嘘はいけないぞよ。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/14 23:44:46
なんか変なことになってますね。
外資系企業勤務。昨年はストックオプションを含め、¥2028万でした。これでよろしいでしょうか?
(蟻жж)

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/15 01:50:02
欲しかった宇宙ゴマ

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/15 04:04:51
>>376
そうそう、無茶欲しかったが、500円?くらいしてかえなかった。

378 :名無しさん@お腹いっぱい:04/12/15 04:55:12
銭湯、デパートなどに置かれていた噴水型のジュース(オレンジ)の
自販機。本当にたま〜にしか飲めず、顔を近づけては「これが好きな
だけ飲めたら…」といつも思っていた。いくらだったろう?一杯10
円くらいかな。
今では体重が増える一方で、甘いものは一切飲めなくなってしまった
が…。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/15 06:09:43
10えんだったよ。
初期のは紙コップを自分でセットするものだった。
そんなことを知らない僕は、お金を入れてボタンを押した。
ジュースは見事にそのまま排水口に飲まれてしまった。
半泣きになった僕。かあちゃんに、おもいっきり頭を
はたかれた。
夏の日のデパートの屋上での思ひ出。


380 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/15 08:02:17
小学生の時、お袋と隣の幼なじみ親子と生まれて初めて熊本市に出た。そして生まれて初めての外食は「素うどん」。味は覚えてないが、緊張したのか店を出てから全部吐いてしまった...
帰りのバスでも吐いた。すぐに車に酔う子でした...(蟻жж)

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/15 11:03:14
>>380
コテハン使うなら、名前欄に書いたらどうですか?

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/15 11:44:21
このスレずーと読んで、貧乏だった子供時代をしみじみ思い出した。・゜・(つД`)・゜・

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/15 13:19:48
>>381
外資系の企業にいるから、最後に署名する習慣がぬけないんだよ
(ロバート・J・佐々木)

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/15 13:28:47
外資系だのマスコミ関係だの一人語りをよく見かける今日この頃。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/15 19:41:38
大人になっても貧乏人のヤッカミ半分のカキコが増えたな。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/15 19:43:16
子供の頃の話だけしてればいいのにね

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/15 20:56:40
チャオって飴が好きで、
舌を切りながらもしゃぶってた。
チャオはほんのり鉄の味。

388 :(蟻жж):04/12/15 21:13:36
毎日ここを見るのが楽しみです。過去を否定して頑張ってきたものの、自分の根がどこにあるのかを改めて振り返ることが出来た日々でした。楽しかった。でも、変な人も出てきましたので私は離れます。さようなら、皆さん。有難うございました。また、どこかでお逢いしましょう。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 02:11:48
蟻жжよ、おまいはガキか、
2chごときの煽りを受けて、
引っ込むのかョ。
俺はおまいと対極を成す
大都市スラム出身の、未だ
最底辺でもがいてる身だが、
おまいの書き込みは、それなりに
楽しみにしてたぞ。
へこたれんと出てこいよ。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 08:44:24
蟻よいくな もっこすのお前がこんなことで逃げてどうする!!

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 09:24:55
名無しで書けばいいんでないの?>蟻
ただ、改行は入れてほすぃw

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 13:13:16
昔の貧しさを、互いに語り合っているうちは、和気藹々だったのが
今その人が裕福になっていると、判った途端に嫌がらせを言いたくなる。
その気持ちがわかる自分も、いじましいし。

私などは親が貧乏で、反骨精神でもあれば、蟻さんまではいかずとも
もう少しマシな立場になれたのかな、と思わないでもないが
ここで昔の貧しさを懐かしく述懐できるのは、今にゆとりがあるからだろうか。
金銭面も含め、自分の親と比べれば、若干はマシな生活してるかもしれないが
心はどうかというと、今最低なので、昔をほのぼのと思い出すには
ちょっと遠い気分だな。

母はいつもミシンの内職して 私も弟も高校を卒業させてもらうのがやっとだった。
それが今は、電化製品に囲まれ、子供たちを上の学校にやり
親子皆で携帯使いインターネットして、それで四苦八苦してる。本当に四苦八苦。
時代の流れと共に、貧しさの質も変わってくるものだ。
バカじゃなかろうかと自嘲気味。


393 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 13:42:05
同感。
親の子供に対する心配の種も、
栄養失調 → 交通事故 → 校内暴力・いじめ → 変質者による犯罪・引き篭もり
と変化してきてる。安心・安全な社会になったとは思えない。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 16:21:02
ほんとうにそうだ・・
何が幸せで、何が不幸なのか。
こころの持ち方で180度違ってくるのが、幸せと不幸。



395 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 16:32:51
しあわせと
感じる心が持てなければ
決して幸せにはなれない。と、思う。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 17:14:31
子どもが、お母さん何が一番怖い?と訊いたので「貧乏!」と、答えました。子どもは、キョトンとしていました。「子どもよ…キミには一生判るまい。判らないで欲しい。」
蟻さんへ。
また、思い出話を訊かせて下さい。
肝油です。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 17:20:28
友達が持ってた電子ブロックが欲しかった。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 17:22:56
復刻版でてるね、欲しい。
でも買えない私。

399 :とほほおぢさん:04/12/16 17:45:08
はじめまして。

このスレ、はじめから読ませていただきました。
気が付いていなかった今の幸せと不幸せ、
いろいろなことを考えさせられました。

皆様の書き込みが心に染みてくるようです。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 18:29:05
俺たちの両親の世代、敗戦直後にひもじい思いした世代だよな。

おかげで、贅沢ではなかったが、ひもじい思いはあまりしなかったんじゃないか。
老いが見え始めた両親に感謝。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 18:34:12
野や川・海に行くとどれが食べれて、
美味しいかよく知っていた。
昔はこんなもん食べたと、すいとん
食べさせられたが、ぐだくさんで
美味しかったよ。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 19:31:54
食べられる物と毒のある物の区別なんか
親からも年上の友達からも教えてもらった。
なまじ、自分で採って作って食べる喜びを知っていると
グルメ番組見てても、所詮買ってきたもんだろ、と
驕った気分になる。


403 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 19:59:26
山菜やら、川魚やら、磯の貝やら、簡単に獲れてうまいもの教えてもらったよな。

西日本だから、ナバはあかんが。キノコは未だにわからん。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 20:35:41
養蚕が流行って、蚕の餌として桑畑がそこいらじゅうにあった。
その桑の実が美味だった。手が紫色になるくらい食ったっけ。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 23:30:09
な〜んだ。戻ってきたね〜??
戻ってこいよ?!

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/17 09:16:21
当方九州
「また桑ば食うたな!腹の痛うなるぞ!口ん中、歯ぁまで紫にしてから!!」
とばあちゃんに怒られたな・・・・

ばあちゃんが作った微妙に黄色いカレーには天ぷら(さつま揚げ)が入ってた
時には鯨も入ってた・・・ じいちゃんは毎日冷凍鯨を食いながら宝焼酎飲んでた
今では、おれも宝焼酎飲んでます・・・・_| ̄|○  

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/17 20:12:56
桑の実って誰が食べてもいいおやつじゃない。
なんで怒られるの?

うちの辺りでは養蚕はもうなかったけれど、田んぼの畦にぽつぽつ桑があった。
けっこうとって食べたよ。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/17 20:50:46
406じゃないけど、衛生的な注意では無いかな。
農薬もつかってたろうし、洗わずに食ってたからね。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/17 21:28:15
物は無かったが屋根に登るのが好きだった

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/17 22:22:09
チフスになるとか言われたな。桑の実。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 08:40:56
既出の宇宙コマだけどさ
あれの名前は地球コマではないかい??
この年になるまではっきりしないけどどっちよ?
だれか45年間の疑問にけりつけてくりゅぉ

>407
んで桑の実は食いすぎると腹痛くなるんよ

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 09:18:51
うちに電話がついたのが、小学6年生の時。
それまで、お隣さんにいちいちかかしてもらっていた。
そのお隣さんの電話も有線電話だった。
それが今や一人に1台携帯持ってる。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 11:08:09
>>411
昔、流行ったのは「地球コマ」でしょう。
http://www2.ocn.ne.jp/~happyman/cosmoskoma.htm
「宇宙コマ」は何か新しいヤツみたい
http://www.nep.chubu.ac.jp/~sakatai/module/koma/koma.html

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 12:12:07
>>413
ありがとんww

解決しますたww

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 12:28:17
>>412
呼出電話だね。
住所・電話番号書く欄に(呼出)って書いたよ。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 13:17:52
今週のトリビアの種視てて思ったんだけど、
基本的にボール一個あれば、ゲーム(遊び)はいくらでも発明できるね。
だから貴重だったんだな。
草むらで無くしたら、暗くなるまで真剣に探し続けたもんな。
今の子供は簡単に手に入るからなあ。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 13:30:22
ボール遊びは嫌いだった
河原で秘密基地作るのが大好きだった。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/20 22:42:14
小学生の頃の運動会で昼食の時間、うちは爆弾おにぎりと漬物だけ
ほかの子は結構いい弁当とか、おかずがたくさんあったな


419 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/20 23:23:42
運動会では家族全員揃い、小学校の講堂でお重を囲み食事した。
親父は酒を飲み、昼からの父親参加の徒競争で転びそうになった。

あまり気にはしなかったが、他の同級生の弁当に比べて貧弱な中身だったと思う。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/20 23:57:04
マスクメロン農家だったけど手間隙かかるわりに貧乏だった。
間引きした小さなメロンは丸ごと漬物にするんだけど
それ見た友達が「すげー!お前んち金持ちだなぁ」
ちょっとだけ嬉しかった消防の頃。



421 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/21 00:00:39
幼稚園も含めて、運動会に家族が来た記憶はない。少なくとも親父はただの一度も来たことはない。
だから運動会のときは、いつも一人ぼっちだった。子供の頃から一人が身に染み付いてしまったので、
48年間、未だに一人ぼっちだ。
漏れの家はクリスマスも一度も祝ったことがなかった。小学二年のクリスマスの前日、よその子の家
では皆クリスマスの飾りつけとかでわいわいやっているのに、うちは、居間(6畳間)で両親と兄貴が何
もせずにくつろいでいる。漏れが、「うちはクリスマスはしないの?」って言ったら、親父が、「お前一人で
やれ。」って言って、皆で漏れのことを笑った。

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/21 00:30:05
俺んちもクリスマスなんか祝ったことないよ。
年末は借金取りから逃げるために家族で雲隠れ。
正月に郵便受けにツケの請求書がたまってて
オフクロが元旦から俺を連れて一軒一軒訪ねて謝るのよ。

正月だから相手もすぐに払えとは言わない。
それどころか俺にお年玉くれるとこもあったりしてさ。
子供心にすごくミジメな気分になったよ。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/21 00:35:17
421…ごめん…泣けた。家も貧乏だったけど母が天使みたいな優しい人で誕生日やクリスマスはごちそう作ってくれた。でも今月の始めに亡くなったの。もっと親孝行したかったのに…

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/21 00:36:52
・゚・(つД`)・゚・

425 :423:04/12/21 00:40:20
422も…泣けた。お母さんはもっともっと辛かったと思うよ。家も差しおさえが来た事があるから気持ちわかるよ…

426 :423:04/12/21 00:49:29
424…一緒に泣いてくれてありがとう。貧乏でも母のいたあの頃に戻りたい…無償の愛を当たり前の様に受けていたあの頃に…。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/21 01:35:15
無償の愛…
長いこと忘れていた言葉。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/21 08:05:48
俺もガキの頃 両親は死んでいて祖母と兄の三人暮らし
兄の収入でなんとか 飯を食っていた
当然赤貧で クリスマスも正月もなかったな その頃いつも「なんで俺だけ 」
っていつも 周りをねたんでいたけど 辛い人たち結構居たんだね
当時の自分が 凄く恥ずかしくなってきたよ

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/21 09:49:49
このスレでメンヘラぶってると簡単に女が釣れますよ。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1103454155/l50


430 :名無しさん@お腹いっぱい:04/12/21 12:04:36
俺んちは2人兄弟だった。父親は俺が3歳の時に死んで母1人が俺と兄貴を育ててくれた。
小さいころはよく、コロッケ1ッコを兄弟2人で分けてそれをおかずにしてた思いがある。
でも不思議と貧乏という感じは無かった。明るい母の性格がきっとそうさせたのだろう。
その母が今年の5月に亡くなった。
最後はろくに口も聞けなかったのに、
俺たち兄弟を前にして「2人とも風邪ひかんといてな…」それが最後の言葉だった。
孫の顔、見せたかった。
サザンのライブの「ヨイトマケの歌」を聴いてると母を思い出す。

今でもコロッケは好きで良く食べる。でももう、半分じゃないよ。
            お母さん、ありがとう。2人ともげんきです。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/21 23:42:24
腹が減って、腹が減って、雨どいの下にある粒が大きめの白い砂を、ご飯粒だと思って口にしたことがある。
もちろん違うとわかり、すぐに吐き出した。

5才のときの思い出.......

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/21 23:58:27
・゚・(つД`)・゚・

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/22 00:03:37
そういえば、子供のときのひもじい感覚は忘れつつあるな。
空腹感をおぼえることはあっても、眩暈がするほど腹ペコになることはもうない。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/22 00:05:22
ど〜してお腹は減るのかな ケンカをす〜ると減るのかな
仲良くしてても減るもんだぁ 母さん母さん お腹と背中が くっつくぞ♪

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/22 00:26:07
小学4年まで、うちの風呂は豆炭で沸かすやつだった。
夕方、風呂を沸かすために新聞紙を釜につっこんでマッチで火をつけ、
豆炭をくべていたら、隣んちの中1のお姉さんが後ろで見ていて、立派
ねーとか言って褒めてくれた。なんか恥ずかしかった。
小5のときに隣の家が引っ越すときに、新しいのを買うからといって
ガス釜の風呂をうちに売ってくれた。お古の風呂だったが、うちの
豆炭風呂よりもきれいで新しかったので、漏れはなんかちょっと
生活がモダンになったような気がして、うれしかった。

436 :名無しさん@お腹いっぱい:04/12/22 09:07:04
≫430
泣いてしまいました。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/22 09:24:39
>>421,422,423,428,430
私も泣いてしまいました・・・。
来年はもう少し良い暮らし、できるようにみんなで頑張ろう〜!


438 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 14:50:47
柱にくっつけておいた味の無くなったガムを数時間後に噛むと味がよみがえるように感じた。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 16:07:19
わしが柱におしっこかけておいた。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 16:27:03
洗濯はしてあっても
サル又は擦り切れたような・・・
身体検査用にいいやつはいつもは穿かずにとっといた。
ある日、何の連絡もなしに身体検査・・・・
新米教師である担任の連絡ミス
まるで刑場に引き出された罪人、いつものサル又の中でも3っ上の兄と兼用の
デカパンにして破れのあるやつ・・・・身長計測、端で並んで待つ同級生達がクスクス
指差して笑いあう同級生、ドッチボールや跳び箱で築いた小さな誇りは

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 19:03:55
>>440
脆くも崩れ去ったんだね。
可哀相に・・・

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 21:46:51
子供って残酷だからね。
小学校の時のクラスメイトで、シャツに破れが有ったばかりに、
その後ミーゴと呼ばれた男を知っている。
ゴミ>ミゴ>ミーゴ
いじめられっこではなかったが、その子と仲の良い子達がそう呼んでいた。
心中複雑だったろう。
俺はそのあだ名で呼べなかった。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 21:48:16
>442 優しい人だね  そうだよ

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 10:41:22
目頭が熱くなる話だな…
>>438 そういえば、子供の頃噛んでいたガムの味が全くなくなると、そのガムに砂糖を一口
詰めて噛み直していた事を思い出した。ガムはめったに食べられない貴重品だった。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 15:53:00
低学年の頃、40年代初め、終業式でバタークリームのケーキを貰ってた。
裕福な子が「おうちに不二家のケーキがあるから、いらな〜い」とくれた。
まだ学校にあがってない弟の分ができた!と喜んでた自分。。。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 15:57:16
あの頃は生クリームが上等だったね。
今はな〜んてこと無いのに。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 16:50:02
みんなあ、メリークリスマス!
このスレの心優しき人達の健康と幸福を祈って・・・乾杯!!!
(ツマミは勿論バタークリームのケーキ、コロッケ、桑の実、他)

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 16:53:08
うちは子沢山だったが、私が小一の時に
一度だけ父が何を思ったか、大盤振る舞い。
その日珍しく東京でも雪が積もって、一個連隊連れて都内のとあるホテルへ
入り口で止められた。親父長靴、私もやっと買ってもらったお気に入りの
色付き長靴はいて、一番上の兄は留守番のかぁちゃんの・・・・
入れる入れないでボーイと大喧嘩。恐かったですね当事の親父の迫力たるや。
で、入ったわいいが、食い物が喉通らない。ケーキだったんですが、
後で吐く始末、生クリームのケーキ食べるとそれを良く思い出す。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 17:10:49
暮れには「賃つき」に家の前で餅を餅箱(餅箱を知ってる人も少なくなった)
何段もついてもらったよね。
正月は下着から上着、靴 全部新品だった。 みんなもそうだろ。

クリスマスはナーンの想い出も無し。(プレゼントもケーキも何故か無し)


450 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 17:17:22
僕には三つ上の姉がいる。
何かにつけてその姉のお下がりを使うのが常だった。
小学校の家庭科の授業、僕の裁縫箱はピンクだった。
それを机の上に出すのが嫌で嫌でたまらなかった。
もっとも嫌だったのは真っ赤な自転車。
小学校三年からサッカーを始めた僕は日曜の度に他校とリーグ戦をしていた。
試合会場が遠かったので自転車に乗らねばしんどかったが、
姉のお下がりの赤い自転車に乗るのが嫌で僕だけ走って行った。
お陰で体力がついて、レギュラーになれたのだが…

六年生の誕生日。母さんが生まれて初めて新品の自転車を買ってくれた。
嬉しかった。ただただ嬉しかった。
毎日毎日その自転車を磨き、風を切って颯爽と走った。
高校を卒業するまでその自転車を大切に使った。
大人になって新車を買おうと外車に乗ろうと
あの嬉しさに勝ったことは一度もない。


451 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 17:28:30
私は職業用自転車(?)豆腐やさんや新聞配達が乗っていたあれ。
もちろん足とどかない。サドルに座ることなく立ったまま。
懐かしい、今はとんと見かけなくなりましたが。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 18:26:54
>451
足、ペダルにとどきました?
俺はとどかないので「三角乗り」しました、よくそれで怒られましたけど。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 22:22:01
クリスマスの朝、目が醒めると枕元に「小学一年生」が置いてあった。
今思えば『あれがクリスマスプレゼントかい?』と思うが、その頃は心から素直に喜んだ。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 22:56:34
お正月のご馳走は豚の頭でした。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 22:56:57
団地住まいで、家に煙突がないことを弟とずっと悩んでいた。
クリスマスが近づくと、ベランダから空に向かって
あれが欲しい、これが欲しいと大声で叫んでいた。
寝る前に、母が窓をちょっと開けておいて「これで入ってこれるから」と芝居してくれた。


456 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 22:58:10
団地住まいで、家に煙突がないことを弟とずっと悩んでいた。
クリスマスが近づくと、ベランダから空に向かって
あれが欲しい、これが欲しいと大声で叫んでいた。
寝る前に、母が窓をちょっと開けておいて「これで入ってこれるから」と芝居してくれた。


457 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 22:58:51
うわ、ごめんよぉ

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/25 00:17:58
クリスマスにガムを貰った。
うれしくて夜寝るときも噛んでた。
翌朝起きたら髪の毛にガムがくっついて固まってた。
髪の毛、切られた。
虫歯になって歯医者で泣いた...

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/25 00:18:30
クリスマスにガムを貰った。
うれしくて夜寝るときも噛んでた。
翌朝起きたら髪の毛にガムがくっついて固まってた。
髪の毛、切られた。
虫歯になって歯医者で泣いた...

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/25 00:20:15
クリスマスにガムを貰った。
うれしくて夜寝るときも噛んでた。
翌朝起きたら髪の毛にガムがくっついて固まってた。
髪の毛、切られた。
虫歯になって歯医者で泣いた...

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/25 02:28:58
↑なんだこりゃ?二連カキコの次は三連カキコだし。

ガムが貴重品な事はなかったな、昭和40年代中頃の事だけど。
子供の頃のクリスマスは、今思うと結構良かったかもしれない。
おもちゃ買ってもらった事も有るし、ケーキも毎年食べてたし。
クリスマス柄のでっかい板チョコもらった時はすごくうれしかった。
小学校の3〜4年生の頃に、おばさんが子供を生む為に実家の我が家に里帰りしていて、
お金持ちのおばさんは、3段クリスマスケーキをプレゼントしてくれた。
そのケーキは本当にでかかった、こんな大きなケーキが有るのかと驚いた。
それからは祖母が買ってくれた、亡くなるまでの数年間だけだったが。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/25 06:02:51
↑オカネモチでつね。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/25 07:04:23
冬厨いっぱい

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/25 08:30:53
昨日は娘にオイラとサンタの分のプレゼントを購入
今日の早朝 娘の手提げバッグに入れといてやりました
思えば日本も豊かになったものです

皆さんのレス見てて懐かしくは思うけど やはり貧乏はしたくないな

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/25 08:43:21
まわりが金持ちだらけの中のビンボーはヤだね。
まわり全員ビンボーなら耐えられるかも。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/26 01:06:53
俺は個人主義だから耐えられる

467 :461:04/12/26 10:47:04
>>462
金持ちじゃねえよ、食うに困るような貧乏じゃなかったが金持ちでもなかった。
金持ちなのは親戚やクラスメイトや近所の人達。
近所には黒塗りのクラウンで送り迎えされてる社長宅や、大きな庭付きの家が何軒も有った。
小学校の頃、近所に住んでたクラスメイトは、中小企業だけど社長の息子で、
昭和50年頃に3管プロジェクター式のテレビ持ってた。
金持ちはすげえなこんな物が有るんだと驚いたよ。
それとは別にやはり近所に住んでた(こっちも中小企業だが)社長令嬢もクラスメイトだった。
しかも両方のクラスメイトの親の会社は、当時は俺の親父の店の取引先だったし。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/26 17:35:56
中学生の頃になると、正月の食卓に刺身があがるようになったが
冷凍カジキだった。でも物凄く美味しかった。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/26 17:51:54
四十代もしまいとなり立てじゃ
随分と状況違うんでげしょうな。
地域格差もあったろうし、今じゃどの地方行っても
ジャスコ、ヨーカ堂があり、ユニクロも。
うちのガキンチョはユニクロ嫌ってのたまう。
ダセッときたもんだ。おまけに貧乏人だと・・・・


470 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/26 17:54:07
しまむらでジーンズ買ってきた。2本も。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/26 21:28:06
うちも貧乏だった。
父親の稼ぎが悪いこともあったのだが、
父親は給料を全部、自分の母親に渡し
ほんのおかず代を、母に渡すだけだったそうだ。
ばあさんは一番下の娘(私より6歳上)を溺愛して
娘には毎日おやつを与え、二人で毎日銭湯に行き、
それもみんな、父が稼いだお金。
母は自由になる金がなく、風呂銭や、ちり紙買うにも事欠き
とにかく昼夜、いつも仕事していた。内職しても、たかが知れてる。
私は、6歳上の「叔母」だけがおやつを食べるのを
欲しがりもせず、でもじっと見ていたと、母親談w
そんな母に対して、教養もない田舎者と、祖母はことごとく意地悪し
毎晩父を自分たちの部屋に呼びつけ、何事かを話し
戻ってきた父は、いきなり物も言わず母を殴る蹴るした。
まだ就学前だったが、その時の鈍い音や母の泣き叫ぶ声を覚えてる。
顔にも、背骨にもヒビが入る怪我をし、母は私を連れ実家へ戻り
しばらくの間、知り合いの夜の店で働かせて貰ったのだそうだ。
ぼんやり暗い狭い部屋と、赤い電球の記憶は
多分、住み込んだ店の奥の部屋だったのだろう。
4〜5才だったはずなのに。あー書ききれません!終わり!
これは貧乏以前に、家庭不和の話ですね。


472 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/26 22:06:59
>>471
それであなたの父親と母親はその後どうなったの?

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/27 01:07:19
俺の母親は、嫁入りの時に祖父母に嫁入り道具を「たったこれだけか」と言われたそうだ。
後から色々と家電とかを実家から買ってもらったそうだ。
あまりにも祖父母はあさまし過ぎる。
祖父母はもう死んでいないが、後でそう言う事を聞いた時に、自分達の事を孫がどう思うか考えてなかったんだろう。
生きていたら激怒して殴り倒してたかもしれない。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/27 01:34:44
>472さん
母の親はそのまま離婚を勧めたが、私を父なし子にするのが忍びなく
迎えに来た父と泣く々戻り、2年ほどして弟が生まれた。
相変わらずの貧乏暮らしは続くものの、まぁ人並みに私たちは高校も出してもらう。

次男夫婦と暮らしていた祖母は、褒めちぎっていた大学出の嫁と合わず
家の中の仕事も満足にできなくなった頃 、どうしてもそこには居づらいと
晩年をうちで引き取り、母は祖母の看護をするうちに、自分も身体を壊し
定年を目の前に退職し、自分の心臓病の治療を受けながら、看病を続けた。
祖母の最期はボケて、他の看護婦や近くに居る人を識別しても
母だけは、誰かわからないと他人扱いをしていたそうだ。

その後祖母が死んだとき、私は一度も泣きもせず、やっと母が楽になると思った。
両親が50代になり、それまでの借家住まいから、長男である弟と共同ローンで家を建て、
気の合わない、喧嘩ばかりの夫婦二人で、やっとこさの年金暮らしだったが
母は友人も多く、集まりに出たり旅行にいったりと、まぁまぁの老後かと思う矢先
4年前、突然の心臓発作で死亡。享年70歳。
親孝行もできず、一晩の看護をすることもなく、運ばれ明け方には死んでしまった。
苦労した分、神様が早く楽にしてくれたのかと、今は思うようにしている。

と、端折って書けばこれだけのことなのだが、折に触れ母から聞いた話は辛いもので
自分も今、さほど幸せとは思えないのだが、母の昔の苦労に比べたら、
と思いながら自分を宥める。
父は76でまだ健在だが、そろそろ先の介護のことなどが頭を掠め、悩み多き今日この頃。
母を苛めた父は、こうして老いて一人で暮らさねばならぬのも償いの一種なのかと思いつつ
自分の父親だ。なにもしてやれなかった母の分も、父に対してするのだと、世話をやいている。


475 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/27 10:34:02
>>474
お母様の冥福をお祈りします。
そしてあなたのお幸せをお祈りしております。

108 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)